Magic!『Rude』マジック!『ルード』の歌詞と和訳

Magic!について

MAGIC!とは、2013年にメジャーデビューしたカナダのトロント出身のレゲエポップバンドです。

この『Rude』というのは、2013年の彼のデビューシングルで、全米・全英のヒットチャートNo1の大ヒットを記録したナンバーになります。

メンバーは

  • ナスリ・アトウェ(Nasri Atweh) ボーカル
  • マーク・ペリッザー(Mark Pellizzer) ギター
  • ベン・スピヴァク(Ben Spivak) ベース
  • アレックス・タナス(Alex Tanas) ドラムス

という四人グループになります。

『Rude』とは?

この曲の副題は「それでも僕は結婚する」になります。

「お嬢さんを僕にください!」と恋人の父親に懇願するハッピー・ソングになっています。

Sony Japan Musicの公式で日本語歌詞付のMVを視聴することもできます。

www.youtube.com

ちなみにRudeという英単語の意味は

無作法な、失礼な

です。

この曲では、彼女との結婚を許してくれない父親に対する憤りや戸惑いを表している言葉として使われています。

『Rude』の歌詞

Saturday morning jumped out of bed and put on my best suit
Got in my car and raced like a jet, all the way to you
Knocked on your door with heart in my hand
To ask you a question
‘Cause I know that you’re an old-fashioned man, yeah, yeah

Can I have your daughter for the rest of my life?
Say yes, say yes ‘cause I need to know
You say I’ll never get your blessing ‘til the day I die
Tough luck, my friend, but the answer is no!
Why you gotta be so rude?
Don’t you know I’m human too?
Why you gotta be so rude?
I said, I’m gonna marry her anyway
(Yeah) Marry that girl
Marry her anyway
(Yeah) Marry that girl
Yeah, no matter what you say (Okay)
Marry that girl
And we’ll be a family (Uh)
Why you gotta be so rude
Why you gotta be so rude? (So rude)

I hate to do this,
you leave no choice
Can’t live without her
Love me or hate me we will be both
Standing at that altar
Or we will run away
To another galaxy you know
You know she’s in love with me
She will go anywhere I go

Can I have your daughter for the rest of my life?
Say yes, say yes ‘cause I need to know
You say I’ll never get your blessing ‘til the day I die
Tough luck, my friend, ‘cause the answer’s still no!
Why you gotta be so rude?
Don’t you know I’m human too?
Why you gotta be so rude?
I’m gonna marry her anyway
I said, marry that girl
Marry her anyway
Marry that girl
Yeah, no matter what you say
Marry that girl
And we’ll be a family
Why you gotta be so rude (Uh uh)

歌詞(部分)和訳

土曜日の朝 ベッドから跳ね起きて、とびきりのスーツを着て

車に乗り込み、ジェット機のように走った

君の家に着くまでずっと

胸に手を当て、ドアを叩いた

1つの頼みを聞いてもらうために

「だって僕は、貴方が古風な男だと知っているんですよ」

僕の残りの人生に、お嬢さんをください。

Yes、Yesと言ってくれ

僕は答えを、知らないといけないんだ

あなたは言う、君に感謝されることはしない

私が死ぬその日まで、決してな

運のツキだ、友よ

答えはNo!のままだからな

なんでそんなに失礼なんだよ?

僕が、同じ人間だってわかんないのかよ?

なんでそんなに失礼なんだよ?

僕は言った、彼女と何としても結婚します、と

この娘と結婚する

何としても彼女と結婚するんだ

この娘と結婚する

何としても彼女と結婚するんだ

貴方が何て言おうとも

この娘と結婚する

そして、僕たちは家族になるんだ

なぜ、そんなにも失礼なんだ?

こんなことするのは嫌だ

でも他の選択肢を残してくれないから

彼女なしじゃ生きられない

僕を愛しても、憎んでも、僕たちは一緒になります

あの教会で式を挙げるか

あるいは、僕たちは逃避行するんだ
わかるでしょう、別の銀河に行くんだよ
気づいているでしょう、彼女が僕を愛してるってこと
僕が行くところなら、彼女はどこでもついてくるんだよ

*繰り返し

和訳チェックポイント

rudeという単語の意味

今回のタイトルにも使われている「rude」という単語は直訳すると「失礼な」という意味になります。

PVの和訳では

なんであなたはそんなに意地悪なんだ

という訳になっていました。

意地悪という単語と言えば、よく

mean=意地悪な

という単語を見かけます。違いを調べてみると

  • meanは、niceやkindの反対にあたる言葉
  • rudeは、polite(礼儀正しい)反対にあたる言葉=inpolite

という解説もありました。

歌の解釈としては、父親の態度を単に「意地悪だ」と思ったというよりも

 Don’t you know I’m human too?

僕が、同じ人間だってわかんないのかよ?

というフレーズにもあるように、父親の態度に対して同じ人間としての経緯が払われていない非常に不遜なものだという印象を受けたという憤りが表れている単語といえるでしょう。

また逆説的に、この父親にとっても娘を攫いに来た男(どんな手段を使っても結婚すると言い張る男)は、極めて「rude」な存在だということも示唆しているのでしょう。

歌詞には書かれていませんが、古風な父親とは反対に、一番のスーツを着たところで、どこか癪に障る、今時風の若者(態度や見た目が気に入らない)という構図があるのかもしれませんね。

嫁姑問題というのはよく聞きますが、娘の父親と相性が悪い婿の話はあまり聞いたことがありません。

実際、どんなのかしら…とそんなところが気になった1曲でした。

Rude

Rude

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です