『Back To December』Taylor Swift 歌詞和訳|『バック・トゥ・ディセンバー』テイラー・スウィフト

今回は、Taylor Swift(テイラー・スウィフト)の

  • Back To December(バック・トゥ・ディセンバー)

の歌詞を和訳したいと思います。

映画『バレンタインデー』で共演し、スピード破局したといわれている元カレのテイラー・ロートナーに向けた失恋ラブソングです。

しっとりバラードで

  • 別れた後の女性側の後悔

が、かなりリアルに歌われています。

テイラー・スウィフトの中であまり目立たない曲ですが、個人的に好きな一曲です。

目次

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)って?

テイラー・スウィフト(Taylor Swift)はアメリカン合衆国のシンガーソングライター。

1989年12月13日生まれ。

2006年(17歳)でアルバム『Taylor Swift』をリリース。

翌年の2007年、3枚目のシングル「Our Song」が大ヒットを記録、カントリーチャートで6週連続1位を記録した。

2008年には、セカンド・アルバム『Fearless』をリリース。

1週間で59万2000枚売り上げ、2009年の全米でトップセールスアルバムとなった。

実体験を基にしたリアルな曲は、多くの女性ファンを魅了し、今もなお世界中のファンに愛されているアーティストの1人。

Back To December(バック・トゥ・ディセンバー)という曲

テイラー・スウィフトの2010年にリリースされた3枚目のアルバム「Speak Now」に収録されている楽曲の1つ。

この曲は「Mine」に続き、2010年にシングルカットもされた。

Back To December(バック・トゥ・ディセンバー)の歌詞

I’m so glad you made time to see me
How’s life, tell me how’s your family?
I haven’t seen them in a while
You’ve been good, busier then ever
We small talk, work and the weather
Your guard is up and I know why

Because the last time you saw me
Is still burned in the back of your mind
You gave me roses and I left them there to die

So this is me swallowing my pride
Standing in front of you saying I’m sorry for that night
And I go back to December all the time
It turns out freedom ain’t nothing but missing you
Wishing I’d realized what I had when you were mine
I’d go back to December, turn around and make it all right
I go back to December all the time

These days I haven’t been sleeping
Staying up playing back myself leaving
When your birthday passed and I didn’t call
And I think about summer, all the beautiful times
I watched you laughing from the passenger side
And realized I’d loved you in the fall
And then the cold came, the dark days when fear crept into my mind
You gave me all your love and all I gave you was goodbye

So this is me swallowing my pride
Standing in front of you saying I’m sorry for that night
And I go back to December all the time
It turns out freedom ain’t nothing but missing you
Wishing I’d realized what I had when you were mine
I’d go back to December turn around and change my own mind
I go back to December all the time

I miss your tan skin, your sweet smile, so good to me, so right
And how you held me in your arms that September night
The first time you ever saw me cry
Maybe this is wishful thinking
Probably mindless dreaming
But if we loved again I swear I’d love you right

I’d go back in time and change it but I can’t
So if the chain is on your door, I understand

But this is me swallowing my pride
Standing in front of you saying I’m sorry for that night
And I go back to December
It turns out freedom ain’t nothing but missing you
Wishing I’d realized what I had when you were mine
I’d go back to December turn around and make it all right
I’d go back to December turn around and change my own mind
I go back to December all the time all the time

Back To December(バック・トゥ・ディセンバー)の歌詞和訳

すごく嬉しいの 私に会う時間を作ってくれて

どう みんな元気かしら?

しばらく貴方の家族にも会えてなかったから

貴方は元気そう 前より忙しそうね

世間話よ 仕事とか天気とか

警戒してるのね 仕方ないわ

だって最後に会った時間が

まだ貴方の心にくすぶってるから

薔薇をくれたのに 私は放って枯らしてしまった

だから今 プライドは捨てて

目の前に立って言う 「あの夜はごめんなさい」

私はいつだって12月にかえりたい

結局わかったの 自由はいらない 貴方を想うこと以外は

付き合っていたとき 気づけたら良かったのに

12月に戻りたい 未来を変えて うまくやるわ

いつだって私は 12月にかえるわ

最近よく眠れなくて

起きては 私がなおざりにしたことを思い出すの

貴方の誕生日は過ぎていき 私は電話をしなかった

それから夏を思う 素敵な時間だった

助手席から 笑う貴方を見ていた

秋に気づいたわ 貴方が大好きだって

そして冬が来る 心に恐怖が忍び込む暗い日々

すべての愛をくれたのに 私が唯一与えたのが「さよなら」

だから今 プライドは捨てて

目の前に立って言う 「あの夜はごめんなさい」

私はいつだって12月にかえりたい

結局わかったの 自由はいらない 貴方を想うこと以外は

付き合っていたとき 気づけたら良かったのに

12月に戻りたい 未来を 私の気持ちを変えられたら

いつだって12月にかえるの

日焼けした肌 とろける笑顔が恋しい

すごく素敵で 間違いなんてなかった

あの九月の夜 私を抱きしめてくれたわ

私が泣いてるのを初めて見た瞬間

きっと これはただの願望で

多分 考え足らずの夢物語

でももしやり直せるなら 誓う ちゃんと貴方を愛すから

過去に戻って変えたい でも できないの

貴方が心を閉じるのも 仕方ないわ

サビ繰り返し

12月に戻りたい 戻って 私の気持ちを変えられたら

私は 12月にかえる いつも いつだって…

和訳チェックポイント(単語の意味・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

出だしから二人がしばらく会っていなかった関係であると示唆される中で

We small talk, work and the weather

世間話よ 仕事とか天気とか

Your guard is up and I know why

警戒してるわね 仕方ないわ

とあり、二人の間に何らかのもつれがあったことを仄めかしている。

  • small talk「雑談、世間話」
  • guard is up「警戒心を高める」

という意。

Because the last time you saw me

だって最後に会った時間が

Is still burned in the back of your mind

まだ貴方の心にくすぶってるから

の文構造は

  • the last time [ you saw me ] (S)
  • is still burned(V)
  • in the back of your mind (C)

という繋がりとしてとらえた。

単語の「burned」は文脈から彼が

  • マイナスの気持ちを抱えている

と判断し「(怒り・悲しみなどが)くすぶってる」意と解釈した。

You gave me roses and I left them there to die

薔薇をくれたのに 私は放って枯らしてしまった

の単語は

  • leave「~を放置する」
  • to「(結果)~する」

「them」は「roses」を指すので、もらった薔薇を放置して枯らしてしまったということ。

ただしこれは物理的な「薔薇」だけでなく

  • 彼からの気持ち(愛)

を薔薇というメタファーに置き換え、もらった愛を大切にしなかったと仄めかしてるともいえる。

So this is me swallowing my pride

だから今 プライドは捨てて

単語は

  • This is 人 V+ing「これは(人)が~しているところ」

だが、大げさになりすぎないようにサラッと訳した。

以下の文は補足すると

It turns out (that) freedom ain’t nothing but missing you

結局わかったの 自由はいらない 貴方を想うこと以外は

の単語は

  • turn out「結局~だと判明する」
  • but~「~以外」

「turn out」の後ろに「that」が省略されていると考えて、後ろは文として捉える。

  • ain’t nothing but

に関しては、こちらの質問が詳しい。

彼と別れて自由になったがすべてが無意味で、本当の自由(=あなたを愛すること)を失ってしまったと気づいたという意味。

I’d go back to December, turn around and make it all right.

12月に戻りたい 未来を変えて うまくやるわ

I go back to December all the time

いつだって私は 12月にかえるの

単語は

  • turn around「方向を変える」
  • make it all right「うまくやる」

物理的な方向ではなく、二人が歩んだ道筋(別れ)を変えるという意で訳した。

Staying up playing back myself leaving

起きては 私がなおざりにしたことを思い出すの

  • playing back「回顧する」
  • 人 ~ing「人が~する」

「leave」は

You gave me roses and I left them there to die

薔薇をくれたのに 私は放って枯らしてしまった

が伏線となり、他にもあらゆるものを大切にせずなおざりにしたと後悔してる様と解釈した。

その例として

When your birthday passed and I didn’t call

貴方の誕生日は過ぎていき 私は電話をしなかった

と挙げられている。

But if we loved again I swear I’d love you right

でももしやり直せるなら 誓う ちゃんと貴方を愛すから

は「もし~なら…だろう」という仮定法。

実現の可能性が極めて低い事柄を表すため、彼女自身も彼とやり直すことは難しいとよく理解してるのがわかる。

I’d go back in time and change it but I can’t

過去に戻って変えたい でも できないの

の単語は

  • go back in time「過去に戻る」

である。

ちなみにサビで繰り返される

I‘d go back to December, turn around and make it all right.

12月に戻りたい 未来を変えて うまくやるわ

I go back to December all the time

いつだって私は 12月にかえるの

は、1度目に「woud」が省略されており2度目に現在形となっている。

  • 別れた12月に戻り、やり直したい

という彼女の願望と

  • 別れた12月のことばかりを考える
  • =実際に過去から抜け出せない現状

を表現し、いつまでも失恋の苦しみから抜け出せない辛さを嘆いていると解釈した。

和訳した感想

ということで今回の記事ではTaylor Swift(テイラー・スウィフト)の

  • Back To December(バック・トゥ・ディセンバー)

を和訳してみました。

この曲、切ないですね…

テイラースウィフトって、リアルな自分の恋愛経験を歌にするタイプなので

  • ファーストアルバムから順

に歌詞の内容を辿っていくと、女の子がどんどん恋を繰り返して大人に成長していく様がリアルにわかるんですよね。

ほんと、ものごっつリアル!

何となくですがヒットソングが生まれるたびに、こういった背景を知ってる人が増えていき、末永くファンが付いてくる歌手なのかもしれません。

おすすめ音楽ツール

>>Amazonプライム(プライムミュージック)

>>Amazon Music Unlimited

=スマホのアプリを利用すると、歌詞のチェックなども簡単に行えます。Apple Musicも利用していましたが、Amazonの方がプレイリストが充実していて、自分好みの新しい音楽に出会いやすいです。

興味がありましたら、こちらから無料体験(1か月学生は6か月)をどうぞ。

目次
閉じる