学生限定!Amazonプライム6か月無料お試し

『Don’t Be So Hard On Yourself』Jess Glynne 歌詞和訳|『ドント・ビー・ソー・ハード・オン・ユアセルフ』ジェス・グリン

歌詞和訳「Don't Be So Hard」

今回の記事では、ジェス・グリン(Jess Glynne)の

  • Don’t Be So Hard On Yourself(ドント・ビー・ソー・ハード・オン・ユアセルフ)

の歌詞を和訳したいと思います。

曲のタイトルである「don’t be so hard on yourself」は

  • 自分にそんなに厳しくしないで
  • 自分をそんなに責めないで

という意味です。

とてもソウルフルな応援ソング。

自分に厳しくしすぎて疲れてるという人に、ぜひ1度聞いてほしいです。

ジェス・グリン(Jess Glynne)とは?

ジェス・グリン(Jess Glynne)は、イギリス出身の歌手。

1989年10月20日生まれ。

第57回グラミー賞で授賞最優秀ダンス・レコーディング賞を受賞。

ソロアルバム2015年アルバム『I Cry When I Laugh』は、イギリスのチャートで初登場1位を獲得し、200万枚のセールを記録した。

「Don’t Be So Hard On Yourself」という曲について

「Don’t Be So Hard On Yourself」は、2015年のソロアルバム「I Cry When I Laugh」に収録されている1曲。

後にシングル化して、リリースされた。

「Don’t Be So Hard On Yourself」の歌詞

I came here with a broken heart that no one else could see
I drew a smile on my face to paper over me
The wounds heal and tears dry and cracks they don’t show
So don’t be so hard on yourself, no

Let’s go back to simplicity
I feel like I’ve been missing me
Was not who I’m supposed to be
I felt this darkness over me
We all get there eventually
I never knew where I belonged
But I was right and you were wrong
Been telling myself all along

Don’t be so hard on yourself, no
Learn to forgive, learn to let go
Everyone trips, everyone falls
So don’t be so hard on yourself, no
‘Cause I’m just tired of marching on my own
Kind of frail, I feel it in my bones
Oh let my heart, my heart turn into stone
So don’t be so hard on yourself, no

I’m standin’ on top of the world, right where I wanna be
So how can this dark cloud keep raining over me
But hearts break and hells a place that everyone knows
So don’t be so hard on yourself, no

Let’s go back to simplicity
I feel like I’ve been missing me
Was not who I’m supposed to be
I felt this darkness over me
We all get there eventually
I never knew where I belonged
But I was right and you were wrong
Been telling myself all along

Don’t be so hard on yourself, no
Learn to forgive, learn to let go
Everyone trips, everyone falls
So don’t be so hard on yourself, no
‘Cause I’m just tired of marching on my own
Kind of frail, I feel it in my bones
Oh let my heart, my heart turn into stone
So don’t be so hard on yourself, no

Oh, oh, oh, I
I learned to wave goodbye
How not to see my life
Through someone else’s eyes
It’s not an easy road
But now I’m not alone
So I, I won’t be so hard on myself no more

Don’t be so hard on yourself, no
Learn to forgive, learn to let go
Everyone trips, everyone falls
So don’t be so hard on yourself, no
‘Cause I’m just tired of marching on my own
Kind of frail, I feel it in my bones
Oh let my heart, my heart turn into stone
So don’t be so hard on yourself, no

‘Cause I’m just tired of marching on my own
Kind of frail, I feel it in my bones
Oh let my heart, my heart turn into stone
So don’t be so hard on yourself, no

「Don’t Be So Hard On Yourself」の歌詞和訳

私はここに来た 誰にも見えない傷を抱えて

顔に笑顔を張り付けてた 本当の自分を覆い隠すため

だけど傷は癒え 涙は乾き ひび割れは消えていく

だから そんなに自分に厳しくしなくていいの

単純さに 立ち返ってみるわ

自分自身をずっと見失ってた気がする

あるべき姿じゃなかった

暗闇に覆いつくされていた感じ

誰もが結局 行き着くのよ

全然わからなかった 自分の居場所

でも私が正しくて あなたが間違ってた

これまでずっと自分に言い聞かせてた

自分をそんなに責めなくていいの

許すこと 手放すことに気づいて

誰もが躓いて 転ぶから

だから そんなに自分に厳しくしないで

だってそろそろ疲れたわ

一人ぼっちでずっと歩き続けることに

自分の弱さ 心の底では気付いてる

心を石には変えたくない

だから そんなに自分に厳しくしないで

私は世界のてっぺんに立っている

ずっとここに来たかった

この暗雲だって 私に雨を降らせることはできないわ

でも心は壊れるの

地獄を誰もがそれを知ってるわ

だからそんなに自分に厳しくしなくていいの

(サビ繰り返し)

私は学んだ さよならって手を振ること

他人の目を通して 自分の人生を見ない方法を

簡単な道じゃないけど

独りでもない

だから私は自分を責めない もうこれ以上は

(サビ繰り返し)

和訳チェックポイント(単語の意味・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず最初の

I came here with a broken heart that no one else could see

私はここに来たわ 誰にも見えない傷を抱えて

I drew a smile on my face to paper over me

顔に笑顔を張り付けてた 本当の自分を覆い隠すため

The wounds heal and tears dry and cracks they don’t show

だけど傷は癒えるし、涙は乾くし、ひび割れも消えていく

So don’t be so hard on yourself, no

だから、そんなに自分に厳しくしなくていいの

気になったのは

  • I drew a smile on my face to paper over me

という部分。

「paper over」は動詞で「~を覆い隠す」という意味。

「me」というのは「本当の自分」という感じで、隠すために無理やり笑顔を作っていたと解釈した。

Let’s go back to simplicity

単純さに、立ち返ってみるわ

I feel like I’ve been missing me

自分自身をずっと見失ってた気がする

Was not who I’m supposed to be

あるべき姿じゃなかったわ

I felt this darkness over me

暗闇に覆いつくされていた感じ

「Be supposed to 」は「~することになっている」なので

  • who I’m supposed to be

は「あるべき自分」と解釈。

続く

We all get there eventually

誰もが結局 行き着くのよ

に関しては

  • 次第に(プラスの方向へ)たどり着く
  • (前述の)暗闇にたどり着く

どちらかで別れると感じる。

  • eventually「やがて、ついに」

という意味なので、最終的に救われたというニュアンスで解釈する人が多いと思う。

が、ここで「eventually」は徐々に悪い事態が進行し、ついには誰もが暗闇の中をさまよってしまう様子を指すと考えた。

そのため

I never knew where I belonged

全然わからなかった 自分の居場所が

と続くと考えた。

But I was right and you were wrong

でも私が正しくて あなたが間違ってた

Been telling myself all along

これまでずっと自分に言い聞かせてた

単語は

  • where I belonged「私の居場所」
  • all along「最初からずっと」

という意味。

Don’t be so hard on yourself, no

自分をそんなに責めなくていいの

Learn to forgive, learn to let go

許すこと 手放すことに気づいて

Everyone trips, everyone falls

誰もが躓いて 転ぶから

So don’t be so hard on yourself, no

だから そんなに自分に厳しくしないで

‘Cause I’m just tired of marching on my own

だってそろそろ疲れたわ

一人ぼっちで、ずっと歩き続けることに

Kind of frail, I feel it in my bones

自分の弱さ 心の底で気付いてる

Oh let my heart, my heart turn into stone

心を石には変えたくない

So don’t be so hard on yourself, no

だから そんなに自分に厳しくしないで

「march」は「行進する、前進する」という意味。

ここでは

  • 自分ひとりの力で黙々と(人生を)進んでいく

という孤独を表してると考えた。

  • Kind of「少し、ちょっと、やや」
  • frail「弱さ」

「kind of」は後ろに続く対象を曖昧にする役割。

(本当は認めたくないけれど)

  • in my bones「骨の髄=心の底」

で感じているので、気づかずにはいられないという意味。

I’m standin’ on top of the world, right where I wanna be

私は世界のてっぺんに立っている

ずっとここに来たかった

So how can this dark cloud keep raining over me

この暗雲だって 私に雨を降らせることはできないわ

But hearts break and hells a place that everyone knows

でも心は壊れるの

地獄 誰もがそれを知ってるわ

気になる箇所は

  • how can this dark cloud keep raining over me

の部分。

ここでは

  • How can that be?(そんなわけないでしょ?)

と同じニュアンスで「そんなことになるわけない(もしなったらビックリだ)」という解釈。

世界のてっぺんに立っている自分は雲を突き抜けた存在。

なので、そのうえに雨が降るわけないわよね?

と歌うが、心は壊れるし、地獄を知らない人はいないという歌詞が続く。

どんな場所にいても困難は避けられない。

だからこそ

So don’t be so hard on yourself, no

だから そんなに自分に厳しくしなくていいの

という流れ。

I learned to wave goodbye

私は学んだわ さよならって手を振ること

How not to see my life

Through someone else’s eyes

他人の目を通して 自分の人生を見ない方法を

It’s not an easy road

簡単な道じゃない

But now I’m not alone

でも独りじゃない

So I, I won’t be so hard on myself no more

だから私は自分を責めない、もうこれ以上は

文法的なポイントを挙げれば

  • How not to see my life

の「not」はto以下の内容を指すので「自分の人生を見ない方法」と否定になる。

他人の視線に左右されない、自分の人生は自分で決める、それが簡単な道じゃなくても…という決意が表現されている。

和訳してみた感想

ということで今回の記事では

  • don’t be so hard on yourself

を和訳しました。

何気なく「プライムミュージック」を聞いていたら、耳に入った曲。

とても良いフレーズだな、と感じたので早速訳してみました。

don’t be so hard on yourself

そんなに自分に厳しくしなくていいの

というサビが印象的です。

自分に厳しすぎる人は多くいます。

どんな場所にいても苦しいことはあるのだから、わざわざ自分で地獄を作る必要はないのです。

せっかく生まれたのだから、この世に遊びに来たくらいのつもりで、生きていたいですね。

元気を出したいという人に、おすすめの1曲です。

error: Content is protected !!