洋楽日和

聞いて、読んで、楽しんで

『New Romantics』Taylor Swift 歌詞和訳|『ニュー・ロマンティックス』テイラー・スウィフト

今回は、Taylor Swift(テイラー・スウィフト)の

  • New Romantics(ニュー・ロマンティックス)

の歌詞を和訳したいと思います。

タイトルの「New Romantics」は文学における

  • ロマン派(Romantics)

から着想を得たといわれています。

ロマン主義は、感情とりわけ「愛」を重要視して「恋愛賛美」を特徴の1つとしていました。

[itemlink post_id="1026"]

しかしこの曲で

  • 新しいロマン派(New Romantics)

なるものをテイラースイフトは打ち出します。

彼女と同じ(80~90年代に生まれた)女性たちが、盲目的な恋に溺れることなく

  • 主体的に恋のスリルを楽しむ

といった態度を「New Romantics」と題して、前向きに肯定するのです。

一言で説明するなら

THE肉食女子のテーマソング

といった感じになりますが、彼女の今までの曲を理解したうえで聴くと味わい深いものもあります。

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)って?

テイラー・スウィフト(Taylor Swift)はアメリカン合衆国のシンガーソングライター。

1989年12月13日生まれ。

2006年(17歳)でアルバム『Taylor Swift』をリリース。

[itemlink post_id="300"]

翌年の2007年、3枚目のシングル「Our Song」が大ヒットを記録、カントリーチャートで6週連続1位を記録した。

2008年には、セカンド・アルバム『Fearless』をリリース。

1週間で59万2000枚売り上げ、2009年の全米でトップセールスアルバムとなった。

[itemlink post_id="301"]

実体験を基にしたリアルな曲は、多くの女性ファンを魅了し、今もなお世界中のファンに愛されているアーティストの1人。

New Romantics(ニュー・ロマンティックス)という曲

テイラー・スウィフトの2014年にリリースされた5枚目のアルバム「1989」に収録されている楽曲の1つ

[itemlink post_id="1066"]

この曲は2016年、シングル曲として発売された。

日本でも「テラスハウス(シーズン2・3)」でOP曲として使用されていた。

https://youtu.be/wyK7YuwUWsU

New Romantics(ニュー・ロマンティックス)の歌詞

We're all bored We're all so tired of everything We wait for Trains that just aren't coming We show off Our different scarlet letters Trust me, mine is better We're so young But we're on the road to ruin We play dumb But we know exactly what we're doing We cry tears Of mascara in the bathroom Honey, life is just a classroom 'Cause, baby, I could build a castle Out of all the bricks they threw at me And every day is like a battle But every night with us is like a dream Baby, we're the new romantics Come on, come along with me Heart break is the national anthem We sing it proudly We are too busy dancing To get knocked off our feet Baby, we're the new romantics The best people in life are free We're all here the lights and boys are blinding We hang back It's all in the timing It's poker He can't see it in my face But I'm about to play my Ace We need love But all we want is danger We team up Then switch sides like a record changer The rumors Are terrible and cruel But, honey most of them are true 'Cause, baby, I could build a castle Out of all the bricks they threw at me And every day is like a battle But every night with us is like a dream Baby, we're the new romantics Come on, come along with me Heart break is the national anthem We sing it proudly We are too busy dancing To get knocked off our feet Baby, we're the new romantics The best people in life are free So come on, come along with me The best people in life are free Please take my hand and Please take me dancing and Please leave me stranded, it's so romantic (it's so romantic) 'Cause, baby, I could build a castle Out of all the bricks they threw at me And every day is like a battle But every night with us is like a dream 'Cause, baby, I could build a castle Out of all the bricks they threw at me And every day is like a battle But every night with us is like a dream Baby, we're the new romantics Come on, come along with me Heart break is the national anthem We sing it proudly We are too busy dancing To get knocked off our feet Baby, we're the new romantics The best people in life are free

New Romantics(ニュー・ロマンティックス)の歌詞和訳

私たちみんな退屈してるわ 何もかもに疲れ切ってる やって来ない電車をただ待ってるの 誰もがみんな恋の失敗をひけらかす 信じて 私の方がヤバイわよって * まだ若いのに 傷ついてばかりいて バカ演じてるけど 自分のしてることちゃんと解ってる お風呂の中 マスカラが涙と一緒に流れ落ちて ねぇ 人生ってただのクラスルームね * だって お城だって築けそう 人から投げつけられたレンガを積み上げて 毎日が闘いだわ でもみんなで一緒に過ごす夜は いつも夢の世界みたいよ * そう 私たちは新しい時代の夢見る乙女 来て 私と一緒に 失恋は国家よ 誇りをもって歌いなさい 踊るのに忙しすぎるから 1つの恋に溺れることはできないの そう 私たちは新時代の夢見る乙女 最高の人生を歩む人間は 自由なのよ * みんな来たわよ 光と音の洪水ね 私たち前には出ない タイミングがすべてだもの これはポーカー 彼に私の表情は読めてないけど 今から切り札 使うところよ * 私たちには愛が必要 でもスリルがすべて 意気投合しても レコードみたいに次から次へと切り替わる ウワサって恐ろしく残酷 でもね 大体はホントのことね * サビ繰り返し * さあ 私と来て 最高の人生を歩む人間は 自由なのよ * 手を取って ダンスに連れて行って 私を骨抜きにしたまま立ち去って それが恋に夢中ってこと(すごくロマンチックね) * サビ繰り返し

和訳チェックポイント(単語の意味・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

We're all bored 私たちみんな退屈してるわ We're all so tired of everything 何もかもに疲れ切ってる We wait for Trains that just aren't coming やって来ない電車をただ待ってるの

ここでいう「電車」は恋愛における

  • 白馬の王子様
  • ハッピーエンド

のメタファーといえる。

(お姫様のように)待っているだけでは刺激がなくて退屈するという恋愛の現実を端的に表す。

We show off Our different scarlet letters 誰もがみんな恋の失敗をひけらかすの

単語は

  • scarlet letters(緋文字)

「緋文字」とはナサニエル・ホーソーンによる19世紀のゴシック小説で

  • 姦通の罪を犯し
  • 父親を明かさずに出産した女性

が出てくる話から、恋に溺れて愛した男に体を許し罪を背負った(大失敗した)経験を指すと考えた。

[itemlink post_id="1033"]

ちなみにテイラー・スイフトは「Love Story」という曲の中でも

'Cause you were Romeo, I was a scarlet letter だって 貴方はロミオで 私は緋文字

といった具合に「scarlet letter」というキーワードを同様の意味で使用している。

[kanren id="967"]

Trust me, mine is better 信じて 私の方がヤバイわよって

はテイラー自身の言葉にも読めるし、女性たちが会話の中で「私の方が…」と互いに言い合ってる様子を描写してるともいえる。

言わずもがな

  • better「より良い」

という意だが、ここでは「凌ぐ、勝る」というニュアンスでかなりハードな恋愛してきたという解釈。

Honey, life is just a classroom ねぇ 人生ってただのクラスルームよ 'Cause, baby, I could build a castle だって お城だって築けそう Out of all the bricks they threw at me 人から投げつけられたレンガを積み上げて

「クラスルーム」は

  • 学びの場

であることから、失恋などを繰り返して絶えず新しいことを学習していく様を示す。

また、規律を重んじ逸脱を排す傾向があるので

を目立てば目立つほど(例えば派手な恋などをする女性などは)特に浴びやすい場だとも評してる。

単語は

  • built~out of「~から作られている」

という意味。

ただ、昼間は教室でレンガ(非難・嫉妬)をぶつけられても

But every night with us is like a dream でもみんなで一緒に過ごす夜は いつも夢の世界みたいよ

夜になって(似たような)私たちが集えば、現実ではなく夢の世界で楽しめるという流れ。

サビ部分は

Heart break is the national anthem 失恋は国家よ We sing it proudly 誇りをもって歌いなさい We are too busy dancing 踊るのに忙しすぎるから To get knocked off our feet 1つの恋に溺れることはできないの

単語は

  • national anthem「国家」
  • too~toV「あまりにも~なのでVできない」
  • get knocked off one's feet「骨抜きにされる」

となる。

もはや失恋を恐れず、次へ次へと新しい男に進み、1つの恋に拘泥することがない女性。

それこそまさに

Baby, we're the new romantics そう 私たちは新時代の夢見る乙女 The best people in life are free 最高の人生を歩む人間は 自由なのよ

という流れになる。

the lights and boys are blinding みんな来たわよ 光と音の洪水ね We hang back 私たち前には出ない タイミングがすべてだもの

単語は

  • blinding「まばゆいばかりの」
  • hang back「一歩下がる」

クラブのような場所に着て、目立とうとはせずに獲物を狩るように恋のタイミングを計ってる様。

曲の最後は、女子が夢見る「恋物語」において

Please take my hand and 手を取って Please take me dancing and ダンスに連れて行って

と、ラブストーリーの幕が上げると仄めかす。

だが散々に失恋を繰り返して目が覚め切った彼女たちは、恋した男が

Please leave me stranded, 私を骨抜きにしたまま立ち去って

しまうまでが一連の流れだと良く理解してる。

すなわち

it's so romantic (it's so romantic) それが恋に夢中ってこと(すごくロマンチックね)

従来のロマンを辿れば、現実の世界で恋した女性は泣きを見て終わるだけ。

だからこそ主体的に「新たなロマンチック(積極的にスリルを楽しみ短期的に恋を切り替える女)」を目指す、という流れ。

ちなみに単語は

  • leave O C「OをCの状態のままにする」
  • stranded「立往生」

である。

和訳した感想

ということで今回の記事ではTaylor Swift(テイラー・スウィフト)の

  • New Romantics(ニュー・ロマンティックス)

を和訳してみました。

ご存じの人も多いと思いますが、テイラー・スイフトは19歳のときに発表した

といった曲でヒットを飛ばしていたりします。

この曲はまさに少女漫画。

ディズニーのプリンセスをそのまま歌にしたような曲なんです。

若き日に作ったこの曲の中では

  • a scarlet letter(緋文字)
  • =ジュリエット(お姫様)

の構図を成していました。

[kanren id="967"]

テイラー・スイフトは本当に、ロマンチックな恋を夢見る乙女だったんだとわかります。

で、失恋を繰り返して繰り返して

のようなリアルな恋愛ソングをポップに歌うようになるのが23歳くらいのとき。

同時期に発表された「I Knew You Were Trouble」は、特にヤバめ。

本気でボロボロになったんだな…

と勝手に推測してしまうくらい、遊び人の元カレに対する恨み節を歌っています。

[kanren id="936"]

そこから20代中盤に差し掛かっての

New Romantics(ニュー・ロマンティックス)

なんです。

私たち恋愛新時代の世代ですから~!

ってノリノリ肉食女子宣言しちゃうんです。

短期的なスリルある恋が好きって開き直っちゃうわけです。

10代の頃に「私はジュリエット~♪」って純白のドレスで歌ってたあのテイラー・スイフトが!

エモすぎません?

もう何と言ったらいいか…

テイラースイフトってすごいんですよ…!

まさに曲が私小説そのものなので

  • 1人の少女の人生(恋愛遍歴)

をずっと追ってるみたいな感じで聴けてしまうんです。

恋に夢見て夢見て夢見て

現実に恋して破れて恋してボロボロになって

どんどん目が覚めてくんですよ

あ、王子様なんてどこにもいねぇって

で、夢から覚めていく1人の女性が、悲しさとか悔しさとか元カレへの恨みとか世間からの眼とか全部歌にして開き直って、音楽の世界でドンドンのし上がって歳を重ねてるんです。

全然いいと思います。

Love Story」や「You Belong With Me」といった昔の曲より、ずっと面白い。

本当にパワフルな女性ですよね

彼女が早熟の才能に恵まれ、少女時代から歌の世界で活躍していた。

だからこそ過去の作品が伏線になり、大人になったテイラー・スイフトの曲も解釈の余地が広がっていくんです。

その意味でテイラースイフトの曲を味わうなら

  • 年代順に追うのが一番楽しい

気がしますね。