洋楽日和

聞いて、読んで、楽しんで

『Only Happy When It Rains』Garbage 歌詞和訳|『オンリー・ハッピー・ウェン・イット・レインズ』ガービッジ

今回は、Garbage(ガービッジ)の

  • Only Happy When It Rains

を和訳します。

タイトルの意味は「雨が降っているときだけが幸せ」みたいな感じですね。

サビとなっているこのフレーズは、ジーザス&メリーチェイン (The Jesus and Mary Chain)の『Happy When It Rains』を元にしたそうです。

YouTubeで昔のヒット曲を聞いていたら、たまたま出会ったこの曲。

タイトルからして暗い

すごく中二病的な感じがする曲ですが(笑)

サビのメロディが印象的で気づけば何度も口ずさんでいたので、せっかくですから歌詞の内容を和訳してみます。

Garbage(ガービッジ)とは?

Garbage(ガービッジ)は、アメリカ合衆国・スコットランドのロックバンドである。

1995年に1stアルバム『G』(原題:『Garbage』)でデビューし、全世界で500万枚以上のセールスを記録した。

紅一点のヴォーカルが特徴的。

バンド名はカセットテープのテープをハサミで切って曲と曲をリミックスしているとき、切り刻まれたテープが散乱している部屋を見て「ゴミ(garbage)みたいだね」とメンバーが言ったことに由来する。

Only Happy When It Rains という曲について

Only Happy When It Rains」は、Garbage(ガービッジ)のデビュー・スタジオ・アルバムのために1995年に作成された曲である。

セカンドシングルとしてリリースされた。

ガービッジの最も有名な曲の一つとして知られている。


www.youtube.com

Only Happy When It Rains の歌詞

I'm only happy when it rains
I'm only happy when it's complicated
And though I know you can't appreciate it
I'm only happy when it rains

You know I love it when the news is bad
Why it feels so good to feel so sad?
I'm only happy when it rains

Pour your misery down
Pour your misery down on me
Pour your misery down
Pour your misery down on me

I'm only happy when it rains
I feel good when things are goin' wrong
I only listen to sad, sad songs
I'm only happy when it rains

I only smile in the dark
My only comfort is the night gone black
I didn't accidentally tell you that
I'm only happy when it rains
You'll get the message by the time I'm through
When I complain about me and you
I'm only happy when it rains

Pour your misery down
Pour your misery down
Pour your misery down on me
Pour your misery down
Pour your misery down
Pour your misery down on me
Pour your misery down
Pour your misery down
Pour your misery down on me

You can keep me company
As long as you don't care

I'm only happy when it rains
You want to hear about my new obsession?
I'm riding high upon a deep depression
I'm only happy when it rains

Pour some misery down on me
I'm only happy when it rains
Pour some misery down on me
I'm only happy when it rains
Pour some misery down on me
I'm only happy when it rains
Pour some misery down on me

[Repeat: x2]
I'm only happy when it rains
Pour some misery down on me
Pour some misery down on me
Pour some misery down on me
Pour some misery down on me

Only Happy When It Rains の歌詞和訳

私が幸せなのは 雨降りのときだけ

私が幸せなのは グチャグチャなときだけなの

わかってる アンタは認めないってね

私が幸せなのは 雨が降ってるときだけ

知ってるでしょ 特に好きなのは 酷いニュースが流れてるとき

すごく悲しくなると どうしてこんなに気持ちいいのかな

私が幸せなのは 雨降りのときだけ

強く降り注いで アンタの不幸を

土砂降りで私を濡らしてよ アンタの惨めさで 

強く降り注いで アンタの不幸を

土砂降りで私を濡らしてよ アンタの惨めさで 

私が幸せなのは 雨降りのときだけ

気持ちがいいの 何もかも上手くいってない時が

悲しい 悲しい曲だけを聴く

私が幸せなのは 雨降りのときだけ

暗闇の中だけで微笑むの

唯一の癒やしは 真っ暗になった夜だけ

うっかりとアンタに伝えたってわけじゃないよ

幸せなのは 雨降りのときだけだって

私の気持ちが離れちゃう前に アンタは伝言を受け取るね

二人について不平を言ってる頃に

私が幸せなのは 雨降りのときだけ

サビ繰り返し

私に付き合い続けるんだろうね

アンタが気にしない限り

私が幸せなのは 雨降りのときだけ

聞きたいでしょ 私の新しい強迫観念について

深い憂鬱の波に乗っているの

サビ繰り返し

和訳のチェックポイント(単語・文法の解説)

以下、和訳のポイントをまとめておく。

I'm only happy when it rains

私が幸せなのは 雨降りのときだけ

I'm only happy when it's complicated

私が幸せなのは グチャグチャなときだけなの

And though I know you can't appreciate it

わかってる アンタは認めないってね

I'm only happy when it rains

私が幸せなのは 雨が降ってるときだけ

このフレーズは、ジーザス&メリーチェイン (The Jesus and Mary Chain)の『Happy When It Rains』を元にしている。

単語は

  • it(=天気・天候を表す)
  • complicated「複雑な、込み入った」
  • appreciate「真価を認める、良さがわかる」

(多くの人が嫌う)雨のときだけ自分は幸せを感じることができる。

でも「you(=アンタ)」にはそれがわからない(=私のことは理解できない、違う性質の人間)ということ。

You know I love it when the news is bad

知ってるでしょ 特に好きなのは 酷いニュースが流れてるとき

Why it feels so good to feel so sad?

すごく悲しくなると どうしてこんなに気持ちいいのかな

I'm only happy when it rains

私が幸せなのは 雨降りのときだけ

Pour your misery down

強く降り注いで アンタの不幸を

Pour your misery down on me

土砂降りで私を濡らしてよ アンタの惨めさで 

「to feel so sad」の「to」は感情の原因を表す不定詞と捉えた。

  • pour down「土砂降りになる、雨が強く降る」
  • misery「不幸、惨め、苦しみ」

である。

「雨」がもつネガティブなイメージを強化するように「bad news(悪いニュース)」や「悲しい(sad)」という感情を自分は好むのだ、と強調している。

さらに「Pour your misery down」とサビで歌うことで「you(アンタ)」の「misery(苦しみ、不幸)」を私に「注いでくれ」と繰り返す。

相手の不幸をまるで雨を喜ぶ草花のように喜べる、そういった自分の悪魔的な一面を告白しているとも言える。

I only smile in the dark

暗闇の中だけで微笑むの

My only comfort is the night gone black

唯一の癒やしは 真っ暗になった夜だけ

I didn't accidentally tell you that

うっかりとアンタに伝えたってわけじゃないよ

I'm only happy when it rains

幸せなのは 雨降りのときだけだって

You'll get the message by the time I'm through

私の気持ちが離れちゃう前に アンタは伝言を受け取るね

When I complain about me and you

二人について不平を言ってる頃に

I'm only happy when it rains

私が幸せなのは 雨降りのときだけ

単語は

  • comfort「安楽、快適、慰め」
  • accidentaly「うっかりと」
  • by the time~「~する時までに」
  • I'm through「終えた」
  • complain「不平を言う」

「I didn't accidentally」は否定が「accidentaly(うっかりと)」にかかっているので、実はわざとアンタに伝えたんだということ。

伝えた内容は「that」以下。

つまり「I'm only happy when it rains(雨が降ってるときだけ幸せなんだ)」という自分の暗い一面をうっかりではなく「you(アンタ)」をわざと試して遠ざけるために伝えたんだということ。

それに気づく頃には、私の気持ちは離れかけていて二人の関係に不平を言ってる頃に違いない。

「We are through.(恋愛関係が終わった)」と同じ意味で「I'm through」は、自分の気持が離れてしまっている状態を指している。

You can keep me company

私に付き合い続けるんだろうね

As long as you don't care

アンタが気にしない限り

I'm only happy when it rains

私が幸せなのは 雨降りのときだけ

You want to hear about my new obsession?

聞きたいでしょ 私の新しい強迫観念について

I'm riding high upon a deep depression

深い憂鬱の波に乗っているの

単語は

  • keep me company「私に付き合う」
  • as long as「~な限り」
  • obsession「強迫観念、妄想」
  • deep depression「鬱状態」

「keep me company」は日本語的な「男女が付き合う」というニュアンスよりも「お供をする(付きそう)」というニュアンスが正しい。

こんな私だけど(それを変える気はないけど)アンタが気にしないなら一緒に入られるということ。

和訳した感想

ということで今回は

  • Only Happy When It Rains

を和訳しました。

90年代のヒットソングを聞いていて、たまたま出会った曲なのですがメロディが頭に残りやすいですよね。

気がついたら「ポーヨーミゼリダー♪」とかなんとか一人で歌ってたりして。

和訳してみると曲に対する暗い印象が更に増しました(笑)


www.youtube.com