『Bad Guy』Billie Eilish 歌詞和訳|『バッド・ガイ』ビリー・アイリッシュ

今回の記事では、Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)

  • Bad Guy(バッド・ガイ)

の歌詞和訳をしたいと思います。

曲のタイトルは直訳すると一見

  • 悪い男

ですが、悪い男に騙されて泣いてる女性の歌を想像して聞くとエライ目に遭います(笑)

正しい訳は

  • 悪い奴

で性別は不詳となり、聴き手の想像力を刺激する興味深い歌詞になっています。

印象的なMVと合わせて楽しみたい新時代の大ヒットソング。

目次

Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)って?

Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)は2001年生まれの米国シンガーソングライターである。

2019年3月にデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』をリリース。

中でもシングルカットされた「bad guy」はアメリカ、カナダ、オーストラリアで1位を獲得した。

2020年第62回グラミー賞で、主要4部門を含む合計5部門を受賞。

主要部門の独占は女性として初、史上最年少となった。

Bad Guy(バッド・ガイ)という曲について

Bad Guy(バッド・ガイ)は、デビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』に収録されている1曲。

5番目のシングル曲としてアルバムと同時にリリース。

全米シングルチャートで1位を獲得、2000年生まれのアーティストでは史上初を飾った。

日本でも2020年に放送された『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』というドラマの主題歌として起用された。

Bad Guy(バッド・ガイ)の歌詞

White shirt now red, my bloody nose
Sleepin’, you’re on your tippy toes
Creepin’ around like no one knows
Think you’re so criminal
Bruises on both my knees for you
Don’t say thank you or please
I do what I want when I’m wanting to
My soul? So cynical

So you’re a tough guy
Like it really rough guy
Just can’t get enough guy
Chest always so puffed guy
I’m that bad type
Make your mama sad type
Make your girlfriend mad tight
Might seduce your dad type
I’m the bad guy, duh

I’m the bad guy

I like it when you take control
Even if you know that you don’t
Own me, I’ll let you play the role
I’ll be your animal
My mommy likes to sing along with me
But she won’t sing this song
If she reads all the lyrics
She’ll pity the men I know

So you’re a tough guy
Like it really rough guy
Just can’t get enough guy
Chest always so puffed guy
I’m that bad type
Make your mama sad type
Make your girlfriend mad tight
Might seduce your dad type
I’m the bad guy, duh

I’m the bad guy, duh

I’m only good at being bad, bad

I like when you get mad
I guess I’m pretty glad that you’re alone
You said she’s scared of me?
I mean, I don’t see what she sees
But maybe it’s ‘cause I’m wearing your cologne

I’m a bad guy
I’m, I’m a bad guy
Bad guy, bad guy
I’m a bad

Bad Guy(バッド・ガイ)の歌詞和訳

真っ白なシャツが赤に染まる アタシの鼻血のせいよ

眠ってると アンタつま先立ててさ

気づかれないように コソコソとアタシに近寄ってくるの

ほんと 残念なヤツ

両ひざの痣は アンタのために

ありがとうも お願いも 言わないでね

やりたいことを やりたいときにやるんだからさ

アタシのココロ? 超ひねくれてるよ

そう アンタはタフな男

本当にガサツな男って感じ

ただ不満げで

胸板ばかり膨らましてるヤツ

アタシって悪い人種なの

アンタのママを泣かせて

アンタの彼女を怒らせて

アンタのパパを誘惑しちゃう

アタシって悪い奴なのよね

まあ 今更だけど?

アタシは 悪い奴なのよ

アンタに攻められてるのが好きなの

本当は違うってアンタが気づいててもね

アタシをアンタのもんにして

役目を与えてあげるから

アンタのペットになるわよ

ママはアタシと歌うのが好き

でもこの曲は歌わないけど

ママがこの歌詞を全部読んだら

男ってモンを憐れむだろうなぁ

サビ繰り返し

アタシって悪い奴なの

それだけが取柄なんだ

アンタが怒ってんのが好き

アンタが独りになったら 最高の気分だろうな

「彼女がキミを恐れてる」って?

まあ 彼女が何気づいてるか知んないけど

でも多分 アタシがアンタと同じ香水付けてるからじゃない

アタシは悪い奴なのよ

悪い奴なんだ

悪い奴 悪い奴

アタシは悪い奴なんだ

和訳チェックポイント(単語の意味・文法など)

以下、訳のチェックポイントをまとめておく。

White shirt now red, my bloody nose

真っ白なシャツが赤に染まる アタシの鼻血のせいよ

Sleepin’, you’re on your tippy toes

眠ってると アンタつま先立ててさ

Creepin’ around like no one knows

気づかれないように アタシにコソコソ近寄ってんの

Think you’re so criminal

ほんと 残念なヤツ

Bruises on both my knees for you

両ひざの痣は アンタのために

単語は

  • tippy toes「つま先」
  • creep「忍び寄る」
  • criminal「残念な」
  • bruise「打ち身、アザ」

最初の白が赤に染まるというフレーズから、無垢なものが血に染まる(処女喪失のような)イメージを喚起させる。

眠ってるとコソコソ近づいてくる不気味さは

  • 公にできない関係
  • 後ろ暗さ

を物語っており「膝にできたアザ」は相手との性的関係を仄めかしている。

タイトルとサビになっている

I’m the bad guy

アタシは 悪い奴なのよ

というフレーズから「bad guy」は自分のことを指すと明らかになる。

My mommy likes to sing along with me

ママはアタシと歌うのが好き

But she won’t sing this song

でもこの曲は歌わないけど

If she reads all the lyrics

ママがこの歌詞を全部読んだら

She’ll pity the men I know

男ってモンを憐れむだろうなぁ

単語は

  • along with「~と一緒に」
  • lylics「歌詞」
  • pity「憐れむ」

「the men」は複数形になっている点から、歌詞中に出てくる男のことではなく

  • 男という生き物

の総称と考えた。

アタシのママは出てくるがパパが出てこないのも、母娘という女の視点から性欲に支配されている男への憐れみを強調してるともいえる。

You said she’s scared of me?

「彼女がキミを恐れてる」って?

I mean, I don’t see what she sees

まあ 彼女が何気づいてるか知んないけど

But maybe it’s ‘cause I’m wearing your cologne

でも多分 アタシがアンタと同じ香水付けてるからじゃない

ここまでの歌詞を通して

  • 男には彼女がいる
  • アタシ(I)とは秘密の関係

であることが仄めかされている。

性的主導権は、実はアタシ(I)によって握らされているだけで、男が欲に囚われて浮気心に走っているのも明白だ。

アタシ(I)はそんな男を破滅させることを厭わない

  • bad guy「悪い奴」

だと告白しているが、彼と同じ香水をつけるなどの報復はどこか幼く哀しい行為にも思われる。

結局

  • bad guy

とは、この残念極まりない男のことなのだ。

しかし受け身に転じず優位に立つ。

サディスティックに相手を攻撃する自分は男に泣く女などではなく、あくまで「bad guy」なのだと自らに言い聞かせているのではないだろうか。

訳してみた感想

ということで今回はBillie Eilish(ビリー・アイリッシュ)

  • Bad Guy(バッド・ガイ)

を訳してみました。

まあ、アーティストの若さも相まってセンセーショナルな曲ですね。

歌詞も色々な解釈が可能な気がしました。

暗い曲ですけどね~

MVと合わせて曲を聴いた方が内容の不気味さが頭に入ってきやすいと思います。

おすすめ音楽ツール

>>Amazonプライム(プライムミュージック)

>>Amazon Music Unlimited

=スマホのアプリを利用すると、歌詞のチェックなども簡単に行えます。Apple Musicも利用していましたが、Amazonの方がプレイリストが充実していて、自分好みの新しい音楽に出会いやすいです。

興味がありましたら、こちらから無料体験(1か月学生は6か月)をどうぞ。

目次
閉じる