学生限定!Amazonプライム6か月無料お試し

『Can’t Buy Me Love』The Beatles 歌詞和訳|『キャント・バイ・ミー・ラヴ』ビートルズ

今回は、Beatles(ビートルズ)の

  • Can’t Buy Me Love(キャント・バイ・ミー・ラヴ)

の歌詞を和訳したいと思います。

タイトルの「Can’t Buy Me Love」は補足すると

Money can’t buy me love

金じゃ愛は買えねぇんだ

という意味になります。

当時、バンドとして大成功を収めていたビートルズが歌うからこそ、大胆で潔い歌詞がハートに響くロックな楽曲です。

Beatles(ビートルズ)とは?

Beatles(ビートルズ)とは、イギリス・リヴァプール出身のロックバンド。ジョン・レノンがバンド「クオリーメン」を1957年に結成したのが始まり。

1960年に「ザ・ビートルズ」と改名、1962年にレコードデビュー。1970年に解散した。

デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として

  • ジョン・レノン(リズムギター)
  • ポール・マッカートニー(ベース)
  • ジョージ・ハリソン(リードギター)
  • リンゴ・スター(ドラムス)

という4人で活動を行った。

オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。

リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、こちらに一覧がある。

全213曲中144曲(全体の約68%)は「レノン=マッカートニー」共同クレジット曲。

共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。

Can’t Buy Me Love(キャント・バイ・ミー・ラヴ)という曲

Can’t Buy Me Love(キャント・バイ・ミー・ラヴ)は、1964年3月にビートルズが発表した6枚目のシングル曲である。

レノン=マッカートニー名義だが、主にポール・マッカートニー作品でリード・ヴォーカルも彼が務めている。

タイトルを出だしと最後に繰り返してインパクトをもたせるのは、プロデューサーのジョージ・マーティンの発案だった。

イギリスで100万枚、アメリカで210万枚という予約が入った曲。

予約のみで100万枚以上売れた至上初のシングルとして、ギネス世界記録に記載されている。

Can’t Buy Me Love(キャント・バイ・ミー・ラヴ)の歌詞

Can’t buy me love, love
Can’t buy me love

I’ll buy you a diamond ring, my friend
If it makes you feel all right
I’ll get you anything, my friend
If it makes you feel all right
‘Cause I don’t care too much for money
Money can’t buy me love

I’ll give you all I’ve got to give
If you say you love me, too
I may not have a lot to give
But what I’ve got I’ll give to you
I don’t care too much for money
Money can’t buy me love

Can’t buy me love
Everybody tells me so
Can’t buy me love
No, no, no, no

Say you don’t need no diamond rings
And I’ll be satisfied
Tell me that you want the kind of things
That money just can’t buy
I don’t care too much for money
Money can’t buy me love

Can’t buy me love
Everybody tells me so
Can’t buy me love
No, no, no, no

Say you don’t need no diamond rings
And I’ll be satisfied
Tell me that you want the kind of things
That money just can’t buy
I don’t care too much for money
Money can’t buy me love
Can’t buy me love, love
Can’t buy me love, oh

Can’t Buy Me Love(キャント・バイ・ミー・ラヴ)の歌詞和訳

愛は買えないぜ 愛は

愛は金じゃ買えねぇのさ

大切な君にダイヤモンドの指輪を買ってあげよう

それで気分が良くなるなら

何でも買ってやるぜ

それで気分が良くなるなら

金なんて大して気にしてならねぇ

愛は金じゃ買えないのさ

与えるべきモンは何だってやる

俺のこと愛してるって言うなら

大してないかもしれねぇけど

俺がもってるモンなら君にあげるぜ

金には大してこだわらねぇ

だって金じゃ愛は買えねぇんだ

愛はお金じゃ買えないよ

誰もが俺にそう言うぜ

愛は金じゃ買えない

無理無理 買えねぇな

ダイヤの指輪なんて要らないって言えよ

そしたら俺は満足するぜ

言えよ こういうものがほしい

お金じゃ買えないものよって

金には大してこだわらねぇよ

愛は買えねぇしな

愛は買えない 愛は

愛は金じゃ買えねぇのさ

和訳のチェックポイント(単語・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず

I’ll buy you a diamond ring, my friend

大切な君にダイヤモンドの指輪を買ってあげよう

If it makes you feel all right

それで気分が良くなるなら

I’ll get you anything, my friend

何でも買ってやるぜ

If it makes you feel all right

それで気分が良くなるなら

‘Cause I don’t care too much for money

金なんてそれほど大切じゃねぇよ

単語は

  • make 人 V「人にVさせる」
  • care for「~を大事に思う」

「my friend」に関しては「大切な君」と補足するように訳した。

サビの部分は

Money can’t buy me love

愛は金じゃ買えないのさ

直訳すると「お金は僕に愛を買い与えることはできない」という意。

世界的に大人気となったビートルズが歌うからこそ、内容に説得力のある歌詞ともいえる。

I’ll give you all I’ve got to give

与えるべきモンは何だってやるさ

If you say you love me, too

俺のこと愛してるって言うなら

I may not have a lot to give

大してないかもしれねぇけど

But what I’ve got I’ll give to you

俺がもってるモンなら君にあげるぜ

単語は

  • have got to(=have to)

「all I’ve got to give 」に関しては

  • all [ I’ve got to give ]

と括ると解りやすいかもしれない。

「what I’ve got」は名詞節を導く「what」なので「既に僕がもっているもの」という意味。

Can’t buy me love

愛はお金じゃ買えないよ

Everybody tells me so

誰もが俺にそう言うぜ

Can’t buy me love

愛は金じゃ買えない

No, no, no, no

無理無理 買えねぇな

「Yes / No」の使い方は、英語と日本語で反転するのため注意。

ここでは「Can’t buy me love」を否定してるのでなく、肯定する意(No, It can’t buy me love)訳では「絶対に買えない」と強調した。

Say you don’t need no diamond rings

ダイヤの指輪なんて要らないって言えよ

And I’ll be satisfied

そしたら俺は満足するぜ

Tell me that you want the kind of things

言えよ こういうものがほしい

That money just can’t buy

お金じゃ買えないものよって

単語は

  • satisfied「満足する」
  • the kind of things「こういう感じのもの・こと」

「the kind of things」の内容が「that」以下に続くという流れになっている。

和訳した感想

ということで今回はBeatles(ビートルズ)の

  • Can’t Buy Me Love(キャント・バイ・ミー・ラヴ)

の歌詞を和訳しました。

ビートルズには様々な名曲がありますが、特にこの曲の印象的なサビが好きだという人も多いかもしれませんね。

ビートルズ解散後も、ポール・マッカートニーは「Can’t Buy Me Love」を自身のライブで披露しています。

こちらの動画は、2018年9月にニューヨークのグランド・セントラル駅構内で行われたスペシャル・ミニライブ映像です。

このとき76歳とは思えない歌いっぷりで、まさに生きる伝説といっても過言ではないでしょう。

error: Content is protected !!