『Help!』The Beatles 歌詞和訳|『ヘルプ!』ビートルズ

今回は、Beatles(ビートルズ)の

  • Help!(ヘルプ!)

の歌詞を和訳したいと思います。

タイトルの意味は「助けて!」で、ジョン・レノンがビートルズの急速な成功に対して抱え込んだストレスを表現した曲です。

当時を振り返りジョン・レノンは

“I was fat and depressed and I was crying out for ‘Help'”

僕は太って落ち込み、”助け”を求めて泣いていた

語っています

煌びやかな光の陰で、人気絶頂のスターが抱えていた悲痛と苦悩を読み取れる一曲です。

ちなみにMVでは、3人が演奏するなか

  • 1人だけ傘をさすリンゴ・スター

がシュールな味を出して笑いを誘ってきます。

I Feel Fine」「Ticket To Ride」のMVに続き、彼がいかに愛され(いじられ?)キャラだったのかよく理解できる映像です。

目次

Beatles(ビートルズ)とは?

Beatles(ビートルズ)とは、イギリス・リヴァプール出身のロックバンド。ジョン・レノンがバンド「クオリーメン」を1957年に結成したのが始まり。

1960年に「ザ・ビートルズ」と改名、1962年にレコードデビュー。1970年に解散した。

デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として

  • ジョン・レノン(リズムギター)
  • ポール・マッカートニー(ベース)
  • ジョージ・ハリソン(リードギター)
  • リンゴ・スター(ドラムス)

という4人で活動を行った。

オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。

リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、こちらに一覧がある。

全213曲中144曲(全体の約68%)は「レノン=マッカートニー」共同クレジット曲。

共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。

Help!(ヘルプ!)という曲

Help!(ヘルプ!)は、1965年7月にビートルズが発表した10枚目のシングル曲である。

1965年『ヘルプ!4人はアイドル(Help!)』という第2作目主演映画のテーマ曲であり、アルバム「Help!」のタイトル曲&オープニング・ナンバーである。

レノン=マッカートニー名義の作品で、主にジョン・レノンによって書かれたが、ポール・マッカートニーが一部手伝っている。

リード・ボーカルを務めるのはジョン・レノンである。

Help!(ヘルプ!)の歌詞

(Help!) I need somebody
(Help!) not just anybody
(Help!) you know I need someone
Help!

(When) When I was younger (when I was young), so much younger than today (I never needed)
I never needed anybody’s help in any way
But now these days are gone, I’m not so self assured (but now these days are gone)
(And now I find) Now I find I’ve changed my mind and opened up the doors

Help me if you can, I’m feeling down
And I do appreciate you being ‘round
Help me get my feet back on the ground
Won’t you please, please help me?

And now my life has changed in oh so many ways (and now my life has changed)
My independence seems to vanish in the haze
But every now and then I feel so insecure (I know that I)
I know that I just need you like I’ve never done before

Help me if you can, I’m feeling down
And I do appreciate you being ‘round
Help me get my feet back on the ground
Won’t you please, please help me

When I was younger, so much younger than today
I never needed anybody’s help in any way
But now these days are gone, I’m not so self assured (but now these days are gone)
(And now I find) now I find I’ve changed my mind and opened up the doors

Help me if you can, I’m feeling down
And I do appreciate you being ‘round
Help me get my feet back on the ground
Won’t you please, please help me, help me, help me, ooh

Help!(ヘルプ!)の歌詞和訳

助けて 誰かが必要だ

助けて 誰でもいいってわけじゃないけど

誰かの助けが必要なんだ

助けて

今よりもずっとずっと若かった頃

決して誰かの助けを必要とはしなかった

でも今では過ぎ去り日 すっかり自信を失って

今はわかる 気持ちが変わって 心の扉を開いてるって

できることなら助けて 落ち込んでるんだ

近くにいてくれる君に心から感謝する

僕を救って 地に足を付けなおしたいんだ

どうか どうか 僕を助けてくれないだろうか?

今や僕の人生はいろんな点で変わってしまった

自立心はぼんやりと消えてしまったけど

ときどき強い不安を感じるんだ

そう ただ君が必要みたいだ 今までにないくらいに

できることなら助けて 落ち込んでるんだ

近くにいてくれる君に心から感謝する

僕を救って 地に足を付けなおしたいんだ

どうか どうか 僕を助けてくれないだろうか?

今よりもずっとずっと若かった頃

決して誰かの助けを必要とはしなかった

でも今では過ぎ去り日 すっかり自信を失って

今はわかる 気持ちが変わって 心の扉を開いてるって

できることなら助けて 落ち込んでるんだ

近くにいてくれる君に心から感謝する

僕を救って 地に足を付けなおしたいんだ

どうか どうか 僕を助けてくれないだろうか?

僕を救って 助けてよ ああ

和訳のチェックポイント(単語・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず

(Help!) I need somebody

助けて 誰かが必要だ

(Help!) not just anybody

助けて 誰でもいいってわけじゃないけど

(Help!) you know I need someone

誰かの助けが必要なんだ

Help!

助けて

単語は

  • someone「誰か」
  • anyone「誰でも」

「not anybody」なので「誰でもいいというわけではない」(自分が選ぶ特定の)誰かの助けが必要だということ。

(When) When I was younger (when I was young),

so much younger than today (I never needed)

今よりもずっとずっと若かった頃

I never needed anybody’s help in any way

決して誰かの助けを必要とはしなかった

But now these days are gone, I’m not so self assured (but now these days are gone)

でも今では過ぎ去り日 すっかり自信を失って

(And now I find) Now I find I’ve changed my mind and opened up the doors

今はわかる 気持ちが変わって 心の扉を開いてるって

単語は

  • in any way「決して、形はどうあれ」
  • self assured「自信のある」
  • change one’s mind「心変わりする」
  • open up doors「道を開く、機会を与える」

昔は誰の助けも拒んでいたのに、今では考えが変わってしまった(誰かを必要としてる)という流れ。

Help me if you can, I’m feeling down

できることなら助けて 落ち込んでるんだ

And I do appreciate you being ‘round

近くにいてくれる君に心から感謝する

Help me get my feet back on the ground

僕を救って 地に足を付けなおしたいんだ

Won’t you please, please help me?

どうか どうか 僕を助けてくれないだろうか?

単語は

  • feel down「落ち込む、へこむ」
  • do(=強調)
  • appreciate「感謝する」
  • being ‘round(=being around「近くにいる」)
  • Help 人 V「人がVするのを助ける」
  • get one’s feet on the ground「地に足を付ける」
  • won’t you~?「~してくれませんか」

「I do appreciate」の「do」は強調の役割なので、過度な訳出はしない。

「get one’s feet on the ground(地に足をつける)」に「back」が加わるので「地に足を着け直したい(=もう1度元の状態に戻りたい)」という意で訳した。

And now my life has changed in oh so many ways (and now my life has changed)

今や僕の人生はいろんな点で変わってしまった

My independence seems to vanish in the haze

自立心はぼんやりと消えてしまったけど

But every now and then I feel so insecure (I know that I)

ときどき強い不安を感じるんだ

I know that I just need you like I’ve never done before

そう ただ君が必要みたいだ 今までにないくらいに

単語は

  • in many ways「いろいろと」
  • independence「独立心、主体性」
  • vanish「消える」
  • haze「霞」
  • every now and then「時々」
  • insecure「危うげ、不安定な」
  • like「~くらい、~ような」

である。

地に足が付かない生活が続き、自分の人生は一転してしまった。

自分の意志ではなく、誰かの意志によって動かされるような状態が続いていて、抵抗する自立心もない。

でもたまに強烈な不安に襲われるんだ、という内容。

和訳した感想

ということで今回はBeatles(ビートルズ)の

  • Help!(ヘルプ!)

の歌詞を和訳しました。

特にこの曲は突如としてスーパースターとなり、人生が一変してしまった赤裸々な戸惑いと不安が読み取れる曲です。

ジョン・レノンは幼少期から苦労が多い人です。

父親は仕事で長期不在、母親は他の男性と同棲してるために伯母夫妻のもとで育てられました。

学生時代は喧嘩ばかりの不良男児。

たまたま近くに住んでいた母親に会いに行くようになり、そこで楽器の演奏を学ぶきっかけを得たようです。

そして18歳の時に母親が警察官の飲酒運転にはねられ死亡。

14歳のときに母親を乳癌で亡くしていたポール・マッカートニーと友情を深めた要因ともいわれています。

頼れるのは自分だけ。

常に孤独を当たり前のように背負っていた自分が、すっかり変わってしまって今や誰かの助けがないと前に進めないという曲です。

ちなみに1970年のインタビューでジョン・レノンはビートルズ時代を振り返り、自身が作曲した

この2曲を最もお気に入りの曲として挙げています

おすすめ音楽ツール

>>Amazonプライム(プライムミュージック)

>>Amazon Music Unlimited

=スマホのアプリを利用すると、歌詞のチェックなども簡単に行えます。Apple Musicも利用していましたが、Amazonの方がプレイリストが充実していて、自分好みの新しい音楽に出会いやすいです。

興味がありましたら、こちらから無料体験(1か月学生は6か月)をどうぞ。

目次
閉じる