洋楽日和

聞いて、読んで、楽しんで

『Elastic Heart』Sia 歌詞和訳|『エラスティック・ハート』シーア

今回は、Sia(シーア)の

  • Elastic Heart(エラスティック・ハート)

を和訳します。

「Elastic」という単語は

  • 柔軟な
  • しなやかな
  • 容易に屈しない

という意味があります。

この曲は2013年に公開された映画『ハンガー・ゲーム2』のために作られた曲で、戦いをテーマに男女の関係を彷彿させる歌詞となっています。

Sia(シーア)とは?

Sia(シーア)は、1975年生まれのオーストラリアの歌手・ソングライターである。

1990年代中期、アシッドジャズバンド・クリスプのボーカルとして活動し、1997年にバンド解散した。

2011年人気DJデヴィッド・ゲッタとのコラボ曲『タイタニウム』が大ヒット。

2012年、ニーヨと共作した『Let Me Love You (Until You Learn to Love Yourself)」が全英シングルチャートで1位を獲得。

[itemlink post_id="3484"]

2014年、6枚目のアルバム『1000 フォームズ・オブ・フィアー』を発表。

『シャンデリア』が世界的ヒットとなり、グラミー賞において最優秀レコード賞を含む4部門にノミネートされた。

[itemlink post_id="3493"]

Elastic Heart(エラスティック・ハート)という曲について

Elastic Heart(エラスティック・ハート)は、2013年に映画『ハンガー・ゲーム2』の主題歌として使われた楽曲。

[itemlink post_id="3514"]

その後、2014年にSia(シーア)のアルバム「1000 Forms of Fear」に収録された。

また、ソロバージョンが2015年にリリースされている。

[itemlink post_id="3485"]

MVは『シャンデリア』『ビッグ・ガールズ・クライ』にも出演したマディー・ジーグラーが、俳優のシャイア・ラブーフと鳥かごの中で格闘するというもの。

このMVの内容は、色々と物議を醸した。

Elastic Heart(エラスティック・ハート)の歌詞

And another one bites the dust
Oh, why can I not conquer love?
And I might have thought that we were one
Wanted to fight this war without weapons
And I wanted it, I wanted it bad
But there were so many red flags
Now another one bites the dust
Yeah, let's be clear, I'll trust no one

You did not break me
I'm still fighting for peace

Well, I've got thick skin and an elastic heart
But your blade, it might be too sharp
I'm like a rubber band until you pull too hard
But I may snap when I move fast
But you won't see me fall apart
'Cause I've got an elastic heart

I've got an elastic heart
Yeah, I've got an elastic heart

And I will stay up through the night
Yeah, let's be clear, won't close my eyes
And I know that I can survive
I'll walk through fire to save my life
And I want it, I want my life so bad
I'm doin' everything I can
And another one bites the dust
It's hard to lose a chosen one

You did not break me
I'm still fighting for peace

Well, I've got thick skin and an elastic heart
But your blade, it might be too sharp
I'm like a rubber band until you pull too hard
But I may snap when I move fast
But you won't see me fall apart
'Cause I've got an elastic heart

Oh, oh, oh-oh-oh-oh
Oh, oh, oh
Oh, oh, oh-oh-oh-oh
Oh, oh, oh

Well, I've got thick skin and an elastic heart
But your blade, it might be too sharp
I'm like a rubber band until you pull too hard
But I may snap when I move fast
But you won't see me fall apart
'Cause I've got an elastic heart
Well, I've got thick skin and an elastic heart
But your blade, it might be too sharp
I'm like a rubber band until you pull too hard
But I may snap when I move fast
But you won't see me fall apart
'Cause I've got an elastic heart
I've got an elastic heart

Elastic Heart(エラスティック・ハート)の和訳

また一人 死んでゆく

ああ どうして愛を征服できないの?

二人は一つだって 思っていたかもしれない

戦いたかった この戦争は武器を使わずに

望んでた すごく望んでた

でも赤い旗があまりにも多くて

今 また一人死んでゆくから

そう ハッキリさせよう もう誰も信じない

あなたは私を打ちのめさなかった

だから まだ平和のために戦っている

私は打たれ強く 不屈の心を手に入れた 

でもあなたの剣は 尖すぎるのかな

限界まで 私はゴムのように伸びる

多分 パチンと弾けて飛んでゆく

でも私がバラバラになるのを あなたは見たくない

だって私は 不屈の心をもってるから

不屈の心を手に入れた

どんな苦難にも屈しない 強い心を手に入れたの

サビ繰り返し

夜通し起きて

ハッキリさせよう 目を閉じたくない

私は生き残ると思う

困難を乗り越えて 自分の命を救うの

生きたい すごく生きたいの

できることは すべてしてる

また一人 死んでゆく

選ばれし者を失うのは 辛い

サビ繰り返し

和訳のチェックポイント(単語・文法解説など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

And another one bites the dust

また一人 死んでゆく

Oh, why can I not conquer love?

ああ どうして愛を征服できないの?

And I might have thought that we were one

二人は一つだって 思っていたかもしれない

出だしは

  • bites the dust「死ぬ、負ける、倒される」

という意味のイディオム(顔から倒れて、土埃を噛むような状態)である。

また

  • another one bites the dust

に関してはQueen(クイーン)に同名の曲があるのでオマージュ的な意味合いが込められているかもしれない。

ちなみにこの曲の放題は「地獄への道連れ」(自分が倒れるだけでなく「another(もうひとり別の誰か)」が倒れる=「道連れ」)

  • conquer「征服する」
  • might have 過去分詞「~だったかもしれない」

である。

Wanted to fight this war without weapons

戦いたかった この戦争は武器を使わずに

And I wanted it, I wanted it bad

望んでた すごく望んでいた

But there were so many red flags

でも赤い旗があまりにも多くて

Now another one bites the dust

今 また一人死んでゆくから

Yeah, let's be clear, I'll trust no one

そう ハッキリさせよう もう誰も信じない

「I wanted it bad」の「bad」は

  • すごく

という意(「悪い」ではない)

ここでは「I」と「you」の関係性を「戦い」になぞらえているような歌詞なので「it」の内容は二人の関係性を指す(=つまり一緒にいたかった)が

  • red flags「赤い旗」
  • =(危険信号としての)赤旗

があまりに多いので、それを諦めて「I'll trust no one(もう誰も信じない)」という流れになる。

You did not break me

あなたは私を打ちのめさなかった

I'm still fighting for peace

だから まだ平和のために戦っている

つらい状況に陥っても、自分はまだ倒れていない(戦える状況)である。

その理由として、以下サビへと流れていく。

Well, I've got thick skin and an elastic heart

私は打たれ強く 不屈の心を手に入れた 

ここでいう

  • thick skin「厚い皮膚」

は日本語で言う「面の皮が厚い」とは異なり「打たれ強い」というポジティブなニュアンスがある。

また「elastic」という単語は

  • 弾力のある
  • しなやかな
  • 容易に屈しない

という意味をもつ。

ここではギリギリの状況でも挫けない自分の心を指していると考えたので「不屈の」と訳した。

「 thick skin and an elastic heart」をもち、誰も信じないと言い切ってる歌い手に対し

But your blade, it might be too sharp

でもあなたの剣は 尖すぎるのかな

つまりガードが固く強くて揺らぎにくい自分の心を鋭く切り開く存在が、あなただという流れだと解釈した。

I'm like a rubber band until you pull too hard

限界まで 私はゴムのように伸びる

But I may snap when I move fast

多分 パチンと弾けて飛んでゆく

単語は

  • rubber「ゴム」
  • snap「(パチンと)音を立てて切れる」
  • fall apart「バラバラになる、崩壊する」

である。

「I'm like a rubber band until you pull too hard」は「あなたに強く引っ張られるまではゴムのように伸びる」

つまり、限界まで引っ張りすぎるとゴムのように切れてしまう。

しかし切れる手前でも、ゴムのようにパチンと弾けて飛んでいく(=あなたの側から離れていく)

だからといって長い時間、飛ばさずに引っ張ってもゴムのように摩耗し、いつかは切れてバラバラになってしまう(=結局は駄目になってしまう)

But you won't see me fall apart

でも私がバラバラになるのを あなたは見たくない

'Cause I've got an elastic heart

だって私は 不屈の心をもってるから

しかしそんな私をあなたは見たがらない。

なぜなら「an elastic heart」をもっているのが私であるから(=バラバラになってしまったら自分のアイデンティティがそれこそ崩れてしまうから)

「an elastic heart」をもってる、と繰り返すことで「自分は強い」と言い聞かせてるような流れだと解釈した。

And I will stay up through the night

夜通し起きて

Yeah, let's be clear, won't close my eyes

ハッキリさせよう 目を閉じたくない

And I know that I can survive

私は生き残ると思う

I'll walk through fire to save my life

困難を乗り越えて 自分の命を救うの

And I want it, I want my life so bad

生きたい すごく生きたいの

I'm doin' everything I can

できることは すべてしてる

And another one bites the dust

また一人 死んでゆく

It's hard to lose a chosen one

選ばれし者を失うのは 辛い

単語は

  • walk through fire「困難を乗り越える」
  • so bad「どうしても、すごく」

「It's hard to lose a chosen one」は自分が愛すると決めた人を失うのは辛いという意。

加えてこの曲が映画の挿入歌であることを想定すると、この歌詞全体を含めて物語の内容に沿っているのかもしれない。

まとめ

ということで今回は、Sia(シーア)の

  • Elastic Heart(エラスティック・ハート)

を和訳しました。

和訳してみたものの少し消化不良というか。

ハンガー・ゲーム2』を見ていないと難しいのかなと思う部分がありました。

MVに関しては賛否両論あるみたいですが、少しグロテスクな感じもしますね、こういった作品は線引が難しいです。

マディー・ジーグラーもすっかり大きくなっていて。

当時は12歳なんですよね。