洋楽日和

聞いて、読んで、楽しんで

『Moonshine』Bruno Mars 歌詞和訳|『ムーンシャイン』ブルーノ・マーズ

今回の記事では、Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)の

  • Moonshine(ムーンシャイン)

の歌詞和訳をしたいと思います。

実は様々な解釈ができる、訳していて素直に面白いと感じる歌詞でした。

Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)って?

本名はピーター・ジーン・ヘルナンデス。

1985年アメリカ合衆国ハワイ州生まれの歌手である。

2歳の時に「ブルーノ」とあだ名を付けられて以来、ブルーノ・ヘルナンデスをステージネームとしていた。

2010年に発売した「Just the Way You Are」が大ヒット。

2011年、2014年にグラミー賞を受賞している人気シンガーである。

[itemlink post_id="239"]

Moonshine(ムーンシャイン)という曲について

Moonshine(ムーンシャイン)は、2012年に発表されたセカンドアルバム『UNORTHODOX JUKEBOX』に収録されている1曲。

アルバム曲ではあるが、ファンからの人気も高いオシャレな1曲。

どこか80年代のディスコメロディを彷彿させる。

[itemlink post_id="673"]

https://youtu.be/a7yFkCMGrLY

Moonshine(ムーンシャイン)の歌詞

Hello You know you look even better than the way you did now before And the moment that you kissed my lips you know I started to feel wonderful It's something incredible, there's sex in your chemicals Oh, let's go You're the best way I know to escape the extraordinary This world ain't for you, and I know for damn sure this world ain't for me Lift off and say goodbye Just let your fire set me free Moonshine, take us to the stars tonight Take us to that special place That place we went the last time, the last time I know, I was with you last night but it feels like it's been so long And everybody that's around they know that I'm not myself when you gone It's good to see you again, good to see you again On top of the world, is where I stand when you're back in my life Life's not so bad when you're way up this high Everything is alright, everything is alright Moonshine, take us to the stars tonight Take us to that special place That place we went the last time, the last time, oh Moonshine, your love it makes me come alive Take us to that special place That place we went the last time, the last time Tu-ru-tu don't you never look back We are not afraid to die young and live fast Give me good times, give me love, give me laughs Let's take a ride to the sky before the night is gone Moonshine, take us to the stars tonight Take us to that special place That place we went the last time, the last time, oh Moonshine, your love it makes me come alive Take us to that special place That place we went the last time, the last time

Moonshine(ムーンシャイン)の歌詞和訳

やあ 随分とキレイだね 前に会ったときよりずっと 君が口付けた途端 最高の気分が始まった 何というか驚きだ 君の化学物質には性があるんだ さあ いこう 君が1番だって分かってる 嫌なことから逃れるには 君のための世界でも 当然 僕のための世界でもない こんな場所から飛び立って 別れを告げよう 君の炎で 僕を解放しておくれ * ムーンシャイン 星のもとに連れてって今夜 あの特別な場所へ 僕たちを 2人で最後に訪れた あの場所に * 昨晩 一緒にいたね でもうんと昔みたいだ 周りのやつらは皆わかってる 僕は正気でいられない 君がいなくなったら また会えて嬉しい また会えて嬉しいよ 世界の頂点に僕は立つ 君が戻ってくるならば 人生そんなに悪くない こんなにも昇ってしまえば 大丈夫 すべてが順調さ * ムーンシャイン 星のもとに連れてって今夜 あの特別な場所へ 僕たちを 2人で最後に訪れた あの場所に ムーンシャイン 君の愛が僕を生かす あの特別な場所へ 僕たちを 2人で最後に訪れた あの場所に * 下を見ちゃダメさ 決して振り返らないで 君となら早死にも恐れず 人生を駆け抜けるんだ 素敵な時間を 愛を 笑いを 僕に与えてくれ 空へ飛び出そう 夜が終わる前に * サビ繰り返し

[sc name="translation-check"]

まず曲のタイトルである「Moonshine」に

  • 密造酒
  • 馬鹿らしい考え

という意味があることを確認しておきたい。

※聞き手に月明かりを想起させる歌詞でもあるが、あくまで月光は「Moon Light」だ。

「酒を女性に例えた歌」という評もみられ、タイトルに複数の意味が込められていることを考慮し

  • ムーンシャイン

とあえてカタカナ語に訳した。

そのため「I(僕)」が語る「you」は

  • 愛する女

という二重の意味をもって「君」と訳することに決めた。

以上を踏まえて、次に気になった点をまとめていく。

You know you look even better than the way you did now before 随分とキレイだね 前に会ったときよりずっと And the moment that you kissed my lips you know I started to feel wonderful 君が口付けた途端 最高の気分が始まった

単語は

  • even(強調)
  • did(=look)
  • the moment that(~の途端に)

男性が女性を褒めて口づけへ…という描写に重ねて、大好きなお酒を前に高揚している姿をも想起できる出だしである。

It's something incredible, there's sex in your chemicals 何というか驚きだ 君の化学物質には性があるんだ

単語は

  • incredible「驚嘆すべき」
  • chemicals「化学物質」

単に愛する女性との「sex」を語る歌詞にも見えるが、酒の美味さに驚嘆し性的興奮すら感じるよ、と語っているようにも読める。

You're the best way I know to escape the extraordinary 君が1番だって分かってる 嫌なことから逃れるには

単語は

  • escape「~から逃れる」
  • the 形容詞=名詞化
  • extraordinary「異常な」

他動詞の「escape」の後ろに来るのは、逃れるべき対象になる。

「the+形容詞」は「~人々」ではなく、ここでは「~なこと」という抽象名詞化と考えた。

意訳になってしまったが

  • 逃れたい
  • 異常事態
  • 酒に逃げてる

という状況から、単純に「嫌なこと」と簡素に訳した。

Lift off and say goodbye こんな場所から飛び立って 別れを告げよう

「こんな場所」というのは補足だが、前文で

This world ain't for you, and I know for damn sure this world ain't for me 君のための世界でも 当然 僕のための世界でもない

と否定しているので、こんな世界からはロケットのように

  • lift off「離陸する」

したいと願っているのだ、と解釈した。

さらに

Just let your fire set me free 君の炎で 僕を解放しておくれ

と「炎」を持ち出してる点で、自らをロケットのような飛行物に例えていると解釈できる。

また

  • 酒(激しく燃えるもの)
  • =自分にとっての燃料

といった解釈で、お酒を呑むことで文字通りハイになることを望んでる描写ともとれる。

サビ部分は

Moonshine, take us to the stars tonight ムーンシャイン 星のもとに連れてって今夜 Take us to that special place あの特別な場所へ 僕たちを

月明かりに導かれ、二人の思い出の場所へ仲良く飛び立つ男女を思い浮かべるサビだ

  • ムーンシャイン=酒

と考えると、意識が現実からトリップしてる様子とも読める。

  • 天に向かう
  • =死に近づいてる

と解釈もでき、走馬灯のように良い思い出に浸っている様と解釈もできるだろう。

また

That place we went the last time, the last time 2人で最後に訪れた あの場所に

は特に愛する「女性」との思い出を語るフレーズという印象を強く受ける。

ここで深読みなのだが、これはもしかすると

  • 愛する女性と別れた男

が寂しさに負けて酒に溺れた歌なのではないだろうか?

さらに酒を愛する女に見立て、一緒に空に飛び立つ「妄想(トリップ)」をしてると考えると

  • ムーンシャイン
  • 馬鹿らしい考え

という第三の意味が浮上してくる。

続く、次の歌詞だ。

I know, I was with you last night but it feels like it's been so long 昨晩 一緒にいたね でもうんと昔みたいだ

歌詞を文字通りに受け取ることもできるし

  • 本当に最後に会ったのはうんと昔

なのに昨晩も酒を呑んで、別れた彼女に会えた気になってるとも読める。

And everybody that's around they know 周りのやつらは皆わかってる that I'm not myself when you gone 僕は正気でいられない 君がいなくなったら

つまり本当に

  • 愛する女(you)と別れる
  • =正気を失う
  • 酒(you)に依存する

そして結局、酒(you)がないと正気でいられないという堂々巡りにハマってしまったといえる。

It's good to see you again, good to see you again また会えて嬉しい また会えて嬉しいよ

お酒をまた飲める嬉しさ…

酔うことで(おそらく別れた)彼女にまた会えたと自分をだませる嬉しさと解釈できる。

Life's not so bad when you're way up this high 人生そんなに悪くない こんなにも昇っちゃえば

単語は

  • way「はるかに、うんと」(副詞)

ロケットのように空へと飛び立って、うんと高いところまで昇るというイメージ。

加えて

  • 酒が体に巡る

ことでアルコールの吸収速度が加速し、血中濃度が「上昇」してる様子を表してるとも読める。

We are not afraid to die young and live fast 君となら早死にも恐れず 人生を駆け抜けるんだ

という部分は、女性への愛を語っているようにもみえるが、やはりアルコール依存症のまま体を壊しても構わないと示唆してるようにも受け取れるだろう。

訳してみた感想

ということで今回はブルーノ・マーズ

  • Moonshine(ムーンシャイン)

を訳してみました。

少し解釈がややこしくなったのでまとめてみると、タイトルの「Moonshine」は

  • 月明かり
  • 密造酒
  • 馬鹿らしい考え

という3つの意をもち得ており、この曲も3層の見方ができるというものです。

1つ目は

  • 愛する女性が目の前にいる
  • 彼女を愛してる
  • 二人で一緒に空へ飛び立とう

といったロマンチックな内容で「Moonshine」は「月明かり」の役割を果たして響きます。

2つ目は

といった具合に「酒」を「女」に見立てた曲で「Moonshine」は「お酒」を示唆します。

3つ目は、アルコール依存症の男の背景として

  • 別れた女がいる
  • 今でも彼女に未練がある
  • 酒を呑んで毎晩現実逃避している

という解釈を加えたものです。

つまり、誰もが曲を聴いて最初に思い浮かべる1つ目のロマンチックな解釈は

  • 男の「Moonshine」
  • =馬鹿げた考え

だったというオチが付き、かなり悲哀を帯びた失恋ソングになります。

男が空に昇りたがる点から愛する女と「別れた」のではなく

  • 死んだ
  • =天に召された
  • =自分も死にたい

とアルコールに溺れ、空に昇ることで再び「彼女との思い出の場所」に行こうと考えてる解釈を加えても面白いです。

(が、根拠に乏しく飛躍しすぎの超解釈かな)

歌詞の解釈に正解はありません。

が、私としてはこれらを考慮してどのようにも解釈できるシンプルな和訳になるよう努めました。

和訳したことで、よりこの曲の魅力に気づけてよかったです。

歌詞だけでなく、メロディーもどこか80年代ディスコ風という感じで耳に残りやすいですね。