学生限定!Amazonプライム6か月無料お試し

『Hello, Goodbye』The Beatles 歌詞和訳|『ハロー・グッバイ』ビートルズ

今回は、Beatles(ビートルズ)の

  • Hello, Goodbye(ハロー・グッバイ)

の歌詞を和訳したいと思います。

中学生でも簡単に和訳することができる英文ですが

  • 内容は深い

と感じるものがあります。

作詞作曲者であるポール・マッカートニが

The answer to everything is simple. It’s a song about everything and nothing … If you have black you have to have white. That’s the amazing thing about life.

全ての答えはシンプルなものさ。これは、全と無についての曲なんだ…人はすべからく黒をもつなら白をもつ。それは、人生の素晴らしい点なんだ。

語っていることを参考に、歌詞と向かい合うのがおすすめです。

Beatles(ビートルズ)とは?

Beatles(ビートルズ)とは、イギリス・リヴァプール出身のロックバンド。ジョン・レノンがバンド「クオリーメン」を1957年に結成したのが始まり。

1960年に「ザ・ビートルズ」と改名、1962年にレコードデビュー。1970年に解散した。

デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として

  • ジョン・レノン(リズムギター)
  • ポール・マッカートニー(ベース)
  • ジョージ・ハリソン(リードギター)
  • リンゴ・スター(ドラムス)

という4人で活動を行った。

オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。

リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、こちらに一覧がある。

全213曲中144曲(全体の約68%)は「レノン=マッカートニー」共同クレジット曲。

共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。

Hello, Goodbye(ハロー・グッバイ)という曲

Hello, Goodbye(ハロー・グッバイ)は、、1967年11月に発表された16枚目のシングル曲である。

レノン=マッカートニー名義の作品だが、主にポール・マッカートニーが作った曲でリード・ボーカルも彼が担当している。

エンディングの演奏は、メンバーのアドリブである。

Hello, Goodbye(ハロー・グッバイ)の歌詞

You say, “Yes”, I say, “No”
You say, “Stop” but I say, “Go, go, go”
Oh no
You say, “Goodbye”, and I say, “Hello, hello, hello”
I don’t know why you say, “Goodbye”, I say, “Hello, hello, hello”
I don’t know why you say, “Goodbye”, I say, “Hello”

I say, “High”, you say, “Low”
You say, “Why?” And I say, “I don’t know”
Oh no
You say, “Goodbye”, and I say, “Hello, hello, hello” (hello, goodbye, hello, goodbye)
I don’t know why you say, “Goodbye” (hello, goodbye)
I say, “Hello, hello, hello” (Hello, goodbye, hello, goodbye, hello, goodbye)
I don’t know why you say, “Goodbye”, I say, “Hello” (hello, goodbye)

Why, why, why, why, why, why, do you say, “Goodbye, goodbye, bye, bye”
Oh no
You say, “Goodbye”, and I say, “Hello, hello, hello”
I don’t know why you say, “Goodbye”, I say, “Hello, hello, hello”
I don’t know why you say, “Goodbye”, I say, “Hello”

You say, “Yes”, I say, “No” (I say, “Yes”, but I may mean, “No”)
You say, “Stop”, I say, “Go, go, go”, (I can stay still it’s time to go)
Oh, oh no

You say, “Goodbye”, and I say, “Hello, hello, hello”
I don’t know why you say, “Goodbye”, I say, “Hello, hello, hello”
I don’t know why you say, “Goodbye”, I say, “Hello, hello, hello”
I don’t know why you say, “Goodbye”, I say, “Hello-wow, oh hello”
Hela, heba, helloa hela, heba, helloa hela, heba, helloa
Hela, heba, helloa (hela) hela, heba, helloa hela, heba, helloa
Hela, heba, helloa
Hela, heba, helloa
Hela, heba

Hello, Goodbye(ハロー・グッバイ)の歌詞和訳

君が「Yes」って言えば 僕は「No」と言うし

君が「止まれ」って言えば 僕は「行け」って言うんだ 進め進めって

ああ やだな

君が「グッバイ」って言えば 僕は「ハロー」って言うさ ハロー ハローって

どうしてグッバイなんて言うの 僕は言うよ ハロー

ハロー ハローってね

どうしてグッバイなんて言うの 僕は言うよ ハローって

君が「高く」と言えば 僕は「低く」と言うし

「なぜ」と聞かれたら 「わからない」と答えるさ

ああ やだな

君が「グッバイ」って言えば 僕は「ハロー」って言うさ ハロー ハローって

どうしてグッバイなんて言うの 僕は言うよ ハロー

ハロー ハローってね

どうしてグッバイなんて言うの 僕は言うよ ハローって

なぜ どうして どうして君は言うんだよ「グッバイ」って さよならって

嫌なんだ

君が「グッバイ」って言えば 僕は「ハロー」って言うさ ハロー ハローって

どうしてグッバイなんて言うの 僕は言うよ ハロー

ハロー ハローってね

どうしてグッバイなんて言うの 僕は言うよ ハローって

君が「Yes」って言えば 僕は「No」と言う

(僕が言う「Yes」は多分「No」のことなんだ)

君が「止まれ」って言えば 僕は「行け」って言う 進め進めって

(時間が来るまでは居られるよ)

ああ やだな

君が「グッバイ」って言えば 僕は「ハロー」って言うさ ハロー ハローって

どうしてグッバイなんて言うの 僕は言うよ ハロー

ハロー ハローって

どうしてグッバイなんて言うの 僕は言うよ ハロー

ハロー ハローって

どうしてグッバイなんて言うの 僕は言うよ ハロー

ハロー ハローって

和訳のチェックポイント(単語・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず

You say, “Yes”, I say, “No”

君が「Yes」って言えば 僕は「No」と言うし

You say, “Stop” but I say, “Go, go, go”

君が「止まれ」って言えば 僕は「行け」って言うんだ 進め進めって

Oh no

ああ やだな

You say, “Goodbye”, and I say, “Hello, hello, hello”

君が「グッバイ」って言えば 僕は「ハロー」って言うさ ハロー ハローって

I don’t know why you say, “Goodbye”, I say, “Hello, hello, hello”

どうしてグッバイなんて言うの 僕は言うよ ハロー

ハロー ハローってね

I don’t know why you say, “Goodbye”, I say, “Hello”

どうしてグッバイなんて言うの 僕は言うよ ハローって

君と僕という存在が、正反対の価値観をもっているということが示されている。

片方が止まれば、片方は動き出す。

片方が「こんにちは」と言って現れれば、片方は「さようなら」と去っていく。

つまり

  • stop|go
  • Goodbye|Hello

という対立表現は、ふたりが同じ空間に長くいられない磁石のNとSのような存在だと示唆している。

I say, “High”, you say, “Low”

君が「高く」と言えば 僕は「低く」と言うし

You say, “Why?” And I say, “I don’t know”

「なぜ」と聞かれたら 「わからない」と答えるさ

Oh no

ああ やだな

You say, “Goodbye”, and I say, “Hello, hello, hello” (hello, goodbye, hello, goodbye)

君が「グッバイ」って言えば 僕は「ハロー」って言うさ ハロー ハローって

I don’t know why you say, “Goodbye” (hello, goodbye)

どうしてグッバイなんて言うの 僕は言うよ ハロー

I say, “Hello, hello, hello” (Hello, goodbye, hello, goodbye, hello, goodbye)

ハロー ハローってね

I don’t know why you say, “Goodbye”, I say, “Hello” (hello, goodbye)

どうしてグッバイなんて言うの 僕は言うよ ハローって

片方が「高く」と望み、片方が「低く」と望めば、点として決して交わることがない。

「なぜ」に対して「わからない」と答えれば、そこで会話は終わってしまう。

圧倒的なディスコミュニケーションが示唆されている。

Why, why, why, why, why, why, do you say, “Goodbye, goodbye, bye, bye”

なぜ どうして どうして君は言うんだよ「グッバイ」って さよならって

Oh no

嫌なんだ

You say, “Goodbye”, and I say, “Hello, hello, hello”

君が「グッバイ」って言えば 僕は「ハロー」って言うさ ハロー ハローって

I don’t know why you say, “Goodbye”, I say, “Hello, hello, hello”

どうしてグッバイなんて言うの 僕は言うよ ハロー

I don’t know why you say, “Goodbye”, I say, “Hello”

「why」を連続していることから、彼には彼女が唱える「Goodbye」の理由がわからない。

また自分も彼女と同じように「Goodbye」という気はない。

合間に挟まれる「Oh no」という表現から、これは彼自身が望んだ状態ではないともわかる。

しかし、彼が繰り返すのはあくまで

  • Hello

なのだ。

そう、自分とは全く異なる対象を好意的に歓迎する言葉を何度も繰り返してるのである。

つまりこの曲を男女の恋愛ソングとして読むなら、描かれているのは

  • 決して分かり合えない男女

の別れと解釈できる。

が、彼はまだ二人の関係を諦めていない。

自分とは全くことあるパーソナリティをもつ彼女を結局は必要としているのだ。

さらに広義の解釈を行うなら、世の中の

  • あらゆる対立概念

が反発しあいながらも、互いに妥協することも交わることも理解し合うこともできない様を描いている。

それでもここで描かれるのは対立概念の

  • 対話

なのである。

交わることを困難としたまま途方に暮れつつも「Goodbye」「Hello」と叫び続ける必死さ。

そこに、正反対の存在を反発しあいながらも尚、互いを必要としてバランスをとっている様が描かれていると解釈できるだろう。

和訳した感想

ということで今回はBeatles(ビートルズ)の

  • Hello, Goodbye(ハロー・グッバイ)

の歌詞を和訳しました。

とてもシンプルな歌詞ですが非常に深いと感じますし、ビートルズの曲の中で好きな1曲です。

ポール・マッカートニは

‘Hello, Goodbye’ was one of my songs. There are Geminian influences here I think: the twins. It’s such a deep theme in the universe, duality – man woman, black white, ebony ivory, high low, right wrong, up down, hello goodbye – that it was a very easy song to write. It’s just a song of duality, with me advocating the more positive. You say goodbye, I say hello. You say stop, I say go. I was advocating the more positive side of the duality, and I still do to this day.

”ハロー・グッバイ”は僕の曲の1つさ。思うに、僕の星座の影響があるんだよ、つまり双子さ。宇宙の深遠なテーマだよね、双対性って――男と女、白と黒、白人と黒人、高低、正誤、上下、ハローとグッバイ――すごく簡単に書けたな。まさに双対性の曲で、僕はより前向きな方を主張してる。君はグッバイと言い、僕はハローと言う。君は止まれと言い、僕は進めと言う。僕は、よりポジティヴな方を主張してたんだ、そして今も変わらないよ

と語っています。

これはポール・マッカートニーが作詞した多くの曲に見られる特徴だなと感じます。

例えば「Can’t Buy Me Love」は

Money can’t buy me love

金じゃ愛は買えねぇんだ

つまり「金」と「愛」を対立概念において「愛」を擁護するというのが歌い手の立場でした。

『Can’t Buy Me Love』The Beatles 歌詞和訳|『キャント・バイ・ミー・ラヴ』ビートルズ

代表曲「Yesterday」という曲も同じです。「昨日」という誰もが単純にネガティブ(後ろ向き)な表現に落としがちな言葉を

  • 昨日=悩みとは無縁
  • 今日=悩みが日常化

という対立に据えたうえで「I believe in yesterday(僕は昨日を信じるさ)」と繰り返します。

つまり不幸の陰りを漂わせる今日という日々を流されるままに継続したくないという抵抗なんです。

悩みのなかった幸福に満ちていた昨日を僕は信じる、そういった日々を僕は連れ戻せるはずなんだと歌い手は自ら言い聞かせるように唱えています。

『Yesterday』The Beatles 歌詞和訳|『イエスタデイ』ビートルズ

他にも「We Can Work It Out」という曲では、明らかに終わりが見えてる男女を描いています。

それでも男側は馬鹿みたいに最後には

We can work it out

俺たちはうまくいく

We can work it out

ふたりはうまくやれるさ

と呪文のように唱えています。

『We Can Work It Out』The Beatles 歌詞和訳|『恋を抱きしめよう』ビートルズ

ポール・マッカートニーの書く曲は、楽観的に見えるようで実は

  • 負の側面

に気づいています。

背中合わせになってる陰の要素を知ってるうえで、それでも自ら主体的に

  • より光に満ちた方を主張する

んです。

人間ってポジティブなものよりネガティブなものに惹かれるものですし、その方が簡単なんですよ。

それか無理やりにネガティブを排除する。

見ないフリをして、ただただ前向きな部分だけを語ろうとするんです。

でも、そうしない。

それでいて負を排除しようともせず、ただ受け入れて立場として正を主張するんです。

この選択的な姿勢に、力強さのようなものを感じるんです。

一般的に、ポール・マッカートニーよりもジョン・レノンの歌詞の方が評価が高いと思います。

前者と比較すると後者の方が難解で深遠だと感じる人が多数でしょう。

でも簡単なことを難しく語るより、難しいことを簡単に語ることの方が圧倒的に難しい、と私はこの曲を聴くたびに思います。

言語的なセンスというより、着想・視点の問題かもしれませんが。

視座が俯瞰的なんですよね。

だから誰にでも当てはまるような普遍性をもった曲が多く書けたのかなと感じます。

ポール・マッカートニーの曲を聴くと、悩んでも常に光の方を選ぶ人でありたい、とよく思います。

どんなに辛い時でも自分のなかの楽観性を、物事の両面を見る視野の広さを、負に引き寄せられない強さを育てながら生きたいと思わずにはいられません。

error: Content is protected !!