apathy(アパシー)の語源・ゴロを紹介|pathyは「感情」を表す

apathyの語源・覚え方を紹介

今回紹介するのは

  • apathy

という単語の語源や意味、上手な覚え方についてです。

ぜひ英語学習の息抜きとして、参考にしてください。

apathyの意味は?

apathyという単語の意味は

  • 無関心
  • 無感動

です。

読み方は「アパシー」ですね。

興味関心が沸き上がらない無気力状態、精神的な病を抱えている状態も表せます。

apathyの覚え方(ゴロ)

apathyの覚え方(ゴロ)は

「あ!?」パシっても「無関心」

不良が「あ!?」とメンチを切っていて、いつもパシッているいじめられっ子の話を聞こうとしない、まるで「無関心」というイメージです。

apathyの語源は?

apathyの語源は

  • a-(without)
  • +pathy(「感応」「苦痛」の意)
  • ⇒apathy「無感動」「無関心」

です。

apathyと同じ派生をもつ単語は?

pathy(「感応」「苦痛」の意)は、ぜひ知っておきましょう。

telepathy

例えば、相手の心の中の考えが読み取れる力を「テレパシー」といいますね。

  • telepathy(テレパシー)
  • tele(「伝達」の意)
  • pathy(「感応」の意)

という造りになっています。

sympathy

「お互いにシンパシーを感じる」という具合に、カタカナ語でも使われるsympatyという単語があります。

  • sympathy
  • sym(同じ)
  • pahty(感情)

同じ感情を互いに共有する、通じ合っている様子を表します。

ちなみにシンクロナイズド・スイミング(synchronized swimming)という競技がありますが、あのsyn-も「同じ」動きをすることで美しさを競う種目という意味です。

antipathy

反対意見を力強く主張する人を「アンチ」と呼んだりしますよね。

  • anti(反)
  • +pathy(感情)
  • =「反感」

この単語も、ぜひ合わせて覚えておきましょう。

a-(without)をもつ単語

a-(without)の意味をもつ単語として

anonymous

も紹介しておきます。

少し難しそうな見た目の単語ですが、受験英語でも割とよく見かけますよね。

この単語は「匿名の」「無名の」という意味です。

語源は

  • a(without)「無」
  • +onymous「名前をもつ」
  • =「無名の」

となっています。

アノニマス」という国際的な匿名ハッカー集団もいますよね。

特徴的な仮面でメンバーが顔を隠していて、結構トラウマ的な怖さがありますので、ご存じの方も多いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です