『オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ』ビートルズ 歌詞和訳|『Ob-La-Di, Ob-La-Da』The Beatles

今回は、Beatles(ビートルズ)の

  • Ob-La-Di, Ob-La-Da(オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ)

の歌詞を和訳したいと思います。

印象的な「オブラディ、オブラダ」というフレーズは「人生は続く」という意味で歌われています。

この曲はサビが有名ですが、デズモンドとモリーという男女が主役の

  • 物語調

になっており、ぜひ最後まで歌詞を確認してほしい一曲です。

目次

Beatles(ビートルズ)とは?

Beatles(ビートルズ)とは、イギリス・リヴァプール出身のロックバンド。ジョン・レノンがバンド「クオリーメン」を1957年に結成したのが始まり。

1960年に「ザ・ビートルズ」と改名、1962年にレコードデビュー。1970年に解散した。

デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として

  • ジョン・レノン(リズムギター)
  • ポール・マッカートニー(ベース)
  • ジョージ・ハリソン(リードギター)
  • リンゴ・スター(ドラムス)

という4人で活動を行った。

オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。

リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、こちらに一覧がある。

全213曲中144曲(全体の約68%)は「レノン=マッカートニー」共同クレジット曲。

共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。

Ob-La-Di, Ob-La-Da(オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ)という曲

Ob-La-Di, Ob-La-Da(オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ)は、1968年に発表されたビートルズのアルバム『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』のオープニング曲として収録されている。

レノン=マッカートニー名義の作品だが、主にポール・マッカートニーが作った楽曲。

日本でも、日本語詞でのカヴァーが幾つか存在する。

イントロのピアノはジョン・レノンの演奏。

ポール・マッカートニーに度重なる録り直しを要求されたジョン・レノンが怒りながら鍵盤を叩いた音だといわれてる。

ちなみにこの曲の収録時、ビートルズの仲は最悪だったらしい。

Ob-La-Di, Ob-La-Da(オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ)の歌詞

Desmond has a barrow in the marketplace
Molly is the singer in a band
Desmond says to Molly, girl, I like your face
And Molly says this as she takes him by the hand

Ob la di, ob-la-da, life goes on, bra
La-la, how the life goes on
Ob-la di, ob-la-da, life goes on, bra
La-la, how the life goes on

Desmond takes a trolley to the jeweller’s store
Buys a twenty carat golden ring
Takes it back to Molly waiting at the door
And as he gives it to her she begins to sing

Ob la di, ob-la-da, life goes on, bra
La-la, how the life goes on
Ob-la di, ob-la-da, life goes on, bra
La-la, how the life goes on

In a couple of years they have built
A home sweet home
With a couple of kids running in the yard
Of Desmond and Molly Jones

Happy ever after in the market place
Desmond lets the children lend a hand
Molly stays at home and does her pretty face
And in the evening she still sings it with the band

Ob la di, ob-la-da, life goes on, bra
La-la, how the life goes on
Ob-la di, ob-la-da, life goes on, bra
La-la, how the life goes on

In a couple of years they have built
A home sweet home
With a couple of kids running in the yard
Of Desmond and Molly Jones

Happy ever after in the market place
Molly lets the children lend a hand
Desmond stays at home and does his pretty face
And in the evening she’s a singer with the band

Ob la di, ob-la-da, life goes on, bra
La-la, how the life goes on
Ob-la di, ob-la-da, life goes on, bra
La-la, how the life goes on

And if you want some fun, sing ob-la-di, bla-da

Ob-La-Di, Ob-La-Da(オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ)の歌詞和訳

デズモンドは市場で店をやっていて

モリーはバンドの歌い手さ

デズモンドはモリーに言った ”君の顔が好きだよ”

するとモリーは彼の手をとって こう言ったのさ

”オブラディ オブラダ 人生は続く

まだまだ人生は続いていく

オブラディ オブラダ 人生は続く

まだまだ人生は続いていく”

デズモンドは路面電車に乗って宝石店へ

20カラットの金の指輪を買い

ドアの傍で待つモリーに持ち帰って

それを渡すと 彼女は歌い始めたんだ

”オブラディ オブラダ 人生は続く

まだまだ人生は続いていく

オブラディ オブラダ 人生は続く

まだまだ人生は続いていく”

数年後 彼らは築いてるんだ

あたたかな家庭を

裏庭を駆け回る

デズモンドとモリー・ジョーンズの子供たちと

めでたしめでたし さて市場では

モリーが子供たちに手伝いをさせてる

デズモンドは家に居て 可愛らしい化粧をして

夜になると バンドで歌ってるのさ

”オブラディ オブラダ 人生は続く

まだまだ人生は続いていく

オブラディ オブラダ 人生は続く

まだまだ人生は続いていく

楽しみたいのなら こうやって歌うんだ オブラディ オブラダ”

和訳のチェックポイント(単語・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず

Desmond has a barrow in the marketplace

デズモンドは市場で店をやっていて

Molly is the singer in a band

モリーはバンドの歌い手さ

Desmond says to Molly, girl, I like your face

デズモンドはモリーに言った ”君の顔が好きだよ”

And Molly says this as she takes him by the hand

するとモリーは彼の手をとって こう言ったのさ

単語は

  • barrow「(行商人が用いる)手押し車」
  • take someone by the hand「(人)の手を取る」

である。

デスモンドという名前は、レゲエ歌手のデスモンド・デッカーに由来する。

Ob la di, ob-la-da, life goes on, bra

”オブラディ オブラダ 人生は続く

La-la, how the life goes on

まだまだ人生は続いていく

Ob-la di, ob-la-da, life goes on, bra

オブラディ オブラダ 人生は続く

La-la, how the life goes on

まだまだ人生は続いていく”

単語は

  • go on「続く」

である。

「life goes on」は「人生は続く」という表現。

「それでも生きていく」「時は止まらず流れていく」といった具合に相手を励ます言葉、あるいは肩の力を抜くように諭したり、諦めるよう提言するニュアンスをもつ。

「オブラディ、オブラダ」というフレーズに関しては

ポールが当時よく通っていたクラブThe Bag O’Nailsに出演していたナイジェリア人のコンガ奏者ジミー・スコットはよく”Ob-La-Di, Ob-La-Da”というフレーズを口にしていた。フレーズを聞いたポールが、それをヒントに作ったのが本作である。

彼のバンド仲間は「ジミーはあのフレーズを連発していたよ。ナイジェリアのヨルバ人に聞いてみな”Ob-La-Di, Ob-La-Da”は”life goes on”(人生は続く)という意味だって教えてくれるはずだ」と語っている。

そのため歌詞は”life goes on”と続けられているが、ヨルバ人の言葉に”Ob-La-Di, Ob-La-Da”というものはなく、スコットの造語である可能性が大きい。

本作が有名になったことからスコットは著作権をもとにポール・マッカートニーに金銭を要求したが、ポールはこれを拒否した。その後、ある事件でスコットが逮捕された際に、ポールが多額の法廷費用を負担するのと引き換えに金銭の要求を取りやめたというエピソードが残っている

Wikipediaに解説が詳しい。

Desmond takes a trolley to the jeweller’s store

デズモンドは路面電車に乗って宝石店へ

Buys a twenty carat golden ring

20カラットの金の指輪を買い

Takes it back to Molly waiting at the door

ドアの傍で待つモリーに持ち帰って

And as he gives it to her she begins to sing

それを渡すと 彼女は歌い始めたんだ

単語は

  • trolley「路面電車」
  • carat「カラット(米国:karat)」
  • as「~とき」

である。

「carat(カラット)」は金の純度を表す単位。

24カラット(=純金)なので、20カラットというのはジュエリーなどで比較的扱いやすい純度の金。

In a couple of years they have built

数年後 彼らは築いてるんだ

A home sweet home

あたたかな家庭を

With a couple of kids running in the yard

裏庭を駆け回る

Of Desmond and Molly Jones

デズモンドとモリー・ジョーンズの子供たちと

単語は

  • in「~後」
  • yard「裏庭」

である。

実際、ポール・マッカートニーは翌年(1969年)に妻リンダと結婚し、3人の子供に恵まれて彼女が乳がんで亡くなるまで連れ添った。

Happy ever after in the market place

めでたしめでたし さて市場では

Molly lets the children lend a hand

モリーが子供たちに手伝いをさせてる

Desmond stays at home and does his pretty face

デズモンドは家に居て 可愛らしい化粧をして

And in the evening she’s a singer with the band

夜になると バンドで歌ってるのさ

単語は

  • Happy ever after「めでたしめでたし」
  • let 人 V「人にVさせる」
  • lend a hand「手伝う」

である。

ここで冒頭からのデズモンドとモリーの立場が逆転してる。

これは意図したものではなく、収録の際にポール・マッカートニーが歌詞を間違えて歌ったのをジョン・レノンが面白がり、結果としてそのまま残したという。

和訳した感想

ということで今回はBeatles(ビートルズ)の

  • Ob-La-Di, Ob-La-Da(オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ)

の歌詞を和訳しました。

この曲は、何気なく聞いていましたが和訳したことで一層好きになりました。

ポール・マッカートニーは「イエロー・サブマリン」でもボーカルにリンゴ・スターを据えて、子供向けの楽曲を制作しています。

フレーズの繰り返しや、タイトルの不可思議なインパクトに似たものを感じますね。

また、どこか牧歌的な物語調の曲といえば「ペニー・レイン」を思い出します。

印象的なピアノのイントロから始まる点や、どこかユーモラスに労働者の日常を描くという視点は「レディ・マドンナ」を彷彿させます。

歌詞の中の物語に特に大きな事件性がなく他者の人生の一場面を想像して切り取るという点にも、ポールマッカートニーっぽさを感じますね。

今なら”完全無料”で音楽聞き放題

今なら、Amazon Music Umlimitedを

3か月無料

でお試しすることができます。

全6500万曲もの楽曲を、スマホ・PC・タブレットどこからでも自由に聴くことが可能です。

通常

  • 980円(1か月)
  • 780円(プライム会員の場合)

3か月で約3000円のサービスを、2021年1月11日(23時59分)までの登録で無料利用できます。

ぜひこのチャンスをお見逃し無いように!

!2021年1月11日まで!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる