洋楽日和

聞いて、読んで、楽しんで

『Liquor Store Blues』Bruno Mars 歌詞和訳|『リカー・ストア・ブルース』ブルーノ・マーズ

今回の記事では、Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)の

  • Liquor Store Blues(リカー・ストア・ブルース)

という曲を和訳したいと思います。

  • liquor「酒」

なので「Liquor Store(酒屋)」という意味になります。

ブルースは19世紀、アフリカ系アメリカ人から発生した音楽の一種です。

奴隷として抑圧されてた黒人たちが、産み出した悲哀の音楽と呼ぶと暗い印象ですが

  • 陽気
  • 明るい

といった曲調で、哀しみを包み込んでいるのがブルースの特徴になります。

Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)とは?

本名はピーター・ジーン・ヘルナンデス。

1985年アメリカ合衆国ハワイ州生まれの歌手である。

2歳の時に「ブルーノ」とあだ名を付けられて以来、ブルーノ・ヘルナンデスをステージネームとしていた。

2010年に発売した「Just the Way You Are」が大ヒット。

2011年、2014年にグラミー賞を受賞している人気シンガーである。

[itemlink post_id="239"]

Liquor Store Blues(リカー・ストア・ブルース)という曲について

Liquor Store Blues(リカー・ストア・ブルース)は、彼のデビュー・アルバム「Doo-wops & Fooligans」に収録されている曲の1つ。

[itemlink post_id="698"]

こちらは、ジャマイカのDamian Marley(ダミアン・マーリー)とのコラボ曲になります。

ちなみにダミアンの父親は、あのボブ・マーリーなのだとか。

https://www.youtube.com/watch?v=1iBm60uJXvs

Liquor Store Blues(リカー・ストア・ブルース)の歌詞

Standing at this liquor store Whiskey coming through my pores Feeling like I run this whole block Lotto tickets cheap beer That's why you can catch me here Tryna scratch my way up to the top 'Cause my job got me going nowhere So I ain't got a thing to lose Take me to a place where I don't care This is me and my liquor store blues I'll take one shot for my pain One drag for my sorrow Get messed up today I'll be ok tomorrow One shot for my pain One drag for my sorrow Get messed up today I'll be ok tomorrow Me and my guitar tonight Singing to the city lights Tryna live on more than what I got 'Cause '68 cents ain't gonna pay the rent So I'll be out here 'til they call the cops 'Cause my job got me going nowhere So I ain't got a thing to lose Take me to a place where I don't care This is me and my liquor store blues I'll take one shot for my pain One drag for my sorrow Get messed up today I'll be ok tomorrow One shot for my pain One drag for my sorrow Get messed up today I'll be ok tomorrow Here comes Junior Gong, I'm flying high like Superman And thinking that I run the whole block I don't know if it's just because pineapple kush between my jaws Has got me feeling like I'm on top Feeling like I woulda stand up to the cops And stand up to the big guys, because de whole lot a dem saps All de talk dem a talk and dem fly make no drop Nuff ghetto youth cannot escape the trap Give me this one shot for my pain One drag for my sorrow Get messed up today I'll be ok tomorrow One shot for my pain One drag for my sorrow Get messed up today I'll be ok tomorrow Now greetings to the world You best believe

Liquor Store Blues(リカー・ストア・ブルース)の歌詞和訳

この酒屋に俺は立っていて ウイスキーが毛穴から染み込んできて 感じてんだ ここら一帯は俺のシマのようだって 宝クジに 安いビール だから ここならアンタも俺をつかまえられるぜ 宝くじ削って 頂点目指してんだ * だって俺の仕事にゃ 先がねぇんだ だから失うものだってねぇ 俺を連れてってくれ どこだって構わないぜ これが俺 俺のリカーストアブルース * ショットを一杯 俺の痛みに クスリを一回 俺の哀しみに もう駄目だ 今日は 大丈夫さ 明日になれば ショットを一杯 俺の痛みに クスリを一回 俺の哀しみに もう駄目だ 今日は 大丈夫さ 明日になれば * 俺とこのギターで今宵 歌うぜ 街の灯りにむかって 今の稼ぎじゃ満足なんて到底できねぇ だって68セントだぜ 家賃すら払えねぇ だから 俺はここにいる 誰かがサツを呼ぶまでな * サビ繰り返し * Damian Marley: さぁ ジュニアゴングのお出ましだ 高く飛ぶぜ スーパーマンみたいに 感じてんだ ここら一帯は全部俺のモンみたいに わかんねぇよ 単に俺が咥えてるハッパのせいで てっぺん取った気にさせられてるかなんてよ * 感じてんだ サツの言いなりなんてならなかった 歯向かってやる頭でっかちのやろうどもあいつら全員おマヌケの… どいつもこいつも口ばっかで何もしねぇ何も… たくさんいるスラムの若い奴らこの罠から逃げられねぇ… * サビ繰り返し

[sc name="translation-check"]

以下、気になった部分を確認していきたい。

まず

Standing at this liquor store この酒屋に俺は立っていて Whiskey coming through my pores ウイスキーが毛穴から染み込んできて Feeling like I run this whole block 感じてんだ ここら一帯は俺のシマのようだって

単語は

  • pore「毛穴」
  • run「支配する、運営する」

できるだけ粗野なニュアンスで訳すように心がけた。

サビ部分の

Get messed up today もう駄目だ 今日は

の部分は

  • be messed up「めちゃくちゃだ」

という意味である。

歌の途中で出てくる

  • Junior Gong(ジュニアゴング)

というのは、パートの歌い手であるダミアン・マーリーのあだ名である。

I'm flying high like Superman 高く飛ぶぜ スーパーマンみたいに

はクスリでハイになっているのを例えており、かつ社会のどん底で嘆く男という文脈との対照から痛烈なアイロニーとして響く。

I don't know if it's just because pineapple kush between my jaws わかんねぇよ 単に俺が咥えてるハッパのせいで Has got me feeling like I'm on top てっぺん取った気にさせられてるかなんてよ

単語は

  • pineapple kush(薬物の一種)
  • between my jaws「咥える」

ここでの「if」は「もし」ではなく「~かどうか」という名詞節を導いていると解釈。

「because」の中身は

  • pineapple kush between my jaws(S')
  • has got(V’)
  • me(O')
  • feeling(C')

で「get 人 ~ing」は

  • 「人に~させる」

という使役の意味をもつ。

And stand up to the big guys, because de whole lot a dem saps 歯向かってやる頭でっかちのやろうどもあいつら全員おマヌケの… All de talk dem a talk and dem fly make no drop どいつもこいつも口ばっかで何もしねぇ何も… Nuff ghetto youth cannot escape the trap たくさんいるスラムの若い奴らこの罠から逃げられねぇ…

の単語は

  • stand up to「抵抗する」
  • sap「まぬけ」
  • no drop「わずかな恵みすらない」
  • Nuff「たくさんの(enough)」

次第にろれつが回らなくなり、文が乱れて朦朧としている様子が読み取れる。

訳してみた感想

ということで今回はBruno Mars(ブルーノ・マーズ)の

  • Liquor Store Blues(リカー・ストア・ブルース)

を訳してみました。

ネガティブで暗い内容の歌詞ではありますが、陽気に聞ける酒飲みのブルースです。

ブルース・マーズはレゲエもいけちゃう。

この曲と「Talking to The Moon」みたいなバラードを同じアルバムに詰めちゃう器用さに、ただただ脱帽するばかりです。

[kanren id="692"]