『Love Me Do』The Beatles 歌詞和訳|『ラヴ・ミー・ドゥ』ビートルズ

今回は、Beatles(ビートルズ)の

  • Love Me Do(ラヴ・ミー・ドゥ)

の歌詞を和訳したいと思います。

タイトルの意味は

  • 僕を愛してくれ

「Love Me Do」の「Do」は強調の役割を果たしつつ「you」「true」「new」などと韻を踏むための工夫になります。

目次

Beatles(ビートルズ)とは?

Beatles(ビートルズ)とは、イギリス・リヴァプール出身のロックバンド。ジョン・レノンがバンド「クオリーメン」を1957年に結成したのが始まり。

1960年に「ザ・ビートルズ」と改名、1962年にレコードデビュー。1970年に解散した。

デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として

  • ジョン・レノン(リズムギター)
  • ポール・マッカートニー(ベース)
  • ジョージ・ハリソン(リードギター)
  • リンゴ・スター(ドラムス)

という4人で活動を行った。

オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。

リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、こちらに一覧がある。

全213曲中144曲(全体の約68%)は「レノン=マッカートニー」共同クレジット曲。

共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。

Love Me Do(ラヴ・ミー・ドゥ)という曲

Love Me Do(ラヴ・ミー・ドゥ)は、1962年10月にリリースされたビートルズのデビュー・シングルである。

ファースト・アルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」に収録されている。

1958~1959年当時に不登校生だった16歳のポール・マッカートニーが書いた作品。

ミドルエイトのみジョン・レノンが書いている。

発売当初イギリスでのヒットチャート記録は最高17位だったが、最終的にはトータル30万枚以上のセールスを記録した。

Love Me Do(ラヴ・ミー・ドゥ)の歌詞

Love, love me do
You know I love you
I’ll always be true
So please, love me do
Whoa, love me do

Love, love me do
You know I love you
I’ll always be true
So please, love me do
Whoa, love me do

Someone to love
Somebody new
Someone to love
Someone like you

Love, love me do
You know I love you
I’ll always be true
So please, love me do
Whoa, love me do

Love, love me do
You know I love you
I’ll always be true
So please, love me do
Whoa, love me do
Yeah, love me do
Whoa, oh, love me do

Love Me Do(ラヴ・ミー・ドゥ)の歌詞和訳

愛してよ 僕を愛してくれ

わかってるだろう 君が好きなんだ

僕はいつだって正直だよ

だからお願い 僕を愛して

ああ 僕を愛してくれ

愛すべき人は

新しい誰か

愛すべき人は

君のような誰かさ

愛してよ 僕を愛してくれ

わかってるだろう 君が好きなんだ

僕はいつだって正直だよ

だからお願い 愛してくれよ

ああ 僕を愛してくれ

愛してよ 僕を愛してくれ

わかってるだろう 君が好きなんだ

僕はいつだって正直だよ

だからお願い 愛してくれよ

ああ 僕を愛してくれ

和訳のチェックポイント(単語・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まずサビの部分は

Love, love me do

愛してよ 僕を愛してくれ

You know I love you

わかってるだろう 君が好きなんだ

I’ll always be true

僕はいつだって正直だよ

So please, love me do

だからお願い 僕を愛して

Whoa, love me do

ああ 僕を愛してくれ

冒頭で説明したように「Love me do」の「do」は

  • 強調

の意味であるが、それ以上に太文字にした末尾で韻を踏むための工夫と捉えるのが自然だろう。

  • true「本当の、純粋な、忠実な」

君に対してウソを吐いたりしない。

君が好きだというのも「ホンモノ」の気持ちで誠実でいる、という内容。

Someone to love

愛すべき人は

Somebody new

新しい誰か

Someone to love

愛すべき人は

Someone like you

君のような誰かさ

単語は

  • somebody「誰か」
  • like「~のような」

「somebody」は後ろから形容詞で修飾するため「somebody new」といった語順になる。

愛してほしい、と歌っているが君への想いは叶わないかもしれない。

そしたら新しい誰かを、きっとまた君のような人を探すだろうといったニュアンスである。

和訳した感想

ということで今回はBeatles(ビートルズ)の

  • Love Me Do(ラヴ・ミー・ドゥ)

の歌詞を和訳しました。

ちなみにLove Me Do(ラヴ・ミー・ドゥ)には、ドラマーが異なる3つのテイクが存在するそうです。

1つ目は、オーディション時の録音。

デビュー直前までドラムスを担当していたピート・ベストが演奏しています。

2つ目は、デビュー・シングルのための録音。

ビートルズのメンバーとしてドラムスを担当したリンゴ・スターが演奏しています。

そして3つ目は、リンゴ・スターのドラムスに満足しなかったプロデューサーの意向で、アンディ・ホワイトがドラムスを担当しました。

このときリンゴ・スターはタンバリンを叩いており

やっぱり僕もピートみたいに切り捨てられるのかと思った

と後にコメントしています。

現在、最も広く聞かれているのはこの3番目のテイクにあたるそうです。

ビートルズの始まりを飾る曲として『Please Please Me』と合わせて聞く人も多いかもしれませんね。

おすすめ音楽ツール

>>Amazonプライム(プライムミュージック)

>>Amazon Music Unlimited

=スマホのアプリを利用すると、歌詞のチェックなども簡単に行えます。Apple Musicも利用していましたが、Amazonの方がプレイリストが充実していて、自分好みの新しい音楽に出会いやすいです。

興味がありましたら、こちらから無料体験(1か月学生は6か月)をどうぞ。

目次
閉じる