『Amazing』Aerosmith 歌詞和訳|『アメイジング』エアロスミス

今回は、Aerosmith(エアロスミス)の

  • Amazing(アメイジング)

の歌詞を和訳したいと思います。

タイトルの「Amazing」は「素晴らしい、驚くべき」という意味です。

作曲者の1人であるボーカルのスティーブン・タイラーは

(コカインに費やした金額は)たぶん、現実的に考えて、ゆうに5~600万ドル(約4億5000万円以上)は超えてるだろうな

と語るほどに、薬物中毒に陥っていたことで知られています。

そんな自身の経験を振り返しながら、今まさに絶望する人にメッセージを届けようとしてる熱く力強いバラードです。

目次

Aerosmith(エアロスミス)とは?

Aerosmith(エアロスミス)とは、1973年にデビューしたアメリカのロックバンド。

これまでにグラミー賞を4回受賞。

トータルセールスは全世界で1億5,000万枚以上。

日本では1970年代後半からクイーン、キッスとともに人気を博した。

メンバーの脱退や一時離脱などを経験してはいるが、2020年を過ぎてもデビュー時のオリジナルメンバーで今もなお活動を続けている稀有なバンド。

Amazing(アメイジング)という曲

1993年に発表されたエアロスミスのスタジオアルバム『ゲット・ア・グリップ』に収録されている。

後にシングルリリースもされた。

Amazing(アメイジング)の歌詞

I kept the right ones out
And let the wrong ones in
Had an angel of mercy to see me through all my sins
There were times in my life
When I was goin’ insane
Tryin’ to walk through
The pain

When I lost my grip
And I hit the floor
Yeah, I thought I could leave, but couldn’t get out the door
I was so sick and tired
Of livin’ a lie
I was wishin’ that I would die

It’s amazing
With the blink of an eye, you finally see the light
It’s amazing
When the moment arrives that you know you’ll be alright
It’s amazing
And I’m sayin’ a prayer for the desperate hearts tonight

That one last shot’s permanent vacation
And how high can you fly with broken wings?
Life’s a journey, not a destination
And I just can’t tell just what tomorrow brings

You have to learn to crawl
Before you learn to walk
But I just couldn’t listen to all that righteous talk, oh yeah
I was out on the street,
Just a tryin’ to survive
Scratchin’ to stay alive

It’s amazing
With the blink of an eye, you finally see the light
It’s amazing
When the moment arrives that you know you’ll be alright
Oh, it’s amazing
And I’m sayin’ a prayer for the desperate hearts tonight

Desperate hearts, desperate hearts

“So from all of us at Aerosmith to all of you out there, wherever you are,remember: the light at the end of the tunnel may be you. Good night.”

Amazing(アメイジング)歌詞和訳

正しい奴らを遠ざけて

間違ったモンを受け入れちまった

すべての罪を見透かす 慈悲深い天使がいた

俺の人生 そんなときもあったぜ

頭がイカれちまったとき

痛みをこらえて歩こうとして

うっかりした拍子に 床に自分を打ち付けてた

思ったさ 立ち去れるって でもドアからも出られなかった

ウンザリしてた 偽りの生活に疲れ果て

願ってた いっそ死にてぇなって

驚くぜ

一瞬で ついには光を見出すのさ

すげぇよ

大丈夫だってわかる その瞬間が訪れると

ビックリするぜ

今夜 絶望したその心に 祈りの言葉を捧げよう

最後のチャンスは パーマネント・バケーション

壊れた翼で お前はどんだけ飛べる?

人生は旅 目的地なんてねぇ

明日はどうなるかなんて わかりゃしねぇよ

這って進むことを覚えるべきだ

歩く前にな

でも もっともなお話に耳を貸せなかったんだ

俺は道に放り出され

ただ生き抜こうと必死で

生き続けようとがむしゃらだった

サビ繰り返し

絶望した心に 絶望したその心に…

”俺たちエアロスミスから そこにいる君たち皆へ

どこにいても覚えておいてくれ

トンネルの出口で輝く光は きっと君たち自身なんだ

おやすみ”

和訳のチェックポイント(単語・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず

I kept the right ones out

正しい奴らを遠ざけて

And let the wrong ones in

間違ったモンを受け入れちまった

Had an angel of mercy to see me through all my sins

すべての罪を見透かす 慈悲深い天使がいた

There were times in my life

俺の人生 そんなときもあったぜ

単語は

  • let in「入れる」
  • mercy「慈悲深い」
  • through「~見抜いて」

この曲はボーカルのスティング・タイラーが薬物依存に陥っていた自分を振り返り、作詞した曲である。

忠告する仲間を遠ざけて、悪いもの(ドラッグ)に溺れていった自分を仄めかす。

When I was goin’ insane

頭がイカれちまったとき

Tryin’ to walk through
The pain

痛みをこらえて歩こうとして

When I lost my grip

And I hit the floor

うっかりした拍子に 床に自分を打ち付けてた

単語は

  • insane「正気を失う」
  • lose one’s grip「判断力が鈍る」

「hit the floor」には「激しく踊る」という意味もあるが、文脈からドッと床に倒れ込んでる様子を表してると考えた。

Yeah, I thought I could leave, but couldn’t get out the door

思ったさ 立ち去れるって でもドアからも出られなかった

I was so sick and tired

Of livin’ a lie

ウンザリしてた 偽りの生活に疲れ果て

I was wishin’ that I would die

願ってた いっそ死にてぇなって

単語は

  • be sick of「うんざりする」
  • live a lie「偽りの生活をする」

物理的に「転んで立ち上がれない」という状況を描きながら、精神的に立ち直れないほどにやられていたという心境をも表現している。

ここからサビに一転して

It’s amazing

驚くぜ

With the blink of an eye, you finally see the light

一瞬で ついには光を見出すのさ

It’s amazing

すげぇよ

When the moment arrives that you know you’ll be alright

大丈夫だってわかる その瞬間が訪れると

It’s amazing

ビックリするぜ

And I’m sayin’ a prayer for the desperate hearts tonight

今夜 絶望したその心に 祈りの言葉を捧げよう

単語は

  • amazing「驚くべき、すばらしい」
  • blink of an eye「非常に短い時間」
  • a prayer「祈り(の言葉)、希望」
  • desperate「絶望した」

ここでの「you」はこの歌を聴いている「お前ら」という感じで、過去の自分と同じように絶望してる人へのメッセージソングだと明示している。

その瞬間が訪れたら、嘘のように状況が一転し、これまで見えなかった光が見えてくる。

ちなみに

  • see the light「理解する(悟る)」

という意味があるが、それを踏まえつつも歌の最後の語りを考慮し「光」という単語を含めた和訳にした。

ある瞬間に「ああ、そうなんだ」と腑に落ちる気づきが訪れる。

すると、パッと視界が開けるように光が見えて希望をつかめるといったイメージで解釈した。

That one last shot’s permanent vacation

最後のチャンスは パーマネント・バケーション

ここで

  • one last shot

は「最後のチャンス」と訳したが、おそらく依存してたクスリや酒の最後の1ショットといった意味も含まれている。

「permanent vacation」はエアロスミスが1987年に発表したアルバムのタイトル。

80年代前期に低迷してたバンドが再び黄金期を迎えるきっかけとなる爆発的なヒットを遂げた。

And how high can you fly with broken wings?

壊れた翼で お前はどんだけ飛べる?

Life’s a journey, not a destination

人生は旅 目的地なんてねぇ

And I just can’t tell just what tomorrow brings

明日はどうなるかなんて わかりゃしねぇよ

自分はもうボロボロの状態だったが、どこまでいけるか挑戦したということ。

人生何が起こるかわからないと自分の体験に基づいた語りになっている。

You have to learn to crawl

這って進むのをを覚えるべきだ

Before you learn to walk

歩く前にな

But I just couldn’t listen to all that righteous talk, oh yeah

でも もっともなお話に耳を貸せなかったんだ

単語は

  • crawl「這う」
  • righteous「もっともな、当然の」

歩く前に這って進む、というのは赤ん坊が学ぶステップである。

そういった誰にでもわかるような他人からの忠告やアドバイスが、あまりにも当たり前で昔の自分は受け入れられなかったという反省も読み取れる。

I was out on the street,

俺は道に放り出され

Just a tryin’ to survive

ただ生き抜こうと必死で

Scratchin’ to stay alive

生き続けようとがむしゃらだった

単語は

  • survive「生き残る」

「out on the street」には「失業して」の意もあるので、薬物中毒で仕事ができる状態じゃなかったことを指してる可能性も高い、

最後にメッセージとして

“So from all of us at Aerosmith to all of you out there,

”俺たちエアロスミスから そこにいる君たち皆へ

wherever you are,remember

どこにいても覚えておいてくれ

: the light at the end of the tunnel may be you.

トンネルの出口で輝く光は きっと君たち自身なんだ

Good night.”

おやすみ”

歌詞の中にもあるように真っ暗闇のトンネルにいても「you finally see the light」そういう瞬間がある。

そのとき見えた光は、お前たち自身なんだ。

つまり自らがふとした瞬間に内側から気づきを得て、立ち直り、輝く他にはないんだよ、という意で解釈した。

和訳した感想

ということで今回はAerosmith(エアロスミス)の

  • Amazing(アメイジング)

という曲を和訳しました。

まさに彼自身の経験を通して「amazing」人生は何が起こるかわからない、と歌っている曲です。

作詞者の想いと言いますか…

やはりメッセージ性の高い歌詞は訳していて、ぐっとくるものがあるなと感じました。

今なら”完全無料”で音楽聞き放題

今なら、Amazon Music Umlimitedを

3か月無料

でお試しすることができます。

全6500万曲もの楽曲を、スマホ・PC・タブレットどこからでも自由に聴くことが可能です。

通常

  • 980円(1か月)
  • 780円(プライム会員の場合)

3か月で約3000円のサービスを、2021年1月11日(23時59分)までの登録で無料利用できます。

ぜひこのチャンスをお見逃し無いように!

!2021年1月11日まで!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる