洋楽日和

聞いて、読んで、楽しんで

『Hey Brother』Avicii 歌詞和訳|『ヘイ・ブラザー』アヴィーチー

今回は、Avicii(アヴィーチー)の

  • Hey Brother(ヘイ・ブラザー)

という曲を和訳します。

この曲は、2000年に公開されたコーエン兄弟の映画「オー・ブラザー!(O Brother, Where Art Thou?)」からインスピレーションを受けて作られたそうです。

[itemlink post_id="3354"]

またMVでは、ベトナム戦時中に父親を亡くした弟を父親代わりとして守る兄の姿が描かれています。

実際、アヴィーチーは末っ子で兄と姉がいます。

Avicii(アヴィーチー)とは?

Avicii(アヴィーチー)は、スウェーデン出身の音楽プロデューサー・DJ。

Aviciiというアーティスト名は、サンスクリット語で「無間地獄」を意味するavīciに由来する。

母親は女優のアンキ・リデン。

18歳から曲を書きリミックスを手掛けるなど本格的に音楽活動を開始し、ブログにて楽曲を発表していく。

2013年6月にデビューアルバム「True」をリリース。

先行シングル「Wake Me Up」は、瞬く間に全英で1位を獲得した。

[itemlink post_id="3344"]

過度な飲酒で健康面での不安を抱えており、2016年にはDJ活動の引退を宣言する。

2018年4月20日、滞在していたオマーンのマスカットにて死去。

自殺だったことを示唆する遺族の声明によると

あまりにも完璧主義者であることから、世界中を旅するなかで心の中に平和を見つけることができずに、極度のストレスを抱えていました。(中略)物事の意味、人生、幸せについて考えることと闘っていました。しかしこれ以上続けることはできなかったのです。平和を見つけたかったのです。

享年28歳という若さだった。

Hey Brother(ヘイ・ブラザー)という曲について

Hey Brother(ヘイ・ブラザー)はAvicii(アヴィーチー)のデビューアルバムに収録されている。

ボーカルを務めるのは、アメリカのブルーグラス系歌手ダン・ティミンスキーである。

3枚目のシングルとしてリリースもされた。

[itemlink post_id="3353"]

MVでは戦時下のアメリカに育つ兄弟の姿を描いており、ベトナム戦争の写真や映像などが合間に使われている。

Hey Brother(ヘイ・ブラザー)の歌詞

Hey brother! There's an endless road to rediscover
Hey sister! Know the water's sweet but blood is thicker
Oh, if the sky comes falling down, for you
There's nothing in this world I wouldn't do

Hey brother! Do you still believe in one another?
Hey sister! Do you still believe in love? I wonder
Oh, if the sky comes falling down, for you
There's nothing in this world I wouldn't do

What if I'm far from home?
Oh brother, I will hear you call!
What if I lose it all?
Oh sister, I will help you out
Oh, if the sky comes falling down, for you
There's nothing in this world I wouldn't do

Hey brother! There's an endless road to rediscover
Hey sister! Do you still believe in love? I wonder
Oh, if the sky comes falling down, for you
There's nothing in this world I wouldn't do

What if I'm far from home?
Oh brother, I will hear you call!
What if I lose it all?
Oh sister, I will help you out
Oh, if the sky comes falling down, for you
There's nothing in this world I wouldn't do

Hey Brother(ヘイ・ブラザー)の歌詞和訳

なぁ弟よ 新たな発見に満ちた 終わりなき道がある

なぁ妹よ その水がどんなに甘くても 血は水よりも濃いんだ

もし空が落ちてきても お前たちのためなら

俺は何だってできるんだ

なぁ弟よ まだ互いに信じあっているか?

なぁ妹よ まだ愛を信じているか?

もし空が落ちてきても お前たちのためなら

俺は何だってできるんだ

たとえ故郷から遠く離れていても

ああ 弟よ お前の呼ぶ声が聞こえるよ

たとえ全てを失っても

ああ 妹よ 俺はお前を助け出す

もし空が落ちてきても お前たちのためなら

俺は何だってできるんだ

サビ繰り返し

和訳のチェックポイント(文法・単語など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

また一般的に「brother」や「sister」には自分より年長の「兄」「姉」も含まれるが、ここでは歌詞の内容や文脈を踏まえて自分より若い「弟」「妹」への呼びかけとして和訳した。

Hey brother! There's an endless road to rediscover

なぁ弟よ 新たな発見に満ちた 終わりなき道がある

Hey sister! Know the water's sweet but blood is thicker

なぁ妹よ その水がどんなに甘くても 血は水よりも濃いんだ

単語は

  • endless「終わりなき」
  • rediscover「再発見する、再評価する」

「an endless road to rediscover」は人生の酸いも甘いも経験した立場から、過去(=歩んできた人生という辛い道)は違う見方で振り返ったときに、新しい発見があるものだ(=違う見方がいくらでもできる)という達観した教えと解釈した。

「Blood is thicker than water(血は水よりも濃い)」は友人との関係よりも、家族との関係のほうが重要であるという慣用表現である。

どんなに他人と良い関係を気づいていても、家族が大切だということ。

Oh, if the sky comes falling down, for you

もし空が落ちてきても お前たちのためなら

There's nothing in this world I wouldn't do

俺は何だってできるんだ

「There's nothing in this world I wouldn't do」は「この世界で俺がやろうとしないことは何もない」つまりは「なんでもやる」ということ。

世界が崩壊するような危機に見舞われたら、お前たちを守るために俺はなんだってする(=それくらいに愛している)という意。

Hey brother! Do you still believe in one another?

なぁ弟よ まだ互いに信じあっているか?

Hey sister! Do you still believe in love? I wonder

なぁ妹よ まだ愛を信じているか?

単語は

  • one another「お互い」
  • I wonder(文末で)「~かな?」

ここで示唆される「信頼」や「愛」への懐疑は、文脈から自分と弟妹達との仲を疑うというよりも、この世界で他者と関係を築き、愛し愛されることへの語り手の懐疑を表していると解釈した。

つまり(血のつながらない)他人をそこまで信用できるのか、という問いかけに近い。

What if I'm far from home?

たとえ故郷から遠く離れていても

Oh brother, I will hear you call!

ああ 弟よ お前の呼ぶ声が聞こえるよ

What if I lose it all?

たとえ全てを失っても

Oh sister, I will help you out

ああ 妹よ 俺はお前を助け出す

単語は

  • far from「ずっと遠く」
  • What if~「たとえ~でも構うものか」

スーパーマンのように、愛する妹や弟たちをどんな犠牲を払っても助けに行く(=それほど愛してる)という様。

和訳した感想

ということで今回は、Avicii(アヴィーチー)の

  • Hey Brother(ヘイ・ブラザー)

を和訳しました。

ちなみに歌い手のダン・ティミンスキーはブルーグラスという音楽ジャンルの歌手です。

ブルーグラスとは、スコッチ・アイリッシュの伝承音楽をベースにしたアコースティック音楽の一ジャンルになります。

人生の苦さを経験した語り手(=他者を信頼することにどこか懐疑的)が、何よりも弟妹を大切に思っている。

そんな情景が浮かんでくる歌詞でした。

[itemlink post_id="3355"]