学生限定!Amazonプライム6か月無料お試し

『Nowhere Man』The Beatles 歌詞和訳|『ひとりぼっちのあいつ 』ビートルズ

今回は、Beatles(ビートルズ)の

  • Nowhere Man(ノーホエア・マン)

の歌詞を和訳したいと思います。

タイトルの邦題は

  • ひとりぼっちのあいつ

ですが、単に孤独というより「行く当てのない男」といったニュアンスになります。

ジョン・レノンが第三者目線で自分に語り掛けてるような歌。

「Nowhere Man」に対する厳しくもどこかあたたかなアドバイスになっているのが魅力の1つです。

Beatles(ビートルズ)とは?

Beatles(ビートルズ)とは、イギリス・リヴァプール出身のロックバンド。ジョン・レノンがバンド「クオリーメン」を1957年に結成したのが始まり。

1960年に「ザ・ビートルズ」と改名、1962年にレコードデビュー。1970年に解散した。

デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として

  • ジョン・レノン(リズムギター)
  • ポール・マッカートニー(ベース)
  • ジョージ・ハリソン(リードギター)
  • リンゴ・スター(ドラムス)

という4人で活動を行った。

オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。

リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、こちらに一覧がある。

全213曲中144曲(全体の約68%)は「レノン=マッカートニー」共同クレジット曲。

共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。

Nowhere Man(ひとりぼっちのあいつ)という曲

Nowhere Man(ひとりぼっちのあいつ)は、1965年12月に発売された6作目のアルバム『ラバー・ソウル』のA面に収録されている。

レノン=マッカートニー名義だが、主にジョン・レノンの作品である。

ボーカルはレノン・ポール・マッカートニー・ジョージ・ハリスンの3声コーラスとなっている。

Nowhere Man(ひとりぼっちのあいつ)の歌詞

He’s a real nowhere man
Sitting in his nowhere land
Making all his nowhere plans for nobody

Doesn’t have a point of view
Knows not where he’s going to
Isn’t he a bit like you and me?
Nowhere man please listen
You don’t know what you’re missing
Nowhere man, the world is at your command

He’s as blind as he can be
Just sees what he wants to see
Nowhere man, can you see me at all
Nowhere man don’t worry
Take your time, don’t hurry
Leave it all ‘til somebody else
Lends you a hand
Ah, la, la, la, la

Doesn’t have a point of view
Knows not where he’s going to
Isn’t he a bit like you and me?
Nowhere man please listen
You don’t know what you’re missing
Nowhere man, The world is at your command
Ah, la, la, la, la

He’s a real nowhere man
Sitting in his nowhere land
Making all his nowhere plans for nobody
Making all his nowhere plans for nobody
Making all his nowhere plans for nobody

Nowhere Man(ひとりぼっちのあいつ)の歌詞和訳

彼は 本物のあてなき男

自分だけの世界に引きこもり

誰の為にもならない無駄な考えに耽ってる

自分の意見はもたず

何処に行くかもわからない

彼は少し 僕や君に似ていないか?

あてなき人よ 聞いてくれ

気づいてないね 何を見過ごしてるか

あてなき人よ 世界は君の掌中にあるさ

出来る限り目を塞ぎ

見たいものだけを目にする

あてなき人よ 君には僕が見えるかい?

あてなき人よ 心配するな

時間をかけて 焦らずに

そのままにしときな 誰かが手を貸してくれるまで

自分の意見はもたず

何処に行くかもわからない

彼は少し 僕や君に似ていないか?

あてなき人よ 聞いてくれ

君は気づいていない 何を見過ごしてるか

あてなき人よ 世界は君の掌中にある

彼は 真のあてなき人

自分だけの世界に引きこもり

誰の為にもならない無駄な考えに耽るのさ

和訳のチェックポイント(単語・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず

He’s a real nowhere man

彼は 本物のあてなき男

Sitting in his nowhere land

自分だけの世界に引きこもり

Making all his nowhere plans for nobody

誰の為にもならない無駄な考えに耽ってる

タイトルに含まれる「nowhere」は形容詞で

  • 無駄な
  • 無価値な
  • つまらない

という意をもつことも踏まえて、訳した。

自分の世界に閉じこもって、誰の為にもならないことばかりを考えてる男(=無価値)に呼びかけるような出だしで始まってるともいえる。

続いて

Doesn’t have a point of view

自分の意見はもたず

Knows not where he’s going to

何処に行くかもわからない

Isn’t he a bit like you and me?

彼は少し 僕や君に似ていないか?

単語は

  • a point of view「観点」
  • a bit「少し」
  • like「~のよう」

このフレーズで「He’s a real nowhere man」は、しっかりとした自分の意見をもたず、当てもなく彷徨う寄る辺なき存在だとわかる。

本物の「nowhere(=つまらなくて無価値)」な男とは何か。

それは、自分を見失ってしまい属すべき場所をわからずに独りで彷徨う人間なんだ。

身に覚えはないかい?

といった具合に聞き手に問いかけを行いながら

Nowhere man please listen

あてなき人よ 聞いてくれ

と問いかけることにより「nowhere man」は

  • 歌詞に出てくる男
  • 自分自身
  • 君(この曲を聴いてる誰か)

といった拡大解釈を孕みながら進行していく。

また、ここからはあえて「男」ではなく

  • あてなき人

と訳すことで、より広義の解釈が可能なように心がけた。

You don’t know what you’re missing

気づいてないね 何を見過ごしてるか

Nowhere man, the world is at your command

あてなき人よ 世界は君の掌中にある

単語は

  • miss「見逃す」
  • at one’s command「思うがまま」

自分の世界に引きこもり、現実の世界に目を向けていない様を表すフレーズ。

受け身で流されることなく、世界と対峙すれば

  • the world is at your command(世界は君の意のまま)

どんなに「居場所がなく」「つまらない」人間でも思うがままの世界を生きれるんだよ、という「Nowhere man」へのアドバイスのように解釈した。

He’s as blind as he can be

出来る限り目を塞ぎ

Just sees what he wants to see

見たいものだけを目にする

単語は

  • blind「盲目」
  • as ~as S can「できる限り~」

「Nowhere man」がこの世界を直視せず、自分の世界に引きこもる様子を描いている。

Nowhere man, can you see me at all

あてなき人よ 君には僕が見えるかい?

Nowhere man don’t worry

あてなき人よ 心配するな

Take your time, don’t hurry

時間をかけて 焦らずに

Leave it all ‘til somebody else

Lends you a hand

そのままにしときな 誰かが手を貸してくれるまで

単語は

  • Take your time「ごゆっくり」
  • lent「貸す」

「leave」は「去る」ではなく「そのままにしておく」の意。

「Nowhere man」に対して共感を示すフレーズ。

無理せず自分のペースでいいんだ、誰かが助けてくれるのを待ってもいいんだ、と楽観的に慰めかけるような含みがある。

和訳した感想

ということで今回はBeatles(ビートルズ)の

  • Nowhere Man(ひとりぼっちのあいつ)

の歌詞を和訳しました。

ジョン・レノンは自身の曲「Help!」でも

My independence seems to vanish in the haze

自立心はぼんやりと消えてしまったけど

But every now and then I feel so insecure (I know that I)

ときどき強い不安を感じるんだ

I know that I just need you like I’ve never done before

そう ただ君が必要みたいだ 今までにないくらいに

と同じような心境を歌っていました。

『Help!』The Beatles 歌詞和訳|『ヘルプ!』ビートルズ

ただこの曲では、ジョン・レノンの曲としては珍しい第三者目線にしつつ

  • Isn’t he a bit like you and me?

と書くことで自分の心境だと仄めかしている点も興味深いと感じました。

error: Content is protected !!