学生限定!Amazonプライム6か月無料お試し

『From Me To You』The Beatles 歌詞和訳|『フロム・ミー・トゥー・ユー』ビートルズ

今回は、Beatles(ビートルズ)の

  • From Me To You(フロム・ミー・トゥー・ユー)

の歌詞を和訳したいと思います。

タイトルの意味は

  • 僕から君へ

当時読んでいた「ニュー・ミュージカル・エクスプレス(NME)」というイギリスの週刊音楽雑誌のお便りコーナー「From You to Us」に因んだそうです。

Beatles(ビートルズ)とは?

Beatles(ビートルズ)とは、イギリス・リヴァプール出身のロックバンド。ジョン・レノンがバンド「クオリーメン」を1957年に結成したのが始まり。

1960年に「ザ・ビートルズ」と改名、1962年にレコードデビュー。1970年に解散した。

デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として

  • ジョン・レノン(リズムギター)
  • ポール・マッカートニー(ベース)
  • ジョージ・ハリソン(リードギター)
  • リンゴ・スター(ドラムス)

という4人で活動を行った。

オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。

リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、こちらに一覧がある。

全213曲中144曲(全体の約68%)は「レノン=マッカートニー」共同クレジット曲。

共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。

From Me To You(フロム・ミー・トゥー・ユー)という曲

From Me To You(フロム・ミー・トゥー・ユー)は、1963年4月に発表されたビートルズ3枚目のシングル曲である。

ジョン・レノンとポール・マッカートニーの共作。

リード・ボーカルもジョン・レノンとポール・マッカートニーが務めている。

制作に関しては

ツアー移動中のバスの中で暇つぶしに書いた

というのが二人のコメントだが、イギリスで大ヒットを記録。

全英チャート初の1位を獲得後、7週間連続1位を維持し、70万枚以上のセールスを記録した。

From Me To You(フロム・ミー・トゥー・ユー)の歌詞

Da da da, da da dumb dumb da
Da da da, da da dumb dumb da
If there’s anything that you want
If there’s anything I can do
Just call on me and I’ll send it along
With love, from me to you

I’ve got everything that you want
Like a heart that’s oh so true
Just call on me and I’ll send it along
With love, from me to you

I’ve got arms that long to hold you
And keep you by my side
I’ve got lips that long to kiss you
And keep you satisfied (oh)

If there’s anything that you want
If there’s anything I can do
Just call on me and I’ll send it along
With love, from me to you

From me
To you
Just call on me and I’ll send it along
With love, from me to you

I’ve got arms that long to hold you
And keep you by my side
I’ve got lips that long to kiss you
And keep you satisfied (oh)

If there’s anything that you want
If there’s anything I can do
Just call on me and I’ll send it along
With love, from me to you
To you
To you
To you

From Me To You(フロム・ミー・トゥー・ユー)の歌詞和訳

もし何かほしいものがあれば

もし僕にできることがあれば

何でも言って 届けるからさ

愛をこめて 僕から君へ

君がほしいもの全部手に入れてきた

ほら ウソ偽りない本当の心とか

何でも言って 届けるからさ

愛をこめて 僕から君へ

両腕は 君を抱きしめて

僕の傍から離したがらない

唇は キスして

君を満足させたがってるんだ

もし何かほしいものがあれば

もし僕にできることがあれば

何でも言って 届けるからさ

愛をこめて 僕から君へ

僕から

君へ

何でも言って 届けるからさ

愛をこめて 僕から君へ

両腕は 君を抱きしめ

僕の傍から離したがらない

唇は キスして

ずっと君を満足させたがってる

もし何かほしいものがあれば

もし僕にできることがあれば

何でも言って 届けるからさ

愛をこめて 僕から君へ

君に

君に

君に

和訳のチェックポイント(単語・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まずサビは

If there’s anything that you want

もし何かほしいものがあれば

If there’s anything I can do

もし僕にできることがあれば

単語は

  • there is「~がある」
  • anything「なにか(なんでも)」

文構造は

  • anything [ that you want ]
  • anything [ I can do ]

という形で後ろから「anything」を修飾している。

Just call on me and I’ll send it along

何でも言って 届けるからさ

With love, from me to you

愛をこめて 僕から君へ

単語は

  • call on「要求する」
  • along with「~と一緒に」
  • …from~to「…から~へ」

という意味。

「call」には「電話する」という意があるが、ここでは「call on」なので電話をしてるわけではない。

I’ve got everything that you want

君がほしいもの全部手に入れてきた

Like a heart that’s oh so true

ほら ウソ偽りない本当の心とか

単語は

  • like「~のような」
  • true「本当の」

「I’ve got(=I have got)」は現在完了形なので「これまでずっと」君が望むものは手に入れてきただろうというニュアンス。

その例として「like」以下が挙げられている。

I’ve got arms that long to hold you

両腕は 君を抱きしめて

And keep you by my side

僕の傍から離したがらない

I’ve got lips that long to kiss you

唇は キスして

And keep you satisfied (oh)

ずっと君を満足させたがってる

単語は

  • long to~「~を切望する」
  • hold「抱きしめる」
  • keep O C「OをCのままにする」
  • by「~の傍に」
  • satisfied「満足した」

直訳風に文を分解すると

  • I’ve got arms(両腕を得ている)

「arms」を具体的に説明する関係詞節(thatは主格の関係代名詞)が続いて

  • [that long to hold you and keep you by my side ]
  • 君を抱きしめ、そして僕の傍に置いておきたがってる

となる。

「(to)keep」と補足すると「to hold」と同列に置きやすいかもしれない。

「lips」も同じ構造である。

つまり文法的に、この「long」は「長い」という形容詞ではない。

動詞「~を切望する、~したがる」で使われている(が、腕を「長く」伸ばし「長く」キスをするといった仄めかしも含むだろう)

和訳した感想

ということで今回はBeatles(ビートルズ)の

  • From Me To You(フロム・ミー・トゥー・ユー)

の歌詞を和訳しました。

イントロの「ダダダ~ダダダンダンダ~♪」といった部分がかなり印象的な曲。

多くの人が耳にしたことのある曲の1つなのではないでしょうか。

ファンへの感謝の意を伝えるビートルズのレターソングのようですが、そのままラブソングとして楽しめる曲ですね。

error: Content is protected !!