学生限定!Amazonプライム6か月無料お試し

『In My Life』The Beatles 歌詞和訳|『イン・マイ・ライフ 』ビートルズ

今回は、Beatles(ビートルズ)の

  • In My Life(イン・マイ・ライフ)

の歌詞を和訳したいと思います。

タイトルは「僕の人生」という意味で、この曲についてジョン・レノンは

ぼくが意識して自分の生活について書いた最初の歌だったな。

[…]

『イン・マイ・ライフ』の発想が浮かんだのは、メンラブ通り250番地のぼくの家から町へ行くのに乗ったバスの中でね。

ぼくの思いつくだけの場所の名前をあげていったんだ。

で、こいつは放っておくことにして、ひっくりかえっていたら、昔の友だちや恋人たちについてのあの歌詞が浮かんできたんだ。

真ん中の部分はポールが手伝ってくれたよ。

述べています

Beatles(ビートルズ)とは?

Beatles(ビートルズ)とは、イギリス・リヴァプール出身のロックバンド。ジョン・レノンがバンド「クオリーメン」を1957年に結成したのが始まり。

1960年に「ザ・ビートルズ」と改名、1962年にレコードデビュー。1970年に解散した。

デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として

  • ジョン・レノン(リズムギター)
  • ポール・マッカートニー(ベース)
  • ジョージ・ハリソン(リードギター)
  • リンゴ・スター(ドラムス)

という4人で活動を行った。

オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。

リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、こちらに一覧がある。

全213曲中144曲(全体の約68%)は「レノン=マッカートニー」共同クレジット曲。

共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。

In My Life(イン・マイ・ライフ)という曲

In My Life(イン・マイ・ライフ)は、1965年12月に発売された6作目のアルバム『ラバー・ソウル』のB面に収録されている。

レノン=マッカートニー名義だが、主にジョン・レノンが書いた作品で、リード・ボーカルも彼が務める。

In My Life(イン・マイ・ライフ)の歌詞

There are places I’ll remember
All my life, though some have changed
Some forever, not for better
Some have gone, and some remain
All these places had their moments
With lovers and friends, I still can recall
Some are dead, and some are living
In my life, I’ve loved them all

But of all these friends and lovers
There is no one compares with you
And these memories lose their meaning
When I think of love as something new

Though I know I’ll never lose affection
For people and things that went before
I know I’ll often stop and think about them
In my life, I love you more

Though I know I’ll never lose affection
For people and things that went before
I know I’ll often stop and think about them
In my life I love you more

In my life I love you more

In My Life(イン・マイ・ライフ)の歌詞和訳

忘れられない場所がある ずっと

変わってしまった場所もある

変わり続けて 廃れた場所もあれば

失われた場所 残り続ける場所もある

すべての場所で 友達や恋人と過ごすひと時があった

まだ思い出せるよ

亡くなった人も 生きてる人もいる

僕の人生 全員を愛してきた

だけどそんな恋人や友人と比べても

誰より君を愛してる

思い出もすべて意味を失うよ

愛は新しいものだと考えるなら

過ぎ去った人々や出来事への

愛情を失うことはないだろうけど

わかってるさ よく立ち止まって 過去に思いを馳せてるって

僕の人生 何よりも君を愛してる

過ぎ去った人々や出来事への

愛情を失うことはないだろうけど

わかってるさ よく立ち止まって 過去に思いを馳せてるって

僕の人生 何よりも君を愛してる

和訳のチェックポイント(単語・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず

There are places I’ll remember

忘れられない場所がある ずっと

All my life, though some have changed

変わってしまった場所もある

単語は

  • There are「~がある」
  • remember「思い出す」
  • some~「~もある(文頭)」

である。

続く

Some forever, not for better

Some have gone, and some remain

に関しては、こちらの質問から以下ネイティブの補足を参照して

Some [have changed] forever, [and] not for [the] better,

変わり続けて 廃れた場所もあれば

[Whilst] Some have gone, and some [still] remain

失われた場所 残り続ける場所もある

と和訳した。

  • change for the better「好転する」
  • have gone「行ってしまった(=失われた)」
  • remain「残る」

である。

馴染みある場所が長い時間を通して変容する様を描いている。

All these places had their moments

すべての場所で 友達や恋人と過ごすひと時があった

With lovers and friends, I still can recall

まだ思い出せるよ

Some are dead, and some are living

亡くなった人も 生きてる人もいる

In my life, I’ve loved them all

僕の人生 全員を愛してきた

単語は

  • a moment「ひと時、瞬間」
  • recall「思い出す」

すべての場所に思い出があり、自分の愛する多くの人と共に時間を共有してきたということ。

But of all these friends and lovers

だけどそんな恋人や友人と比べても

There is no one compares with you

誰より君を愛してる

単語は

  • of「~の中で」
  • compare with「~に匹敵する」

本来の文章は

  • There is no one ( who ) compares with you

だが「There is」から始まる文章において、関係代名詞の主格は省略可能となっている。

直訳すると

  • それらすべての友人や恋人の中で君に匹敵する人間はいない

となる。

ここでは、前文の「I’ve loved them all」を踏まえて

  • そんな恋人や友人と比べても誰より君を愛してる

と意訳した。

And these memories lose their meaning

思い出もすべて意味を失うよ

When I think of love as something new

愛は新しいものだと考えるなら

単語は

  • meaning「意味」
  • think of「~について考える」
  • as「として」

過去の素晴らしい友人や恋人さえも「今現在」の君「これから先」に君と描く未来と比較すれば叶うはずもない。

何故なら自分は「愛」を「過去」ではなく「未来」に見出すからだという意。

Though I know I’ll never lose affection

過ぎ去った人々や出来事への

For people and things that went before

愛情を失うことはないだろうけど

I know I’ll often stop and think about them

わかってるさ よく立ち止まって 過去に思いを馳せてるって

In my life, I love you more

僕の人生 何よりも君を愛してる

単語は

  • affection「愛情、愛着」
  • stop and think 「立ち止まって考える」

自分はよく過去のことを考えしまう人間だが、それ以上に僕の人生の今と未来にいる君を愛してるという意。

和訳した感想

ということで今回はBeatles(ビートルズ)の

  • In My Life(イン・マイ・ライフ)

の歌詞を和訳しました。

ジョン・レノンは10代の頃に既に育ての伯父や実の母親を亡くしています。

こちらの記事(「Help!」の和訳)にも書いたように不遇ともいえる幼少期を過ごしているのですが、だからこそ

Some are dead, and some are living

亡くなった人も 生きてる人もいる

In my life, I’ve loved them all

僕の人生 全員を愛してきた

という言葉は胸に染みるものがありますね。

前向きで未来に目を向けている、ジョン・レノンの詞の良さを味わえる素敵な歌詞だと感じました。

error: Content is protected !!