Sting『Englishman In New York』歌詞と和訳|スティング『イングリッシュマン・イン・ニューヨーク』

歌手と曲紹介

Stingとは

本名は、ゴードン・マシュー・トーマス・サムナー。

イングランド出身のミュージシャン。

1977年にロックバンド「ポリス」を結成、ベーシスト兼ボーカルとして活躍。

代表曲は「ポリス」時代の『Every Breath You Take』『Roxanne』『Fields of Gold』や『Fragile』スティング名義としては、映画『レオン』の主題歌である『Shape of my Heart』が有名である。

レオン 完全版 (字幕版)

レオン 完全版 (字幕版)

 『Englishman In New York』について

1987年にリリースされた曲。

直訳すると『ニューヨークの英国人』である。

ニューヨークの街を皮肉りながら彷徨い歩く、そんな英国人の姿が浮かんでくるような歌詞である。

曲のモデルになっているのはクウェンティン・クリスプという英国人らしい。

彼は同性愛が禁止されていた英国で、ゲイであることを隠さず、女装に身を包んで生活をしていた人。

そんなクリスプが晩年、アメリカに渡り、ニューヨークに移住したときの様子を聞き、それをアイディアにして当曲が制作された。

ちなみにPVの途中に出てくる老婆のような人物が、クウェンティン・クリスプ本人である。


Sting – Englishman In New York

アルバム『ナッシング・ライク・ザ・サン』に収録されている。

ナッシング・ライク・ザ・サン

ナッシング・ライク・ザ・サン

『Englishman In New York』の歌詞

I don’t take coffee, I take tea, my dear
I like my toast done on one side
And you can hear it in my accent when I talk
I’m an Englishman in New York

See me walking down Fifth Avenue
A walking cane here at my side
I take it everywhere I walk
I’m an Englishman in New York
Oh, I’m an alien, I’m a legal alien
I’m an Englishman in New York
Oh, I’m an alien, I’m a legal alien
I’m an Englishman in New York

If “manners maketh man” as someone said
He’s the hero of the day
It takes a man to suffer ignorance and smile
Be yourself no matter what they say
Oh, I’m an alien, I’m a legal alien
I’m an Englishman in New York
Oh, I’m an alien, I’m a legal alien
I’m an Englishman in New York

Modesty, propriety can lead to notoriety
You could end up as the only one
Gentleness, sobriety are rare in this society
At night a candle’s brighter than the sun

Takes more than combat gear to make a man
Takes more than a license for a gun
Confront your enemies, avoid them when you can
A gentleman will walk but never run

If “manners maketh man” as someone said
He’s the hero of the day
It takes a man to suffer ignorance and smile
Be yourself no matter what they say
Be yourself no matter what they say

歌詞和訳

私はコーヒーを飲まない、紅茶を頼む

トーストは、片面を焼くのを好きだ

私が話せば、君は訛りで気づくだろう

私はニューヨークにいる英国人さ

 

5番街を歩く私をご覧なさい

片手に杖を持っている

何処へ行くときも、持ち歩くのさ

私はニューヨークにいる英国人だからね

 

そう、私は異星人。合法的なエイリアン

ニューヨークで暮らす英国人なんだ

そう、私は異星人。合法的なエイリアン

ニューヨークで暮らす英国人なんだ

 

もし誰かが言ったように「礼儀が紳士をつくる」なら

彼は、時の英雄さ

紳士たるもの、他人の無知を受け流して、笑うべき

誰が何と言おうと、自分らしくあれ

 

そう、私は異星人。合法的なエイリアン

ニューヨークで暮らす英国人さ

そう、私は異星人。合法的なエイリアン

ニューヨークで暮らす英国人さ

 

謙虚や礼儀正しさは、悪評を生むかもしれない

君は唯一の人として、人生を真っ当できるだろう

優しさや勤勉さは、この社会では貴重なものだ

夜には、太陽よりもロウソクの明かりが輝くのさ

 

紳士になるためには、戦闘服や装備だけじゃ足りない

銃のライセンス以上のものが必要なのさ

敵と対峙するときは、出来る限り、避けるんだ

紳士は、歩く。決して走らない

紳士たるもの、他人の無知を受け流して、笑うべき

もし誰かが言ったように「礼儀が紳士をつくる」なら

彼は、時の英雄さ

誰が何と言おうと、自分らしくあれ

誰が何と言おうと、自分らしくあれ

和訳チェックポイント

ニューヨークの雑踏の中で、英国人としての誇りを失わないように、自らを鼓舞しているような歌詞。

紳士然とした雰囲気を出し、性別をあえて不詳にするように、一人称は「私」とした。

この曲の一番、印象的なフレーズは

 Oh, I’m an alien, I’m a legal alien

そう、私は異星人。合法的なエイリアン

という部分である。

ニューヨークに暮らす「よそ者」の英国人である自分を「エイリアン」と歌っているフレーズ、音の響きがとても美しい。

(できるだけ、元の単語を残すように訳にした)

Manners maketh man

「礼儀が紳士を作る」

という格言は、オックスフォード大学のニュー・カレッジ、ウィンチェスター・カレッジを創設した中世の神学者William Hormanの言葉である。

古い表現なので、makethになっている。

最近では『キングスマン』という映画の中にも使われている言葉なので、ご存知の方も多いかもしれない。

キングスマン(字幕版)

キングスマン(字幕版)

It takes a man to suffer ignorance and smile
Be yourself no matter what they say

紳士たるもの、他人の無知を受け流して、笑うべき

誰が何と言おうと、自分らしくあれ

a manというのは「一人前の大人」であり「紳士」と訳した。

  • It takes A to ~ 「Aには~が必要である」
  • sufferは「我慢する」
  • smileは「笑う」自動詞

と捉えて訳した。

ニューヨークで暮らす英国人。

合法的に認められた存在でありながら、やはり周りとは違う異質な存在。

祖国でもまたゲイとして、illeagalな存在として扱われてきたクリスプは、異国の地でもやはり合法的な「エイリアン」にしかなれない。

それでも、彼は自分を曲げることはしない。

Be yourself no matter what they say

誰が何と言おうと自分らしくあれ

どんなに武器を抱え込んでも、人の強さの源は、その心のうちにある。

紳士は、歩く。決して走らない。

悠然としたその足取りに、一人の英国人の、いや、一人の人間の生き様を誇る、そんな一曲のように思われた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です