『小さな愛の願い 』カーペンターズ 歌詞和訳|『It’s Going to Take Some Time』Carpenters

今回は、カーペンターズ(Carpenters)の

  • 小さな愛の願い(It’s Going to Take Some Time)

の歌詞を和訳したいと思います。

冒頭の「テテレテッ♪テテレテッ♪」というイントロに覚えがある人も多いかもしれません。

タイトルの意味は

  • 少し時間がかかる

という感じです。

失恋の後に、立ち直るのに少し時間がかかるといった内容です。

悲しみを歌った曲ではありますが、そっと語り手の強さ(前向きさ)が描かれているのが魅力かなと感じました。

目次

カーペンターズ(Carpenters)とは?

カーペンターズ(Carpenters)とは、アメリカ出身の兄妹ポップ・デュオである。

兄のリチャード・カーペンターが楽器を担当し、ボーカルを妹のカレン・カーペンターが務めた。

ロック全盛の1970年代に大きな成功を収め、アルバム・シングルの総売上枚数は1億枚を上回るといわれている。

1983年のカレンの死により活動を終えた。

(彼女の死因が拒食症に起因する心停止だったことから、摂食障害の危険性が広く認知されるようになったともいわれえれている)

代表曲として「遥かなる影」「イエスタデイ・ワンス・モア」「青春の輝き」など。

小さな愛の願い(It’s Going to Take Some Time)という曲

小さな愛の願い(It’s Going to Take Some Time)は、1971年にキャロル・キングとトニ・スターンが作詞作曲した楽曲。

1972年にカーペンターズのカバーがヒットした。

小さな愛の願い(It’s Going to Take Some Time)の歌詞

It’s gonna take some time this time
To get myself in shape
I really fell out of line this time
I really missed the gate
The birds on the telephone line, (next time)
Are cryin’ out to me, (next time)
And I won’t be so blind next time
And I’ll find some harmony

But it’s going to take some time this time
And I can’t make demands
But, like the young trees in the winter time
I’ll learn how to bend
After all the tears we’ve spent
How could we make amends?
So, it’s one more round for experience
And I’m on the road again
And it’s going to take some time this time

And I can’t make demands

I’ll learn how to bend

It’s going to take some time this time
No matter what I’ve planned
And, like the young trees in the winter time
I’ll learn how to bend
After all the tears we’ve spent
How could we make amends?
So, it’s one more round for experience
And I’m on the road again
And it’s going to take some time this time

小さな愛の願い(It’s Going to Take Some Time)の歌詞和訳

今回は時間がかかるわ

自分のペースを取り戻すには

今回は 本気で一線を超えて

出口を見失ってしまったの

電線の上に並ぶ鳥たちは

私のためにないてくれている

だから 今度はこんな盲目にならず

新しいハーモニーを見つけるわ

今回は時間がかかるから

無理を求めず

でも 冬を凌ぐあの若い木々のように

しなう術を学んでゆく

ありったけの涙を流した後に

どうすれば二人 変われたのかしら

これもまた一つの経験なの

私は再び旅に出る

今度は 時間がかかりそう

無理を求めず

しなう術を学んでゆく

今度は 時間がかかりそう

どんなに先を考えたとしても

でも 冬を凌ぐあの若い木々のように

しなう術を学んでゆく

ありったけの涙を流した後に

どうすれば二人 変われたのかしら

これもまた一つの経験なの

私は再び旅に出る

今度は 時間がかかりそう

和訳のチェックポイント(単語・文法の解説)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず

It’s gonna take some time this time

今回は時間がかかるわ

To get myself in shape

自分のペースを取り戻すには

I really fell out of line this time

今回は 本気で一線を超えて

I really missed the gate

出口を見失ってしまったの

単語は

  • gonna(=going to)
  • get oneself in shape「調子を整える」
  • miss「見失う」

である。

The birds on the telephone line, (next time)

電線の上に並ぶ鳥たちは

Are cryin’ out to me, (next time)

私のためにないてくれている

And I won’t be so blind next time

だから 今度はこんな盲目にならず

And I’ll find some harmony

新しいハーモニーを見つけるわ

単語は

  • blind「盲目」

である。

「harmony」は「新しい恋」のメタファーと捉えた。

But it’s going to take some time this time

今回は時間がかかるから

And I can’t make demands

無理を求めず

But, like the young trees in the winter time

でも 冬を凌ぐあの若い木々のように

I’ll learn how to bend

しなう術を学んでゆく

単語は

  • make demands「要求する」
  • bend「曲がる、しなう」

である。

傷ついた自分を無理やりに鼓舞して、新しい恋を探すのではない。

冬を耐え凌いで、春を待つ若木のように、しなやかにこの苦しみを乗り越える方法を学んでいきたいという意。

After all the tears we’ve spent

ありったけの涙を流した後に

How could we make amends?

どうすれば二人 変われたのかしら

So, it’s one more round for experience

これもまた一つの経験なの

And I’m on the road again

私は再び旅に出る

And it’s going to take some time this time

今度は 時間がかかりそう

単語は

  • amend「修正する、変える」
  • experience「経験」

である。

二人の関係が苦しみに終わり(=変えようがなかった)、自分は一人で旅に出る(=彼の元を去る)という流れ。

和訳した感想

ということで今回は、カーペンターズ(Carpenters)の

  • 小さな愛の願い(It’s Going to Take Some Time)

の歌詞を和訳しました。

失恋の曲ではありますが、彼女がそこから学びを得ようとしていることが伝わってきます。

ただ悲しみに浸っているのではなく、未来を見ようとしている、どこか前向きな失恋ソングという点が印象的でした。

冬を凌ぐ若木のように…

というのが、個人的にはとても気に入った点です。

失恋だけでなく、人生には「冬」としか言いようがない辛い時期や運の巡り合わせようなものがあります。

その時期を、じっと折れることなく、静かに耐え抜く。

そして春を迎えて芽吹き、花を咲かす。

この移り変わりを重ねながら成長し、少しずつ自らの幹を太くしていけるような、そんな人でありたいと思うものがありました。

おすすめ音楽ツール

>>Amazonプライム(プライムミュージック)

>>Amazon Music Unlimited

=スマホのアプリを利用すると、歌詞のチェックなども簡単に行えます。Apple Musicも利用していましたが、Amazonの方がプレイリストが充実していて、自分好みの新しい音楽に出会いやすいです。

興味がありましたら、こちらから無料体験(1か月学生は6か月)をどうぞ。

目次
閉じる