学生限定!Amazonプライム6か月無料お試し

『Change the World』Eric Clapton 歌詞和訳|『チェンジ・ザ・ワールド』エリック・クラプトン

Change the Worldの歌詞和訳

今回の記事では、エリック・クラプトン(Eric Clapton)の

  • Change the World(チェンジ・ザ・ワールド)

の歌詞を和訳したいと思います。

直訳すると

  • 世界を変える

というなんだか大それた言葉ですが、とてもロマンチックな曲だったりします。

エリック・クラプトン(Eric Clapton)とは?

エリック・パトリック・クラプトン(Eric Patrick Clapton)は、イングランド出身のミュージシャン。

1945年3月30日生まれ。

「スローハンド」と呼ばれるギターの名手としても有名。

ジェフ・ベック、ジミー・ペイジと並ぶ世界3大ロック・ギタリストの一人ともいわれる。

代表曲は「レイラ」「ティアーズ・イン・ヘヴン」 など。

「チェンジ・ザ・ワールド(Change the World)」について

1996年のジョン・トラボルタ主演の映画『フェノミナン』のサウンドトラックとして、提供された。

元々は同年、アメリカのカントリー歌手ワイノナ・ジャッドがリリースしていた曲でもある。

(実はクラプトンのオリジナル曲ではない)

全米シングルチャートで5位の大ヒット。

同年のグラミー賞で最優秀レコード賞・最優秀楽曲賞・最優秀ポップ男性ボーカル賞を受賞した。

1997年に「ティアーズ・イン・ヘヴン」「ワンダフル・トゥナイト」をカップリングとしたシングルが日本限定で発売。

また同年、ラジオ(J-WAVE)チャートでも年間1位の大ヒットを記録した。

「チェンジ・ザ・ワールド(Change the World)」の歌詞

If I could reach the stars
I’d pull one down for you
Shine it on my heart
So you could see the truth
That this love I have inside
Is everything it seems
But for now I find
It’s only in my dreams

That I can

Change the world
I would be the sunlight in your universe
You would think my love was really something good
Baby if I could
Change the world

If I could be king
Even for a day
I’d take you as my queen
I’d have it no other way
And our love would rule
In this kingdom that we had made
‘til then i’ll be a fool
Wishing for a day

That I can

Change the world
I would be the sunlight in your universe
You would think my love was really something good
Baby if I could
Change the world

「チェンジ・ザ・ワールド(Change the World)」の歌詞和訳

もし星々に手が届くなら

1つ 君のためにつかみ取るよ

その星で僕の心を照らしてごらん

そうすれば真実が見えるから

それは僕の心に秘めたこの愛が

すべてのようだ、ということ

だけど今のところ わかってる

それは僕の夢にすぎないって

僕は 世界を変えられる

君の宇宙を照らす太陽になるから

きっと君は 僕の愛を本当に素晴らしいって思うはずさ

大好きな君 もし僕が世界を変えられたら…

もしも 僕が王様になれるなら

たとえ1日だけだったとしても

僕は 君を女王様に選ぶよ

それしか考えられない

そして 僕たちの愛で統治するんだ

ふたりで築き上げた この王国を

その時まで 僕は愚か者でいるよ

その日を待ちながら…

(サビ繰り返し)

和訳チェックポイント(単語の意味・文法など)

まず最初の

If I could reach the stars

もし星々に手が届くなら

I’d pull one down for you

1つ君のためにつかみ取るよ

Shine it on my heart

その星で僕の心を照らしてごらん

So you could see the truth

そうすれば 真実が見えるから

最初の

  • If I could reach the stars
  • I‘d pull one down for you

の部分から、仮定法で始まる。

実際、星に手が届くことはできないが(妄想してる…)

  • (もしできるなら)君に星を1つあげる

という内容である。

ここでみえる「真実」が、以下歌われるのがこちら。

That this love I have inside

それは僕の心に秘めた この愛が

Is everything it seems

すべてのようだ、ということ

But for now I find

だけど今のところ わかってる

It’s only in my dreams

それは僕の夢にすぎないって

この部分は、正確に文法構造をとらえる必要がある。

冒頭の「That」は何か?

これは前文に戻り、更に繋げてみるとわかりやすい。

文構造を見極めるためにカッコを追記し

So you could see the truth [ that this love (I have inside) is everything (it seems) ]

とすればわかりやすいだろうか。

「truth」以下の「that」から「真実」の内容が読み取れる。

中の構造は

  • this love ( I have inside )(S’)
  • is(V’)
  • everything ( it seems ) (C’)

となっており、(     ) で括った部分は関係詞の目的格が省略されているパターンだ。

これを踏まえて前文と繋げるように訳せば

Shine it on my heart

その星で僕の心を照らしてごらん

So you could see the truth

そうすれば、真実が見えるから

That this love I have inside

(その真実とは)僕の心に秘めた この愛が

Is everything it seems

すべてのようだ、ということ

となる。

僕から与えられた星で、僕の心を照らす。

すると、君には真実がわかる。

その真実とは、僕の心に秘めたこの愛がすべてということ…そうなんじゃないかなって思えるはず…といった感じだ。

だが

  • It’s only in my dreams

なので、全部ただの妄想にすぎない。

(ちょっと怖いが面白い部分)

さらに

That I can

Change the world

僕は 世界を変えられる

I would be the sunlight in your universe

君の宇宙を照らす、太陽になるから

You would think my love was really something good

きっと君は、僕の愛を本当に素晴らしいって思うはずさ

Baby if I could

Change the world

大好きな君、もし僕が世界を変えられたら…

この部分も「that」から始まるので、前文を考慮して

  • It’s only in my dreams that I can change the world

と考える。

ポイントはここで「can」を使っている、つまり「直接法」という点だ。

「仮定法」はあくまで妄想。

なので可能性の極めて低い(ありえない)事柄を示すロマンチックな文法になる。

  • I can change the world

の部分は、仮定法を利用しないことで

  • 世界を変える(変えられるはずだ)

という実現可能性を聴き手に感じさせることができる。

つまり本人の気持ちの強さ、決してただの妄想じゃない…未来に可能性がある夢だという強い意志が読める。

なのでここはあえて

  • 「もしも」をつけない訳

を採用した。

さらに言えば

  • I would be the sunlight in your universe
  • You would think my love was really something good

に関しては、仮定法である。

「was」を利用してるのは当然、過去の話だからではなく「仮定法」だから。

If I could be king

もしも 僕が王様になれるなら

Even for a day

たとえ1日だけだったとしても

I’d take you as my queen

僕は、君を女王様に選ぶよ

I’d have it no other way

それしか考えられない

And our love would rule

そして 僕たちの愛で統治するんだ

In this kingdom that we had made

ふたりで築き上げた この王国を

‘til then i’ll be a fool

その時まで 僕は愚か者でいるよ

Wishing for a day

その日を待ちながら…

同じように仮定法が続く。

  • rule「統治する」

こんな妄想ばかりして、自分が恋に狂った愚か者だってわかってるけど…

その日を待ってるんだという終わり。

和訳してみた感想

この曲、どうなんでしょう…?

ロマンチックな曲って思ってましたが

  • 両想い
  • 片想い

どちらかによって、受ける雰囲気が異なります。

(片思いされてる人に歌われたら、ちょっと怖い)

エリック・クラプトンのオリジナル曲ではない、という点もずっと知りませんでした。

ゆったりとしたメロディで

  • 仮定法の勉強

にもなり、学校の授業などでも使いやすそうな1曲ですね。

ただ単語が簡単なので、適当に意訳してしまう人も多そうな曲です。

きちんと文法を踏まえたうえで、仮定法の理解が深まるといいかもしれませんね。

同じく仮定法を利用したクラプトンの曲なら

はぜひ聞いてほしい名曲だと思います。

『Tears In Heaven』Eric Clapton 歌詞和訳|『ティアーズ・イン・ヘブン』エリック・クラプトン

クラプトンが4歳で事故死してしまった息子に捧げるために作った曲で、訳しながら涙がこぼれそうになりました。

error: Content is protected !!