『Here Comes The Sun』The Beatles 歌詞和訳|『ヒア・カムズ・ザ・サン』ビートルズ

今回は、Beatles(ビートルズ)の

  • Here Comes The Sun(ヒア・カムズ・ザ・サン)

の歌詞和訳を行います。

この曲は

といった名曲に並ぶジョージ・ハリスン作詞作曲のビートルズ名曲の一つです。

目次

Beatles(ビートルズ)とは?

Beatles(ビートルズ)とは、イギリス・リヴァプール出身のロックバンド。ジョン・レノンがバンド「クオリーメン」を1957年に結成したのが始まり。

1960年に「ザ・ビートルズ」と改名、1962年にレコードデビュー。1970年に解散した。

デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として

  • ジョン・レノン(リズムギター)
  • ポール・マッカートニー(ベース)
  • ジョージ・ハリソン(リードギター)
  • リンゴ・スター(ドラムス)

という4人で活動を行った。

オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。

リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、こちらに一覧がある。

全213曲中144曲(全体の約68%)は「レノン=マッカートニー」共同クレジット曲。

共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。

Here Comes The Sun(ヒア・カムズ・ザ・サン)という曲

Here Comes The Sun(ヒア・カムズ・ザ・サン)は、ビートルズが1969年に発表したアルバム『アビイ・ロード』の収録曲である。

作詞作曲はジョージ・ハリスンで、リードボーカルも彼が務めている。

この曲は、ジョージが親友のエリック・クラプトンの元に遊びに行った際に誕生した。

春の日差しを心地よく感じていたところ、自然に歌詞とメロディが生まれたといい、庭でエリックのアコースティック・ギターを弾きながら歩き回って作ったという。

Here Comes The Sun(ヒア・カムズ・ザ・サン)の歌詞

Here comes the sun, do, dun, do, do
Here comes the sun, and I say
It’s all right

Little darling, it’s been a long cold lonely winter
Little darling, it feels like years since it’s been here

Here comes the sun, do, dun, do, do
Here comes the sun, and I say
It’s all right

Little darling, the smile’s returning to their faces
Little darling, it seems like years since it’s been here

Here comes the sun, do, dun, do, do
Here comes the sun, and I say
It’s all right

Sun, sun, sun, here it comes
Sun, sun, sun, here it comes
Sun, sun, sun, here it comes
Sun, sun, sun, here it comes
Sun, sun, sun, here it comes

Little darling, I feel that ice is slowly melting
Little darling, it seems like years since it’s been clear

Here comes the sun, do, dun, do, do
Here comes the sun, and I say
It’s all right

Here comes the sun, do, dun, do, do
Here comes the sun
It’s all right
It’s all right

Here Comes The Sun(ヒア・カムズ・ザ・サン)の歌詞和訳

ほら 太陽が昇ってくる

太陽は昇るから 僕はこう言うよ

もう大丈夫だって

可愛い君へ 長く冷たい 孤独な冬が続いていたね

可愛い君へ ずっとここに何年もいたみたいだ

ほら 太陽が昇ってくる

太陽は昇るから 僕はこう言うよ

もう大丈夫だって

愛しい君へ 笑顔が皆の顔に戻ってきた

愛しい君へ ずっとここに何年もいたみたいだ

ほら 太陽が昇ってくる

太陽は昇るから 僕はこう言うよ

もう大丈夫だって

太陽は昇る

太陽は昇るんだ

太陽は昇る

太陽は昇るんだ

ほら いつだって太陽は昇ってくるんだ

可愛い君へ ゆっくりと氷が解けていくのを感じるよ

可愛い君へ 快晴が何年もずっと続いてるみたいだ

ほら 太陽が昇ってくる

太陽は昇るから 僕はこう言うよ

もう大丈夫だって

ほら 太陽が昇ってくる

太陽は昇るから 僕はこう言うよ

もう大丈夫だって

大丈夫だよって

和訳のチェックポイント(単語・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず

Here comes the sun, do, dun, do, do

ほら 太陽が昇ってくる

Here comes the sun, and I say

太陽は昇るから 僕はこう言うよ

It’s all right

もう大丈夫だって

タイトルにもなっている

  • Here comes the sun

は、倒置で「The sun comes here」と同じ意である。

「ここ」というのは特に訳出せず、今まさに(ここに)太陽が昇ってくるといった歓喜の含みを「ほら」という和訳で表現した。

Little darling, it’s been a long cold lonely winter

可愛い君へ 長く冷たい 孤独な冬が続いていたね

Little darling, it feels like years since it’s been here

可愛い君へ ずっとここに何年もいたみたいだ

下線部は現在完了形なので「ずっと」という継続のニュアンスで訳した。

以下も同様である。

Little darling, the smile’s returning to their faces

愛しい君へ 笑顔が皆の顔に戻ってきた

Little darling, it seems like years since it’s been here

愛しい君へ ずっとここに何年もいたみたいだ

暗闇を抜け出し、太陽の光に照らされて芽吹いたように、人々の顔に笑顔が戻ってくる様子。

Little darling, I feel that ice is slowly melting

可愛い君へ ゆっくりと氷が解けていくのを感じるよ

Little darling, it seems like years since it’s been clear

可愛い君へ 快晴が何年もずっと続いてるみたいだ

単語は

  • melt「解ける」
  • seem like「~のようだ」
  • clear「快晴、晴れ」

である。

最後にサビで繰り返される

Here comes the sun, do, dun, do, do

ほら 太陽が昇ってくる

Here comes the sun, and I say

太陽は昇るから 僕はこう言うよ

It’s all right

もう大丈夫だって

に関しては、現在形でこれから起こること(未来)を表現してると捉えた。

このような場合、現在形は

  • 確定した未来
  • 不変の事実

を表す。

どんなに苦しいときも、辛いときも悲しいときだって、必ず太陽は昇るという意。

自分が例えどのような場所にいても(精神的に自分を見失っていても)自分自身がいる場所(ここ)に変わらず太陽は昇ってくる。

だから途中は

Sun, sun, sun, here it comes

太陽は昇る

Sun, sun, sun, here it comes

太陽は昇るんだ

Sun, sun, sun, here it comes

ほら いつだって太陽は昇ってくるんだ

と意訳した。

その保証された輝きに、この不変の真理に希望を見るように「It’s all right(大丈夫だ)」と前向きな言葉がこぼれ落ちる様。

和訳した感想

ということで今回はBeatles(ビートルズ)の

  • Here Comes The Sun(ヒア・カムズ・ザ・サン)

の歌詞を和訳しました。

ジョージ・ハリスンの名曲の一つ、どこか繊細だけども明るく前向きな応援ソングといった感じです。

そのまま読めば

  • 冬が終わって春が来て嬉しい

といったスプリングソングです。

ただ、それだけでなく太陽の光が

  • 希望
  • 未来
  • 可能性

といったもののシンボルになっています。

けれども、それだけじゃない。

太陽が昇るまでの長い間、凍てつくような冬(という苦難)があったことを仄めかすからこそ、くっきりとしたコントラストが形作られています。

馬鹿みたいに前向き、というよりはどこか陰があるというのがこの曲の魅力なのかもしれませんね。

この曲もおすすめ

『Here Comes The Sun(ヒア・カムズ・ザ・サン)』が好きな方には、ぜひジョージ・ハリスンの他の曲を聞いてほしいです。

一番有名な曲は『Something』になるでしょう。

この曲とは対照的なしっとりとしたバラードソングではありますが『While My Guitar Gently Weeps』なども、名曲だと思います。

PVも新しく芸術性が高いものなので、ぜひ多くの人に知ってほしいです。

おすすめ音楽ツール

>>Amazonプライム(プライムミュージック)

>>Amazon Music Unlimited

=スマホのアプリを利用すると、歌詞のチェックなども簡単に行えます。Apple Musicも利用していましたが、Amazonの方がプレイリストが充実していて、自分好みの新しい音楽に出会いやすいです。

興味がありましたら、こちらから無料体験(1か月学生は6か月)をどうぞ。

目次
閉じる