Amazon Music Unlimited 6500万曲聞き放題! 30日間無料キャンペーン中

Maroon5「This Love」歌詞和訳|マルーン5「ディス・ラブ」

Maroon5「This Love」歌詞和訳|マルーン5「ディス・ラブ」

今回の記事では、Maroon 5(マルーン5)

  • This Love(ディス・ラブ)

の歌詞を和訳したいと思います。

マルーン5のデビューアルバムに収録された曲の中でも人気が高く、シングルカットされています。

訳してみると、実は結構セクシーな曲でした。

Maroon 5(マルーン5)って?

Maroon 5(マルーン5)は、1994年から4人組バンド「カーラズ・フラワーズ」(Kara’s Flowers)として活動を開始。

5人編成になった2001年から「マルーン5」(Maroon5)と改名した。

2002年(日本では2003年)1stアルバム『ソングス・アバウト・ジェーン』(Songs About Jane)がロング・セラーとなり『第47回グラミー賞』最優秀新人賞を受賞。

ちなみにバンド名の由来はトップ・シークレットで、メンバーは決して口外しないという。

現在は5人ではなく、7人体制で活動中。

This Love(ディス・ラブ)という曲について

This Love(ディス・ラブ)は、マルーン5のデビューアルバム『ソングス・アバウト・ジェーン』(2002)収録されている曲の1つ。

2004年にはシングルリリースもされた。

歌詞は、この曲の作詞作曲を務めたアダム・レヴィーンが当時付き合ってた彼女との別れをモチーフにしたものである。

MVは、アダムと女性のベッドシーンを婉曲的に表現するために独創的なカメラアングルが使用されたという。

このMVは2004年のMTV Video Music Awardsの最優秀新人賞を受賞した。

This Love(ディス・ラブ)の歌詞

I was so high, I did not recognize
The fire burning in her eyes
The chaos that controlled my mind
Whispered goodbye as she got on a plane
Never to return again
But always in my heart

This love has taken its toll on me
She said goodbye too many times before
And her heart is breaking in front of me
I have no choice ‘cause I won’t say goodbye anymore, woah, woah, woah

I tried my best to feed her appetite
Keep her coming every night
So hard to keep her satisfied
Oh, kept playing love like it was just a game
Pretending to feel the same
Then turn around and leave again

But, oh, this love has taken its toll on me
She said goodbye too many times before
And her heart is breaking in front of me
I have no choice ‘cause I won’t say goodbye anymore woah, woah, woah

I’ll fix these broken things
Repair your broken wings
And make sure everything is alright
My pressure on your hips
Sinking my fingertips
Into every inch of you
‘Cause I know that’s what you want me to do

This love has taken its toll on me
She said goodbye too many times before
Her heart is breaking in front of me
I have no choice ‘cause I won’t say goodbye anymore

This love has taken its toll on me
She said goodbye too many times before
My heart is breaking in front of me
She said goodbye too many times before

This love has taken its toll on me
She said goodbye too many times before
Her heart is breaking in front of me
I have no choice ‘cause I won’t say goodbye anymore

This Love(ディス・ラブ)の歌詞和訳

浮かれきって 気づかなかった

彼女の瞳の中で燃える炎と

僕の心を支配するカオスに

「サヨナラ」って囁いて 彼女は飛行機で飛び去った

もう二度と戻らない

でも僕の心にはいつでも

この愛が 僕をボロボロに傷つけてしまった

彼女は言った「サヨナラ」って その前に何度も何度も

彼女の心が泣いている 僕の目の前で

どうしようもないんだよ だって僕はサヨナラを言いたくない

最善を尽くしたよ 彼女の欲望を満たすために

彼女が毎晩来てくれるように

満足させ続けるのは すごく大変なんだ

ただのゲームみたいに 愛を交わして

同じように感じてるふりをして

すると そっぽを向いて また去っていく

けど 分かってるんだ

(繰り返し)

僕が壊れてしまったものをなおすよ

君の傷ついた羽もね

すべてうまくいくかを確かめて

腰からぎゅっと抱きしめて

指を這わせる

君の身体の隅から隅まで

わかってるんだ それが僕にしてほしいことだって

(サビ繰り返し)

和訳チェックポイント(単語の意味・文法など)

ここでは、訳した際のポイントをまとめておきたいと思う。

まず

I was so high, I did not recognize

浮かれきって 気づかなかった

The fire burning in her eyes

彼女の瞳の中で燃える炎と

The chaos that controlled my mind

僕の心を支配するカオスに

「recognize」(認識する)の内容が、以下に続くと考えた。

彼女に恋をしていて、その本質を見抜いていなかったと反省するような出だしである。

Whispered goodbye as she got on a plane

「サヨナラ」って囁いて 彼女は飛行機で飛び去った

Never to return again

もう二度と戻らない

But always in my heart

でも僕の心にはいつでも

過去形なので、彼女は既にもうここにはいない。

でも、彼自身が未練たらたらだとわかる。

サビの部分は

This love has taken its toll on me

この愛が 僕をボロボロに傷つけてしまった

She said goodbye too many times before

彼女は言った「サヨナラ」って その前に何度も何度も

ここは

  • take a toll on 「~に被害を与える」
  • too many times「何度も」

現在完了形の「完了」の意で訳。

また「before」を踏まえ、自分がボロボロに傷つく前に(brefore)彼女は「サヨナラ」を何度も繰り返して警告してたのに…というニュアンスで訳した。

And her heart is breaking in front of me

彼女の心が泣いている 僕の目の前で

ここで「her heart is breaking」は現在形。

飛行機で飛び去ってしまった彼女ではなく、あくまで「彼女の心」が今もまだ泣いているという歌詞。

サビの前の歌詞で

But always in my heart

でも僕の心にはいつでも

とあるので、彼女という存在は目の前からいなくなったが、彼女の心は「いつでも自分の心のうち」にあり対峙できるというニュアンス。

その心が泣いている、ということは彼女の意(サヨナラ)に沿えず

I have no choice ‘cause I won’t say goodbye anymore, woah, woah, woah

どうしようもないんだよ だって僕はサヨナラを言いたくない

自分は別れを、どうしても認められないということ。

続く2番では

I tried my best to feed her appetite

最善を尽くしたよ 彼女の欲望を満たすために

Keep her coming every night

彼女が毎晩来てくれるように

So hard to keep her satisfied

満足させ続けるのは すごく大変なんだ

Oh, kept playing love like it was just a game

ただのゲームみたいに 愛を交わして

Pretending to feel the same

同じように感じてるふりをして

Then turn around and leave again

すると そっぽを向いて また去っていく

単語は

  • feed「食事を与える」
  • appetite「食欲、欲望」
  • satisfied「満足している」
  • pretend「ふりをする」
  • turn around「方向を転換する」

二人の夜の営みについて間接的な表現がなされている。

真剣な男に対して、女はあくまで遊びというスタンスらしいとうかがえる歌詞。

I’ll fix these broken things

僕が壊れてしまったものをなおすよ

Repair your broken wings

君の傷ついた羽もね

And make sure everything is alright

すべてうまくいくかを確かめて

My pressure on your hips

腰からぎゅっと抱きしめて

Sinking my fingertips

指を這わせる

Into every inch of you

君の身体の隅から隅まで

‘Cause I know that’s what you want me to do

わかってるんだ それが僕にしてほしいことだって

単語は

  • fix「なおす」
  • repair「修理する」
  • make sure「確かめる」
  • every inch of「隅から隅まで」

なかなかエロティックな描写が続く場面である。

「hip」は、腰のくぼみと脚の付け根当たりの位置。

「what you want me to do」の「what」は名詞節を導いている。

訳してみた感想

中学生のころだったか。

初めて「洋楽」というものに興味をもち、何もわからずレンタルショップに足を運んだ。

そのとき手に取ったのが、当時大流行していたこのアルバム。

Maroon 5のデビューアルバム『ソングス・アバウト・ジェーン』(Songs About Jane)だ。

「This Love」はこのアルバムの2番目に収録されている曲で、まあよく聞いたな。

出だしのイントロが印象的なので、すぐ「This Love」だってわかる。

聞きすぎて飽きてしまって、イントロ流れた瞬間に飛ばしてた記憶もある。

Amazonプライムミュージック」で久々に聞き、懐かしさ勝って思わず訳してみたが、中学生にはちょっと早すぎる歌詞かなと思う大人の曲だった。

まあ体目当ての悪い女なんだけど、個人的にはちょっと憧れたりもする。

遊びで男性をメロメロにできる女、理由は美貌か魅力かテクニックかは知らず…

ゴージャスでエロくて悪い女って例外なくモテるよな。

さよならって囁いて飛行機乗って、きっと彼女はもう彼のことなんて忘れてるんだろうに。

error: Content is protected !!