『Bad Day』Daniel Powter 歌詞和訳|『バッド・デイ』ダニエル・パウター

今回は、Daniel Powter(ダニエル・パウター)の

  • Bad Day(バッド・デイ)

の歌詞を和訳したいと思います。

タイトルは

  • 悪い日
  • ツイてない日

といった意味になります。

上手くいかないと感じてるときの気持ちの持ち直し方・考え方などの参考にもなる良曲です。

目次

Daniel Powter(ダニエル・パウター)とは?

Daniel Powter(ダニエル・パウター)とは、1971年生まれカナダのシンガーソングライターである。

ファースト・シングル「バッド・デイ」が大ヒットを記録したことで知られている。

主に、ピアノの弾き語りスタイルで帽子がトレードマークである。

Bad Day(バッド・デイ)という曲

Bad Day(バッド・デイ)は、2005年にリリースされたダニエル・パウターのファースト・シングルである。

Billboard Hot 100で、5週連続1位の大ヒットを記録した。

アメリカの人気番組『アメリカン・アイドル』シーズン5でエンディングテーマであった。

日本でも、テレビドラマ『レガッタ〜君といた永遠〜』の挿入歌として起用された。

Bad Day(バッド・デイ)の歌詞

Where is the moment we needed the most?
You kick up the leaves, and the magic is lost
They tell me your blue sky’s faded to gray
They tell me your passion’s gone away
And I don’t need no carrying on

You stand in the line just to hit a new low
You’re faking a smile with the coffee to go
You tell me your life’s been way off line
You’re falling to pieces every time
And I don’t need no carrying on

‘Cause you had a bad day
You’re taking one down
You sing a sad song just to turn it around
You say you don’t know
You tell me, “don’t lie”
You work at a smile, and you go for a ride
You had a bad day
The camera don’t lie
You’re coming back down, and you really don’t mind
You had a bad day
You had a bad day

Well you need a blue sky holiday
The point is they laugh at what you say
And I don’t need no carrying on

You had a bad day
You’re taking one down
You sing a sad song just to turn it around
You say you don’t know
You tell me, “don’t lie”
You work at a smile, and you go for a ride
You had a bad day
The camera don’t lie
You’re coming back down and you really don’t mind
You had a bad day

(Ooh, on a holiday)

Sometimes the system goes on the blink
And the whole thing, it turns out wrong
You might not make it back and you know
That you could be well, oh, that strong
And I’m not wrong (yeah, yeah, yeah)

So where is the passion when you need it the most?
Oh, you and I
You kick up the leaves and the magic is lost

‘Cause you had a bad day
You’re taking one down
You sing a sad song just to turn it around
You say you don’t know
You tell me don’t lie
You work at a smile and you go for a ride
You had a bad day
You see what you like
And how does it feel one more time?
You had a bad day
You had a bad day

Had a bad day
Had a bad day
Had a bad day

Bad Day(バッド・デイ)の歌詞和訳

どこへ行ったんだろう 僕たちが一番必要としてた瞬間は

君が落ち葉を蹴り上げると 魔法が解ける

青空は灰色に曇り

君の情熱は失われた、なんて人は言うよ

でも僕が同調する必要はないんだ

君は列に並んでるね 最悪の一日を始めるために

笑顔を偽ってるね テイクアウトのコーヒーを片手に

人生のレールから大きく外れちゃった、なんて君は言って

いつでもボロボロになってる

僕まで騒ぎ立てる必要はないんだよ

だって今日はツイてなかったんだ

君は落ち込んでいて

気分を変えるために悲しい曲を歌う

あなたにはわからないわ

嘘は言わないで なんて僕に言って

君は無理やり笑顔をつくって 出かけていくんだ

ツイてない一日だったんだ

カメラっていうのは嘘を吐かない

君は戻ってくる 全く気にしてないね

今日は悪い一日だった

ツイてない一日だったんだよ

そう 青空の休日が必要さ

要するに 君が言うことを彼らは笑うのさ

そして僕が同調する必要はないんだよ

サビ繰り返し

時々 システムの調子が狂って

全てのことが間違いだとわかる

元には戻れないかもしれないけど 君は知ってる

良くなり得るって その強さでね

僕は間違ってないよ

君が最も必要とするとき 情熱はどこにあるんだろう

ああ 君と僕

君が落ち葉を蹴り上げると 魔法が解ける

サビ繰り返し

和訳のチェックポイント(単語・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず

Where is the moment we needed the most?

どこへ行ったんだろう 僕たちが一番必要としてた瞬間は

You kick up the leaves, and the magic is lost

君が落ち葉を蹴り上げると 魔法が解ける

They tell me your blue sky’s faded to gray

青空は灰色に曇り

They tell me your passion’s gone away

君の情熱は失われた、なんて人は言うよ

And I don’t need no carrying on

でも僕が同調する必要はないんだ

単語は

  • moment「瞬間」
  • the most「最も」
  • leaves「葉っぱ(複)」
  • fade to「次第に薄れて~になる」
  • passion「情熱」
  • go away「立ち去る」

である。

機嫌の悪い君が落ち葉を蹴り上げると、魔法が解ける(=辛い現実に引き戻される)

青空のように明るく晴れ渡っていた性格だったのに、少しずつ暗くどんよりとした様に変わってしまった。

情熱もすっかり消え失せてしまった。

そんな風に周りの人が、君を批判するような話を僕にしてくる。

You stand in the line just to hit a new low

君は列に並んでるね 最悪の一日を始めるために

You’re faking a smile with the coffee to go

笑顔を偽ってる テイクアウトのコーヒーを片手に

You tell me your life’s been way off line

人生のレールからは大きく外れちゃった、なんて君は言って

You’re falling to pieces every time

いつでもボロボロになってるから

And I don’t need no carrying on

僕まで騒ぎ立てる必要はないんだよ

単語は

  • hit a new low「新底値に達する」
  • the coffee to go「テイクアウトコーヒー」
  • way off「 大きく外れて」
  • fall to pieces「崩壊する」

である。

コーヒーを買うために大人しく列に並ぶ、君の姿。

ただ列の後ろに立ち、進んで商品を受け取り、笑顔を偽る。

その姿は、ツイてない最悪の出来事が未来で待っていても律儀に列に並ぶよう受け身のまま、当たり前だと諦めて一切抵抗しない様子を示唆してるともいえる。

コーヒーを買うために用意されたような、決められた列(line)には、大人しく並ぶ。

でも自分の人生という名のレール(line)は、うまく選んで進んでいくことができず、大きな不満をもっている。

そして、いつもボロボロの状態になっている。

これらの描写に続く

And I don’t need no carrying on

の和訳について、以下まとめておきたい。

第一に、この部分は(文法的に誤りではあるが文脈から明らかに)二重否定(=肯定)ではない

なので

I don’t need no carrying on

=I don’t need to carry on

こちらの質問を参考にしつつ、考えることにした。

次に問題となるのが

  • carry on

の訳し方である。

調べてみると「carry on」の意味は

  1. 継続する
  2. (同じ方向へ)進み続ける
  3. 騒ぐ、暴れる
  4. 性的関係をもつ(古)

となる。

※英英辞典を幾つかチェックしたところ、どちらかというとネガティブなことや嫌なことを続けるイメージが強かった。

この部分は

I don’t need no carrying on

頑張る(ことを続ける)必要はないんだ

と和訳してるパターンがほとんどだが、主語が「I(僕)」であることに疑問を感じざるを得ない。

※「You」と勝手に英文を補足してる歌詞も存在するが、ここではあくまで原文に沿って考えることにした。

むしろ流れとしては

  • 君(落ち葉を蹴る=不満げ)
  • 皆(=君を悪く言う)

という状態なので、この時の「僕(=I)」の対応としては彼らのような

  • ネガティブな振る舞い・態度

を自分は「carry on(続ける)」必要はないんだ、と考えるのが自然ではないだろうか。

つまり、周りと一緒に自分までこれ以上落ち込む考え方や辛くなる振る舞いを文字通り「続ける」必要はないんだ、という文脈で解した。

すると、2つ目のフレーズも同じように「君(=you)」の

  • 偽りの笑顔
  • 人生のレールを…という愚痴
  • いつもボロボロ

という疲れ切ってネガティブな様が列挙されてるのに気づく。

なので同じように

And I don’t need no carrying on

でも僕が同調する必要はないんだ

こういった様子をさらに増長させるように「僕(=I)」まで「carry on(続ける)」必要はないんだと解釈できる。

さらに言えば、こういった状況に自分があーだこーだと機嫌悪く「carry on(騒ぎ立てる)」必要もないという解釈から

And I don’t need no carrying on

僕まで騒ぎ立てる必要はないんだよ

という和訳も行った。

何故なら

‘Cause you had a bad day

だって今日はツイてなかったんだ

たまたま悪い一日だっただけで、また日が変われば状況は変わる。

うまくいかないことに振り回される必要もなく、悠然とやり過ごせばいいんだよ、という流れ。

You’re taking one down

君は落ち込んでいて

You sing a sad song just to turn it around

気分を変えるために悲しい曲を歌う

You say you don’t know

あなたにはわからないわ

You tell me, “don’t lie”

嘘は言わないで なんて僕に言って

You work at a smile, and you go for a ride

君は無理やり笑顔をつくって 出かけていくんだ

You had a bad day

ツイてない一日だったんだ

The camera don’t lie

カメラっていうのは嘘を吐かない

You’re coming back down, and you really don’t mind

君は戻ってくる 全く気にしてないね

You had a bad day

今日は悪い一日だった

You had a bad day

ツイてない一日だったんだよ

単語は

  • take one down「落ち込む」
  • turn it around「方向を変える」
  • go for a ride「(乗り物で)出かける」

である。

「The camera don’t lie(カメラは嘘を吐かない)」は「不変の真理」を表す言葉なので「doesn’t」ではなく「don’t」になる。

無理に笑顔で外に出ても、カメラに写った顔を見ればわかるように今日は「a bad day」だとわかる。

うちに帰ってきて、仕方ない一日だと割り切るということ。

Well you need a blue sky holiday

そう 青空の休日が必要さ

The point is they laugh at what you say

要するに 君が言うことを彼らは笑うのさ

And I don’t need no carrying on

そして僕が同調する必要はないんだよ

単語は

  • The point is「要するに~だ」
  • laugh at「笑う」
  • what you say「君が言うこと」

である。

平日が曇り空なら、休日は青空の気分で過ごせる。

きっと周りの人は、また君のことをあーだこーだと悪く言い、口を挟むかもしれない。

要は、君の言うことを上から目線で笑いたいだけなんだ。

そして、それと同じようなネガティブな考え方・態度を僕が「carry on(続ける)」必要はない。

Sometimes the system goes on the blink

時々 システムの調子が狂って

And the whole thing, it turns out wrong

全てのことが間違いだとわかる

You might not make it back and you know

元には戻れないかもしれないけど 君は知ってる

That you could be well, oh, that strong

良くなり得るって その強さでね

And I’m not wrong (yeah, yeah, yeah)

僕は間違ってないよ

単語は

  • go on the blink 「調子がおかしくなる」
  • whole「すべて」
  • turn out「判明する」
  • wrong「間違い」
  • make it back「戻る、帰り着く」
  • be well「元気、良い」

である。

この世界の仕組みそのものが間違ってるとわかり、今まで積み重ねてきたこと全部が間違いだったと気づく。

それでも、君は大丈夫だ。

立ち直れる強さをもってるし、僕のこの考えは間違ってないよ、という応援メッセージとなる。

和訳した感想

ということで今回は、Daniel Powter(ダニエル・パウター)の

  • Bad Day(バッド・デイ)

の歌詞を和訳しました。

何かうまくいかないことがあると、多くの人は

  • 自分はダメな人間だ
  • 人生がうまくいってない
  • すっかり変わってしまった

と考えたり、他人事であればそれを吹聴したりします。

また

  • 無理やり笑顔を作る

といったように、自分を騙して頑張り続けて壊れてしまう人もいます。

そういった態度を無理に続けず

  • ツイてない1日だったんだ

と一歩引いて、諦めてしまってもいいんじゃないかと呼び掛けてます。

そしてまた運の巡りが回ってきたときに、それを掴めばいい。

そういう強さを君がもってるって、僕は知ってるよ、という応援歌でした。

和訳に関しては色々なものがあると思いますので、色々と参考にして自分が最も納得できるものを見つけてみても良いかもしれませんね。

おすすめ音楽ツール

>>Amazonプライム(プライムミュージック)

>>Amazon Music Unlimited

=スマホのアプリを利用すると、歌詞のチェックなども簡単に行えます。Apple Musicも利用していましたが、Amazonの方がプレイリストが充実していて、自分好みの新しい音楽に出会いやすいです。

興味がありましたら、こちらから無料体験(1か月学生は6か月)をどうぞ。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる