『Hard To Say I’m Sorry』Chicago 歌詞和訳|『素直になれなくて』シカゴ

今回は、Chicago(シカゴ)の

  • Hard To Say I’m Sorry

の歌詞を和訳したいと思います。

邦題は

  • 素直になれなくて

というタイトルで知られている80年代の名曲です。

タイトルは「It’s hard for me to say I’m sorry」という歌詞の一部で「俺にはごめんと言うのが難しいんだ」が直訳になります。

距離を置こうと言われているのに、受け容れきれずにすがっている男性の曲です。

目次

Chicago(シカゴ)とは?

Chicago(シカゴ)は、1967年にシカゴで結成。

1969年にコロムビア・レコードからデビューしたアメリカのロックバンドである。

70年代の第一次黄金期では『長い夜』などヒットを飛ばすが、メンバーのテリー・キャスが事故死したのをきっかけに低迷。

その後、82年に『素直になれなくて』が大ヒットした。

デビューから50年以上経つ今もなお、活動を続けている稀有なバンドの1つである。

Hard To Say I’m Sorry(素直になれなくて)という曲

1982年に発表されたアルバム『ラヴ・ミー・トゥモロウ(シカゴ16)』に収録されている曲。

低迷していたシカゴが7年ぶりに全米シングルチャートで1位を記録。

日本でも、オリコン洋楽シングルチャートで5週連続1位を獲得する大ヒットとなった。

三菱自動車をはじめ、過去何度か車のCMソングに起用されており、知名度の高い曲。

Hard To Say I’m Sorry(素直になれなくて)の歌詞

Everybody needs a little time away
I heard her say
From each other
Even lovers need a holiday
Far away from each other

Hold me now
It’s hard for me to say I’m sorry
I just want you to stay

After all that we’ve been through
I will make it up to you
I promise to

And after all that’s been said and done
You’re just a part of me I can’t let go

Couldn’t stand to be kept away
Just for the day
From your body
Wouldn’t want to be swept away
Far away from the one that I love

Hold me now
It’s hard for me to say I’m sorry
I just want you to know
Hold me now
I really want to tell you I’m sorry
I could never let you go

After all that we’ve been through
I will make it up to you
I promise to

And after all that’s been said and done
You’re just a part of me I can’t let go

After all that we’ve been through
I will make it up to you
I promise to

You’re gonna be the lucky one

Hard To Say I’m Sorry(素直になれなくて)歌詞和訳

”誰だって必要とする 少しだけ離れる時間をね”

彼女が言うのを聞いたんだ

”お互いに 恋人だって休暇がほしいものよ

それぞれが遠く離れるの”

抱きしめてくれ 今すぐに

俺には ごめんと言うのが難しくて

ただ君にいてほしいんだ

今まで色んなことを乗り越えてきた

これから君に償うから

約束するさ

何もかも言い尽くしてるけど つまりな

君は俺の一部なんだ

手放せないんだよ

我慢できるはずがない 一日たりとも

君の身体に触れられないなんて

なかったことにされたくないんだ

俺の愛するたった一人のひと

サビ繰り返し

君は幸せになるよ

和訳のチェックポイント(単語・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず

“Everybody needs a little time away”

”誰だって必要とする 少しだけ離れる時間をね”

I heard her say

彼女が言うのを聞いたんだ

“From each other

お互いに

Even lovers need a holiday

恋人だって休暇がほしいものよ

Far away from each other”

それぞれが遠く離れるの”

単語は

  • each other「互いに」

彼女から距離を置こう、と言われたという出だしで曲が始まっていく。

Hold me now

抱きしめてくれ 今すぐに

It’s hard for me to say I’m sorry

俺には ごめんと言うのが難しくて

I just want you to stay

ただ君にいてほしいんだ

曲のタイトルにもなっている部分は、形式主語なので

  • It’s hard for me to say I’m sorry

という具合に「It」の内容が「to」以下となっている。

「hard」は「難しい」で「for me」は「say」の主語にあたるので

  • 俺にはごめんと言うのが難しい

という訳になる。

彼女は距離を置くことを希望しているが、男側はそれを拒んでいるという流れ。

After all that we’ve been through

今まで色んなことを乗り越えてきた

I will make it up to you

これから君に償うから

I promise to

約束するさ

単語は

  • have been through「色々なことを経験してきた」
  • make it up「埋め合わせる」

「After  all」は「結局」の意味があるが、この歌詞ではそれではなく

  • after「~の後で」(前置詞)
  • all  [ that we’ve been through ]

である(「that」は関係詞)

色々なことをすべて乗り越えた後(=この仲違いもその1つに過ぎないというニュアンス込み)自分の至らない点を償うから、ふたりの関係を続けようという意味。

And after all that’s been said and done

何もかも言い尽くしてるんだけど つまりさ

You’re just a part of me I can’t let go

君は俺の一部なんだ

手放せないんだよ

ここでも「after(後で)」の意味なっている。

こちらの質問に解説が詳しい。

「すべてのことが言い尽くされ、なされた後(=もう弁解の余地もなく、どうしたらいいのか)」といったニュアンスで訳した。

Couldn’t stand to be kept away

Just for the day

From your body

我慢できるはずがない 一日たりとも

君の身体に触れられないなんて

Wouldn’t want to be swept away
Far away from the one that I love

なかったことにされたくないんだ

俺の愛するたった一人のひと

単語は

  • stand「我慢する」
  • keep away「近づけない」
  • sweep away「(感情などを)消し去る」

という意味。

訳してみた感想

ということで今回はChicago(シカゴ)

  • Hard To Say I’m Sorry(素直になれなくて)

を和訳してみました。

曲自体はとても好きで、80年代の傑作バラードだと感じます。

が、歌詞に出てくる男性は少し苦手かな(汗)

女性が離れたいと主張してるのだから、本当に愛してるなら彼女の意思を尊重すべきでしょう。

それなのに自分のことばかり…

こういう口だけ達者なプライド高そうな男は信用したら痛い目遭う気がします。

おすすめ音楽ツール

>>Amazonプライム(プライムミュージック)

>>Amazon Music Unlimited

=スマホのアプリを利用すると、歌詞のチェックなども簡単に行えます。Apple Musicも利用していましたが、Amazonの方がプレイリストが充実していて、自分好みの新しい音楽に出会いやすいです。

興味がありましたら、こちらから無料体験(1か月学生は6か月)をどうぞ。

目次
閉じる