『Grey Seal』エルトン・ジョン 歌詞和訳|『グレイ・シール』Elton John

URLをコピーする
URLをコピーしました!

今回は、Elton John(エルトン・ジョン)の

  • Grey Seal(グレイ・シール)

の歌詞を和訳します。

タイトルの「Grey Seal」は「灰色アザラシ」という意味です。

この曲について作詞者のバーニー・トーピンは

I haven’t a clue what I was writing about. It was just images.

自分が何を書いていたのか見当がつかないね ただのイメージだったのさ

と語っていることもあり、歌詞の解釈が少し難解な曲となっています。

作曲者のエルトン・ジョンは、音楽と歌詞がマッチしているという理由でこの曲はお気に入りの一つだそうです。

この曲、好きなんですよね~

目次

Grey Seal(グレイ・シール)とは?

Elton John(エルトン・ジョン)は、イギリスのミュージシャン、シンガーソングライター。

1969年にソロ・デビューし、翌年1970年に『僕の歌は君の歌」でヒットする。

作曲は自身によるものだが、作詞に関してはデビュー以降バーニー・トーピンが担当している。

70年代の全盛期を追えて、80年代後半から90年代前半にかけては楽物依存症やアルコールで苦しむ日々を送っていた。

が、依存症を乗り越えて90年代後半には映画『ライオン・キング』のサントラなど多くの仕事で成功している。

グラミー賞は5回受賞、34回ノミネーションされている。

Grey Seal(グレイ・シール)という曲

Grey Seal(グレイ・シール)は、1973年に発表されたエルトン・ジョンの楽曲。1974年にアメリカでシングルカットされ、全米1位を記録した。

1973年に発売されたアルバム「黄金のレンガ路」に収録されている。

作曲はエルトン・ジョン、作詞はバーニー・トーピンが務める。

Grey Seal(グレイ・シール)の歌詞

Why’s it never light on my lawn
Why does it rain
And never say good-day to the new-born
On the big screen they showed us the sun
But not as bright in life as the real one
It’s never quite the same as the real one

And tell me grey seal
How does it feel
To be so wise
To see through eyes
That only see what’s real
Tell me grey seal

I never learned why meteors were formed
I only farmed in schools
That were so warn and torn
If anyone can cry then so can I
I read books and draw life from the eye
All my life is drawings from the eye

And tell me grey seal
How does it feel
To be so wise
To see through eyes
That only see what’s real
Tell me grey seal

Your mission bells were wrought by ancient men
The roots were formed by twisted roots
Your roots were twisted then
I was re-born before all life could die
The Phoenix bird will leave this world to fly
If the Phoenix bird can fly then so can I

And tell me grey seal
How does it feel
To be so wise
To see through eyes
That only see what’s real
Tell me grey seal

Grey Seal(グレイ・シール)の歌詞和訳

どうして僕の芝生には 光が差さないの?

どうして雨が降るんだろう ”いい日だね”って

生まれたばかりの子どもたちに 挨拶してくれないんだろう

彼らは大きなスクリーンに映し出される 太陽を見た

でも人生において それは本物より明るくはなくて

実際の太陽とは 全く別物なんだ

ねぇ 教えて 灰色アザラシさん

どんな気持ちなの

賢くなるってさ

どんな気持ちで見ているの

本物だけがわかる目をもって

教えて 灰色アザラシさん

僕は全然学ばなかった なぜ隕石が生まれたか

古びた知識ばかりの学校で 僕は”養殖”されたんだ

もし誰もが泣けるなら 僕だって泣けるよね

本を読んで この目で人生を描くよ

僕の一生が この目で描くものなんだ

ねぇ 教えて 灰色アザラシさん

どんな気持ちなの

賢くなるってさ

どんな気持ちで見ているの

本物だけがわかる目をもって

教えて 灰色アザラシさん

君の教会の鐘は 古代人が作ったんだ

その根源からして捻れてるから

君のルーツだって捻れてる

すべての生命が死に絶える前に 僕は生まれ変わるよ

不死鳥はこの世界を飛び立つ

不死鳥が飛べるなら 僕だって飛べるはずだから

ねぇ 教えて 灰色アザラシさん

どんな気持ちなの

賢くなるってさ

どんな気持ちで見ているの

本物だけがわかる目をもって

教えて 灰色アザラシさん

和訳のチェックポイント(単語・文法の解説)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

Why’s it never light on my lawn

どうして僕の芝生には 光が差さないの?

Why does it rain

And never say good-day to the new-born

どうして雨が降るんだろう ”いい日だね”って

生まれたばかりの子どもたちに 挨拶してくれないんだろう

On the big screen they showed us the sun

彼らは大きなスクリーンに映し出される 太陽を見た

But not as bright in life as the real one

でも人生において それは本物より明るくはなくて

It’s never quite the same as the real one

実際の太陽とは 全く別物なんだ

単語は

  • lawn「芝生」
  • new-born「新生児」

ここでの「太陽」や「光」は、有名なプラトン『国家』における洞窟の比喩を指していると考えた。

私たち人間の多くは洞窟に囚われた囚人であり、そこで見ている影絵を現実と信じているという寓話である。

その壁の上空には輝く太陽がある。

でもそこには背を向けて、洞窟の壁ばかりを見ている。

この囚人たちは無知の自覚(=無知の知)が一切ない、無教養な人々を表している。

And tell me grey seal

ねぇ 教えて 灰色アザラシさん

How does it feel

どんな気持ちなの

To be so wise

賢くなるってさ

To see through eyes

どんな気持ちで見ているの

That only see what’s real

本物だけがわかる目をもって

Tell me grey seal

教えて 灰色アザラシさん

洞窟の中で本物の太陽を直視することのない人間と異なり、自然の恵みをそのままに味わい、悠々と海を泳ぐ「灰色アザラシ」をここでは

  • 賢者

に例えている。

クリクリとした瞳で、彼らは世界をありのままに直視する。

まがい物ばかりを信じている我々人間とは違う、その野生動物の姿に敬意を払うように「Tell me grey seal(教えて 灰色アザラシさん)」というフレーズが繰り返されている。

I never learned why meteors were formed

僕は全然学ばなかった なぜ隕石が生まれたか

I only farmed in schools

That were so warn and torn

古びた知識ばかりの学校で 僕は”養殖”されたんだ

If anyone can cry then so can I

もし誰もが泣けるなら 僕だって泣けるよね

I read books and draw life from the eye

本を読んで この目で人生を描くよ

All my life is drawings from the eye

僕の一生は この目で描くものなんだ

単語は

  • meteors「隕石、流星」
  • warn and torn「擦り切れて摩耗した」

学校という狭い場所で、決まりきった知識ばかりを社会に出て役立つ人間になるために教え込まれて”養殖”される。

でも生命の起源である、隕石落下について学んだ記憶がない。

型にはめ込まれて、偽物を本物と信じて、大人になっていく自分。

でも自分の感情に素直になって、ちゃんとこの目を通して本物の世界を直視して(プラトンがいう「洞窟」から抜け出すように)人生をこの手で作り上げていくという流れ。

Your mission bells were wrought by ancient men

君の教会の鐘は 古代人が作ったんだ

The roots were formed by twisted roots

その根源からして捻れてるから

Your roots were twisted then

君のルーツだって捻れてる

I was re-born before all life could die

すべての生命が死に絶える前に 僕は生まれ変わるよ

The Phoenix bird will leave this world to fly

不死鳥はこの世界を飛び立つ

If the Phoenix bird can fly then so can I

不死鳥が飛べるなら 僕だって飛べるはずだから

単語は

  • wrought「鋳造された」
  • roots「ルーツ、根源、核」
  • twisted「ねじれている」
  • Phoenix bird「不死鳥」

一日の始まりを告げる教会の鐘も、もとを辿ればずっと昔の人が作ったものだ。

根源から捻れた世界が終わるとき、僕は不死鳥のように死ぬことなくこの世を去っていくという内容。

和訳した感想

ということで今回は、エルトン・ジョンの

  • Grey Seal(グレイ・シール)

を和訳しました。

自分なりの解釈もまとめてみましたが最後の

君の教会の鐘は 古代人が作ったんだ

その根源からして捻れてるから

君のルーツだって捻れてる

という部分があまりピンと来ていません。

人間のルーツを辿ると、それは遥かずっと昔から綿々と捻れていて修正が難しい。

それでも僕は不死鳥のように世界が滅びるとき、一人この世を去って生き延びる(=それくらいにこの世のあらゆる柵にとらわれない人間であろう)という内容でしょうか。

「Grey Seal(灰色アザラシ)」はこの特定の動物が「賢い」というよりも人間以外の(ある意味、我々人間よりずっと賢く生の世界を生きている)野生の動物に対する敬意を表現しながら「無知の知」を強調しているのかなと考えました。

作詞者本人もよくわからないと言っているほどなので、解釈の幅は広そうですね。

それもまたこの曲の魅力のひとつなのかなと思います。

「Goodbye Yellow Bricks Road」は名盤ですね。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる