agonyの語源は古代ギリシャ|ゴロは「アゴに苦痛」で覚えよう

agonyの語源・覚え方を紹介

今回紹介するのは

  • agony

という単語の語源や意味、上手な覚え方についてです。

あまり考えたことがないかもしれませんが、実は結構面白い語源をもつ単語の1つなんですよ。

ぜひ英語学習の息抜きとして、参考にしてください。

agonyの意味は?

agonyという単語の意味は

  • 苦痛
  • 苦悩

です。

肉体的な苦痛、精神的な苦痛どちらも表すことができます。

おすすめのゴロ(覚え方)は

アゴに「苦痛」

です。

何かしらアゴに「苦痛」を感じて、顔をゆがめているそんな人物を思いながら覚えるとよいと思います。

※ちなみにアゴは英語でchinです。

agonyの語源は?

agonyという単語は、実はとても面白い語源をもつ単語なんですよ。

世界史で習った人も多いと思いますが、古代ギリシアのポリスではスポーツ競技や催しが行われた公会場「アゴラ」と呼びました。

2 People Doing Karate during Sunset

この場所では、勝つために競技参加者が肉体的(及び精神的)苦痛を強いられたことに由来し、「agony」は「苦痛」「苦悩」の意をもつようになったんです。

似たような派生をもつ単語は?

ちなみに「主役」のことを英語で「protagonist」というのは知っていますか?

この単語も実はアゴラに由来していまして

  • 競技の一番手(中心)に立つ人物
  • =prot(first)
  • +agonist
  • ⇒「主役

という流れになっています。面白いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です