『I Feel Fine』The Beatles 歌詞和訳|『アイ・フィール・ファイン』ビートルズ

今回は、Beatles(ビートルズ)の

  • I Feel Fine(アイ・フィール・ファイン)

の歌詞を和訳したいと思います。

タイトルを直訳すると

  • 僕は気分がいいよ

といった内容になります。

彼女が喜んで自分のカノジョになってくれてる、そのことに満足してる男心が描かれています。

目次

Beatles(ビートルズ)とは?

Beatles(ビートルズ)とは、イギリス・リヴァプール出身のロックバンド。ジョン・レノンがバンド「クオリーメン」を1957年に結成したのが始まり。

1960年に「ザ・ビートルズ」と改名、1962年にレコードデビュー。1970年に解散した。

デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として

  • ジョン・レノン(リズムギター)
  • ポール・マッカートニー(ベース)
  • ジョージ・ハリソン(リードギター)
  • リンゴ・スター(ドラムス)

という4人で活動を行った。

オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。

リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、こちらに一覧がある。

全213曲中144曲(全体の約68%)は「レノン=マッカートニー」共同クレジット曲。

共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。

I Feel Fine(アイ・フィール・ファイン)という曲

I Feel Fine(アイ・フィール・ファイン)は、1964年11月にビートルズが発表した8枚目のシングル曲である。

オリジナル・アルバムには未収録。

レノン=マッカートニー名義だが、主にジョン・レノンの作品であり、リード・ボーカルを務める。

コーラス担当は、ポール・マッカートニーとジョージ・ハリスン。

イントロのフィードバック奏法(ノイズを楽音として取り入れる奏法)が特徴で

ライブでフィード・バックや進んでいる奏法をみんなやっているけど、レコードにこの手法を使ったミュージシャンはいなかった。

これが最初のフィード・バックさ。ビートルズのために声を大にして言いたいね。

とジョン・レノンも語っている

MVでは、ギターを奏でる3人の後ろでエクササイズ・バイクを漕ぐリンゴ・スターの愛嬌にも注目。

I Feel Fine(アイ・フィール・ファイン)の歌詞

Baby’s good to me, you know
She’s happy as can be, you know
She said so
I’m in love with her and I feel fine

Baby says she’s mine, you know
She tells me all the time, you know
She said so
I’m in love with her and I feel fine

I’m so glad that she’s my little girl
She’s so glad, she’s telling all the world
That her baby buys her things, you know
He buys her diamond rings, you know
She said so
She’s in love with me and I feel fine

Baby says she’s mine, you know
She tells me all the time, you know
She said so
I’m in love with her and I feel fine

I’m so glad that she’s my little girl
She’s so glad, she’s telling all the world
That her baby buys her things, you know
He buys her diamond rings, you know
She said so
She’s in love with me and I feel fine
She’s in love with me and I feel fine, mmm

I Feel Fine(アイ・フィール・ファイン)の歌詞和訳

彼女は僕に優しくて

このうえなく幸せなんだ わかるだろ

彼女がそう言ってたんだ

僕は恋してる 気分がいいよ

彼女が言う 私はアナタのものよって

いつだって言うんだ わかるだろ

彼女がそう言ってたんだ

僕は恋してる 気分がいいよ

すごく嬉しいんだ 彼女が僕の恋人で

彼女も嬉しくて 世界中に言いふらすんだ

私の恋人は何でも買ってくれるの

ダイヤモンドの指輪を買ってくれるよって

そう言ってたんだ

彼女は僕に恋してる 気分がいいよ

彼女が言う 私はアナタのものよって

いつだって言うんだ わかるだろ

彼女がそう言ってたんだ

僕は恋してる 気分がいいよ

すごく嬉しいんだ 彼女が僕の恋人で

彼女も嬉しくて 世界中に言いふらすんだ

私の恋人は何でも買ってくれるの

ダイヤモンドの指輪を買ってくれるよって

そう言ってたんだ

彼女は僕に恋してる 気分がいいよ

彼女は僕に恋してる 気分がいいよ

和訳のチェックポイント(単語・文法の解説)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず

Baby’s good to me, you know

彼女は僕に優しくて

She’s happy as can be, you know

このうえなく幸せなんだ わかるだろ

She said so

彼女がそう言ってたんだ

I’m in love with her and I feel fine

僕は恋してる 気分がいいよ

単語は

  • good to「~に優しく接する」
  • ~as can be「この上なく~」

である。

Baby says she’s mine, you know

彼女が言う 私はアナタのものよって

She tells me all the time, you know

いつだって言うんだ わかるだろ

She said so

彼女がそう言ってたんだ

I’m in love with her and I feel fine

僕は恋してる 気分がいいよ

単語は

  • all the time「いつも」

「Baby says she’s mine」は間接話法だが、わかりやすくセリフを直接話法で和訳した。

I’m so glad that she’s my little girl

すごく嬉しいんだ 彼女が僕の恋人で

She’s so glad, she’s telling all the world

彼女も嬉しくて 世界中に言いふらすんだ

That her baby buys her things, you know

私の恋人は何でも買ってくれるの

He buys her diamond rings, you know

ダイヤモンドの指輪を買ってくれるよって

She said so

そう言ってたんだ

She’s in love with me and I feel fine

彼女は僕に恋してる 気分がいいよ

単語は

  • glad that(=that以下のことが嬉しい)
  • all the world「世界中」

「she’s telling」の後ろの「that以下」に、彼女が伝えている内容が続く。

she’s telling all the world

[ That her baby buys her things, you know

He buys her diamond rings, you know ]

[   ] の内容は間接話法だが、わかりやすく直接話法(セリフ式)で和訳した。

和訳した感想

ということで今回はBeatles(ビートルズ)の

  • I Feel Fine(アイ・フィール・ファイン)

の歌詞を和訳しました。

この曲の中では

That her baby buys her things, you know

私の恋人は何でも買ってくれるの

He buys her diamond rings, you know

ダイヤモンドの指輪を買ってくれるよって

と無邪気にはしゃぐ恋人に「気分がいい」と満足している男心が描かれていました。

一方でポール・マッカートニー作の「Can’t Buy Me Love」では

Say you don’t need no diamond rings

ダイヤの指輪なんて要らないって言えよ

And I’ll be satisfied

そしたら俺は満足するぜ

と歌われていました。

ジョン・レノンとポール・マッカートニーの考え方の違いのようなものが見えて、面白い部分ですね。

おすすめ音楽ツール

>>Amazonプライム(プライムミュージック)

>>Amazon Music Unlimited

=スマホのアプリを利用すると、歌詞のチェックなども簡単に行えます。Apple Musicも利用していましたが、Amazonの方がプレイリストが充実していて、自分好みの新しい音楽に出会いやすいです。

興味がありましたら、こちらから無料体験(1か月学生は6か月)をどうぞ。

目次
閉じる