洋楽日和

聞いて、読んで、楽しんで

『Waiting For Love』Avicii 歌詞和訳|『ウェイティング・フォー・ラブ』アヴィーチー

今回は、Avicii(アヴィーチー)の

  • Waiting For Love(ウェイティング・フォー・ラブ)

という曲を和訳します。

タイトルの意味は「愛を待っている」という感じですね。

希望を感じさせる内容ではありますが、絶望や苦しみを乗り越えた先にあるはずの希望として「愛」に焦がれている、そんな切実な歌い手の様子が見えてくる歌詞となっています。

力強くも繊細さを感じさせる曲ですね。

Avicii(アヴィーチー)とは?

Avicii(アヴィーチー)は、スウェーデン出身の音楽プロデューサー・DJ。

Aviciiというアーティスト名は、サンスクリット語で「無間地獄」を意味するavīciに由来する。

母親は女優のアンキ・リデン。

18歳から曲を書きリミックスを手掛けるなど本格的に音楽活動を開始し、ブログにて楽曲を発表していく。

2013年6月にデビューアルバム「True」をリリース。

先行シングル「Wake Me Up」は、瞬く間に全英で1位を獲得した。

過度な飲酒で健康面での不安を抱えており、2016年にはDJ活動の引退を宣言する。

2018年4月20日、滞在していたオマーンのマスカットにて死去。

自殺だったことを示唆する遺族の声明によると

あまりにも完璧主義者であることから、世界中を旅するなかで心の中に平和を見つけることができずに、極度のストレスを抱えていました。(中略)物事の意味、人生、幸せについて考えることと闘っていました。しかしこれ以上続けることはできなかったのです。平和を見つけたかったのです。

享年28歳という若さだった。

Waiting For Love(ウェイティング・フォー・ラブ)という曲について

Waiting For Love(ウェイティング・フォー・ラブ)は、Avicii(アヴィーチー)のセカンド・アルバム「Stories」に収録されている楽曲。

リードシングルとして2015年にリリースされた。

歌い手は、元Cherry Ghost(チェリー・ゴースト)のリードシンガーSimon Aldred(サイモン・オルドレッド)である。

オーストリア、ベルギー、ノルウェー、スウェーデンで1位を記録。

Waiting For Love

Waiting For Love

  • Universal Music AB
Amazon

MVでは、亡くなった妻を探すために旅に出る認知症の老人が描かれている。


www.youtube.com

Waiting For Love(ウェイティング・フォー・ラブ)の歌詞

Where there's a will, there's a way, kind of beautiful
And every night has its day, so magical
And if there's love in this life, there's no obstacle
That can't be defeated

For every tyrant a tear for the vulnerable
In every lost soul the bones of a miracle
For every dreamer a dream we're unstoppable
With something to believe in

Monday left me broken
Tuesday I was through with hoping
Wednesday my empty arms were open
Thursday waiting for love, waiting for love
Thank the stars it's Friday
I'm burning like a fire gone wild on Saturday
Guess I won't be coming to church on Sunday
I'll be waiting for love, waiting for love
To come around

We are one of a kind, irreplaceable
How did I get so blind and so cynical?
If there's love in this life we're unstoppable
No we can't be defeated

Monday left me broken
Tuesday I was through with hoping
Wednesday my empty arms were open
Thursday waiting for love, waiting for love
Thank the stars it's Friday
I'm burning like a fire gone wild on Saturday
Guess I won't be coming to church on Sunday
I'll be waiting for love, waiting for love
To come around

Waiting For Love(ウェイティング・フォー・ラブ)の歌詞和訳

意思あるところに道がある なんか美しいよな

どんな夜にも最高の瞬間がある 魔法みたいだ

人生に愛があれば 障害はなく

打ち負かされることは 決してない

暴君がいればその分 弱者のために流れる涙もあり

失われた魂にはどれも 奇跡を起こす骨が残る

夢追い人の数だけ 夢がある 俺たちは止められない

信じるものがあるんだ

月曜日は ボロボロにされて置き去りに

火曜日は 願うのも諦めた

水曜日は 空っぽの両手を広げて

木曜日は 愛を待っている 愛を待つんだ

幸運に感謝した 金曜日

狂った炎のように燃え上がる 土曜日

多分 教会には行かない 日曜日

愛を待っている

愛が巡ってくるのを待っているんだ

俺たちは唯一無二 かけがえのない存在

なのに どうして盲目で皮肉な奴になっちまったんだろう

この人生に愛があるなら 俺たちは止められない

打ち負かされることは 決してないんだ

サビ繰り返し

和訳のチェックポイント(文法・単語など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

Where there's a will, there's a way, kind of beautiful

意志あるところに道がある なんか美しいよな
And every night has its day, so magical

どんな夜にも最高の瞬間がある 魔法みたいだ

And if there's love in this life, there's no obstacle

人生に愛があれば 障害はなく

That can't be defeated

打ち負かされることは 決してない

単語は

  • will「意志」
  • kind of「なんだか」
  • obstacle「障害」
  • defeat「打ち負かす」

「Where there's a will, there's a way(意志あるところに道はある)」は英語のことわざ。

「every night has its day」は「every dog has its day(どんな犬にも最盛期がある)」ということわざがあり、それと同じ意味(=どんなものにも成功したり幸福を味わう瞬間がある)と考えながら「夜にも最高の瞬間がある」と和訳した。

「be defeated」は受け身なので「打ち負かされる」となる。

For every tyrant a tear for the vulnerable

暴君がいればその分 弱者のために流れる涙もあり

In every lost soul the bones of a miracle

失われた魂にはどれも 奇跡を起こす骨が残る

For every dreamer a dream we're unstoppable

夢追い人の数だけ 夢がある 俺たちは止められない

With something to believe in

信じるものがあるんだ

単語は

  • tyrant「暴君、圧制者」
  • tear「涙」
  • the 形容詞「~という人々」
  • vulnerable「弱い、軟弱な」
  • unstoppable「止められない」
  • with(所有を表す)

「For every tyrant」や「For every dreamer」に関しては

  • for every「~ごとに、~につき」

と解釈して訳した。

つまり「For every tyrant a tear for the vulnerable」は、すべての暴君が弱者のために涙を流しているわけでない。

暴君が現われて弱き者が苦しむ(ー)だけどその分彼らのために流れる涙がある(+)という世界の陰と陽を表現している。

同じく「In every lost soul the bones of a miracle」も魂が失われても(ー)奇跡を起こす骨が残る(+)ので、滅び失われたときも回復の希望は残されているんだ、ということ。

Monday left me broken

月曜日は ボロボロにされて置き去りに

Tuesday I was through with hoping

火曜日は 願うのも諦めた

Wednesday my empty arms were open

水曜日は 空っぽの両手を広げて

Thursday waiting for love, waiting for love

木曜日は 愛を待っている 愛を待つんだ

Thank the stars it's Friday

幸運に感謝した 金曜日

I'm burning like a fire gone wild on Saturday

狂った炎のように燃え上がる 土曜日

Guess I won't be coming to church on Sunday

多分 教会には行かない 日曜日

I'll be waiting for love, waiting for love

To come around

愛を待っている

愛が巡ってくるのを待っているんだ

単語は

  • I am through「終える」
  • empty「空っぽ」
  • thank one's stars「幸運に感謝する」
  • gone wild「こちらを参考
  • guess「多分、おそらく」
  • come around「ぐるりと回ってくる」

心がボロボロになってから、どのように変化していくかの流れを曜日に当てはめて語っている。

「my empty arms were open」は「両手を広げる(=心を開放している)」様であり、愛の訪れを待つ姿勢を表している。

なお、キリスト教の大部分では礼拝を行う日は、日曜日となる。

We are one of a kind, irreplaceable

俺たちは唯一無二 かけがえのない存在

How did I get so blind and so cynical?

なのに どうして盲目で皮肉な奴になっちまったんだろう

If there's love in this life we're unstoppable

この人生に愛があるなら 俺たちは止められない

No we can't be defeated

打ち負かされることは 決してないんだ

単語は

  • one of a kind「唯一無二の、独自の」
  • irreplaceable「かけがえのない」
  • cynical「皮肉な、冷笑的な」

歌詞全体を通して、愛が何よりも大切であること。

絶望や苦しみなどもあるが、最終的にはそれを乗り越えることができるという可能性を示している内容。

和訳した感想

ということで今回は、Avicii(アヴィーチー)の

  • Waiting For Love(ウェイティング・フォー・ラブ)

を和訳しました。

光と闇の明暗が、歌詞の中でくっきりと表現されていて鮮やかですよね。

個人的には「waiting for love」というのがポイントかなと感じました。

つまり「待っている」という究極の受け身なんです。

ここに主人公の絶望や閉塞感、ギリギリの状態が読み取れるのではないでしょうか。

もはや神に祈るような気持ちで「愛が巡ってくるのをひたすらに待っている」

だから教会には行かない。

自分にとって神に代わるものが「愛」だから。

金曜に幸運が、土曜に生命が燃え上がり、日曜には(望んでいた愛を手に入れたことで)教会に行く必要がなくなる、そういう流れなのかなと感じました。

苦難の只中でも希望を捨てない。

希望を感じさせる曲のはずですが、どこか切ない。

必ず光が見えるんだ、と暗闇の中で自分に言い聞かせてもがいている、そんな歌い手の姿が見えてくるような曲でした。