学生限定!Amazonプライム6か月無料お試し

『Here, There And Everywhere』The Beatles 歌詞和訳|『ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア』ビートルズ

今回は、Beatles(ビートルズ)の

  • Here, There And Everywhere(ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア)

の歌詞を和訳したいと思います。

タイトルの意味は

  • ここ あそこ どこでも

になります。

自分がいる場所なら「ここにも、あそこにも、どこにだって」愛する彼女が必要なんだというラブソングです。

作曲・作詞者であるポール・マッカートニー自身

  • お気に入りの曲

だそうで、プロデューサーのジョージ・マーティンも称賛していたらしいです。

ジョン・レノンも

Paul’s song completely, I believe. And one of my favourite songs of The Beatles.

完全にポールの曲だと思ってる

で、ビートルズの中で僕のお気に入りの1曲なんだ

と語っています。

Beatles(ビートルズ)とは?

Beatles(ビートルズ)とは、イギリス・リヴァプール出身のロックバンド。ジョン・レノンがバンド「クオリーメン」を1957年に結成したのが始まり。

1960年に「ザ・ビートルズ」と改名、1962年にレコードデビュー。1970年に解散した。

デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として

  • ジョン・レノン(リズムギター)
  • ポール・マッカートニー(ベース)
  • ジョージ・ハリソン(リードギター)
  • リンゴ・スター(ドラムス)

という4人で活動を行った。

オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。

リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、こちらに一覧がある。

全213曲中144曲(全体の約68%)は「レノン=マッカートニー」共同クレジット曲。

共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。

Here, There And Everywhere(ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア)という曲

Here, There And Everywhere(ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア)は、1966年のアルバム『リボルバー』に収録されている楽曲の1つ。

レノン=マッカートニー名義だが、主にポール・マッカートニーの作品。

ジョン・レノンとジョージ・ハリスンと共に、多重録音したコーラスが印象的。

Here, There And Everywhere(ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア)の歌詞

To lead a better life, I need a love of my own here
Making each day of the year
Changing my life with a wave of her hand
Nobody can deny that there’s something there, there

Running my hands through her hair
Both of us thinking how good it can be
Someone is speaking
But she doesn’t know he’s there

I need her everywhere
And if she’s beside me
I know I need never care
But to love her is to need her everywhere

Knowing that love is to share
Each one believing that love never dies
Watching her eyes
And hoping I’m always there

I want her everywhere
And if she’s beside me
I know I need never care
But to love her is to need her everywhere

Knowing that love is to share
Each one believing that love never dies
Watching her eyes
And hoping I’m always there

I will be here, there and everywhere
Here, there and everywhere

Here, There And Everywhere(ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア)の歌詞和訳

より良い人生を送るには ここに愛する人が必要なんだ

毎年一日一日を築きながら

彼女が傍から離れると人生が変わっていく

誰も否定できない そこに何かがあるということ

彼女の髪をさっと撫でて

ふたり一緒に思うんだ どんなに素敵かって

誰かが話しかけても 彼女は気づかないんだ

どこでも彼女がほしい

隣にいれば

わかってる 心配する必要は全くないんだ

でも愛するってことは どこでも彼女を必要とするってことなんだ

愛とは共にすることなのだと知り

お互いに愛は不滅だと信じ

彼女の瞳を見つめて

僕がいつもそこにいられるよう願うんだ

どこでも彼女がほしい

隣にいれば

わかってる 心配する必要は全くないんだ

でも愛するってことは どこでも彼女を必要とするってことなのさ

愛とは共にすることなのだと知り

それぞれが愛は不滅だと信じ

彼女の瞳を見つめて

僕がいつもそこにいられるよう願うんだ

僕はここに あそこに どこにでもいるよ

ここに あそこに どこにでも

和訳のチェックポイント(単語・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず

To lead a better life, I need a love of my own here

より良い人生を送るには ここに愛する人が必要なんだ

Making each day of the year

毎年一日一日を築きながら

Changing my life with a wave of her hand

彼女が傍から離れると人生が変わっていく

Nobody can deny that there’s something there, there

誰も否定できない そこに何かがあるということ

単語は

  • lead a life「生活(人生)を送る」
  • wave one’s hand「手を振る」
  • nobody「誰も~ない」
  • deny「否定する」
  • something「何か」

「a wave of her hand」はバイバイと手を振るような行為(=彼女が傍から離れていく合図)であり、そのたびに人生を変えてしまうほど影響力があるということ。

愛する彼女がいる場所には、”何か”が存在する。

それくらいに自分にとって彼女の存在が大切なんだ、と解釈した。

Running my hands through her hair

彼女の髪をさっと撫でて

Both of us thinking how good it can be

ふたり一緒に思うんだ どんなに素敵かって

Someone is speaking

But she doesn’t know he’s there

誰かが話しかけても 彼女は気づかないんだ

まさに二人だけの世界といった様が描かれている。

I need her everywhere

どこでも彼女がほしい

And if she’s beside me

隣にいれば

I know I need never care

わかってる 心配する必要は全くないんだ

But to love her is to need her everywhere

でも愛するってことは どこでも彼女を必要とするってことなのさ

単語は

  • everywhere「どこでも」
  • care「心配」
  • to V「~すること(名詞的用法)」

どこにいるときも自分は彼女を欲してる。

隣に彼女が居れば心配する必要はないと解っていても、愛してる限りどうしても常に彼女を欲してしまうんだという意。

Knowing that love is to share

愛とは共にすることなのだと知り

Each one believing that love never dies

それぞれが愛は不滅だと信じ

Watching her eyes

彼女の瞳を見つめて

And hoping I’m always there

僕がいつもそこにいられるよう願うんだ

単語は

  • share「共にする」
  • each one「それぞれ」

ずっと愛し合えるためにどうあるべきか、といった内容。

I will be here, there and everywhere

僕はここに あそこに どこにでもいるよ

Here, there and everywhere

ここに あそこに どこにでも

愛してる彼女に、自分がいる場所なら

  • ここ(here)
  • あそこ(there)
  • どこにでも(everywhere)

一緒にいてほしいと願いつつ、君の眼から見ても「ここに、あそこに、どこにでも」僕は傍にいる。

互いが常に一緒に居られる関係であることを願っている歌。

和訳した感想

ということで今回はBeatles(ビートルズ)の

  • Here, There And Everywhere(ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア)

の歌詞を和訳しました。

これは麗らかなラブソングですね~

ポール・マッカートニは当時「リボルバー」に収録する予定の曲を、ジョン・レノンとテープで聞いていたことを振り返って

 And I remember John saying, ‘You know, I probably like that better than any of my songs on the tape.’

ジョンがこう言ったのを覚えてるよ

”なあ ひょっとするとテープの中の僕のどの曲より、この曲が好きかもしれない”

語っています

歌詞も含めて、ジョン・レノンが好みそうな雰囲気ありますよね。

created by Rinker
ユニバーサル ミュージック (e)
error: Content is protected !!