学生限定!Amazonプライム6か月無料お試し

『Paperback Writer』The Beatles 歌詞和訳|『ペイパーバック・ライター』ビートルズ

今回は、Beatles(ビートルズ)の

  • Paperback Writer(ペイパーバック・ライター)

の歌詞を和訳したいと思います。

タイトルの「Paperback Writer」は

  • 大衆作家(大衆小説を書く人)

という意味です。

「Paperback(ペーパーバック)」は紙背表紙が特徴で

  • 安価な紙に印刷
  • 表紙の厚紙がない

いわば洋書の低コスト文庫本を指します。

どうしても大衆作家になりたい男が出版社に書いた手紙という内容のユーモアあふれる歌詞です。

Beatles(ビートルズ)とは?

Beatles(ビートルズ)とは、イギリス・リヴァプール出身のロックバンド。ジョン・レノンがバンド「クオリーメン」を1957年に結成したのが始まり。

1960年に「ザ・ビートルズ」と改名、1962年にレコードデビュー。1970年に解散した。

デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として

  • ジョン・レノン(リズムギター)
  • ポール・マッカートニー(ベース)
  • ジョージ・ハリソン(リードギター)
  • リンゴ・スター(ドラムス)

という4人で活動を行った。

オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。

リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、こちらに一覧がある。

全213曲中144曲(全体の約68%)は「レノン=マッカートニー」共同クレジット曲。

共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。

Paperback Writer(ペイパーバック・ライター)という曲

Paperback Writer(ペイパーバック・ライター)は、1966年5月にビートルズが発表した12枚目のシングル曲である。

レノン=マッカートニー名義の作品だが、主にポール・マッカートニーの楽曲である。

リード・ヴォーカルも彼が務めている。

ジョン・レノンはこの曲について

“‘Paperback Writer’ is son of ‘Day Tripper’, but it is Paul’s song.”

”ペーパーバック・ライター”は、”デイ・トリッパー”の息子さ

ポールの曲だけどね

語っている

※「デイ・トリッパー」はこの曲の半年ほど前に、ポール・マッカートニーが作詞作曲を務めた楽曲である。

『Day Tripper』The Beatles 歌詞和訳|『デイ・トリッパー』ビートルズ

ビートルズがライヴ活動を停止したことで、本作は彼らがコンサートで演奏した最後の新曲となった。

Paperback Writer(ペイパーバック・ライター)の歌詞

Paperback writer (paperback writer)

Dear Sir or Madam, will you read my book?
It took me years to write, will you take a look?
It’s based on a novel by a man named Lear
And I need a job
So I wanna be a paperback writer
Paperback writer

It’s a dirty story of a dirty man
And his clinging wife doesn’t understand
His son is working for the Daily Mail
It’s a steady job
But he wants to be a paperback writer
Paperback writer

Paperback writer (paperback writer)

It’s a thousand pages, give or take a few
I’ll be writing more in a week or two
I could make it longer if you like the style
I can change it ‘round
And I wanna be a paperback writer
Paperback writer

If you really like it you can have the rights
It could make a million for you overnight
If you must return it you can send it here
But I need a break
And I wanna be a paperback writer
Paperback writer

Paperback writer (paperback writer)
Paperback writer (paperback writer)
Paperback writer (paperback writer)
Paperback writer (paperback writer)
Paperback writer (paperback writer)

Paperback Writer(ペイパーバック・ライター)の歌詞和訳

大衆作家(大衆作家)…

拝啓 私の本を読んで頂けましたでしょうか?

執筆には何年もの月日がかかりました。

ご一読頂けましたか?

リアという男の作風に基づいた作品です。

私には仕事が必要です。

そのため大衆作家になることを望んでいる次第です。

大衆作家、ですよ。

つまらない男の下品な物語です。

彼に甘え切ってる妻には理解できませんし

その息子はデイリー・メールで働いております。

安定した職に就いていますが

彼は大衆作家になりたがっているのです。

大衆作家、に。

1000頁近くにわたる長編ですが

1、2週間でもっと多くの文章を書くことができるでしょう。

お気に召した文体があれば 更なる加筆も可能です。

方向性を変えることもできます。

私は大衆作家になりたいのですよ。

大衆作家、です。

心から気に入ってくださるというなら

出版権をも差し上げます。

たった一晩でミリオンセラーになりえるでしょう。

返送の際は こちらにお送りくださいませ。

しかし私にはブレイクが必要なのです。

大衆作家になりたいのですよ。

大衆作家、に。

和訳のチェックポイント(単語・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

ちなみにこの曲は、歌詞全体が

  • 出版編集者宛ての手紙

という形式になっている。

まず

Dear Sir or Madam, will you read my book?

拝啓 私の本を読んで頂けましたでしょうか?

It took me years to write, will you take a look?

執筆には何年もの月日がかかりました ご一読頂けましたか?

It’s based on a novel by a man named Lear

リアという男の作風に基づいた作品です。

And I need a job

私には仕事が必要です。

単語は

  • Dear Sir or Madam(相手の性別がわからない場合のメール挨拶)
  • take a look「見てみる」
  • based on「~に基づく」

冒頭から、性別も名前もわからない出版社宛ての手紙だと推測される。

「Lear」というのは

のことであり、ジョン・レノンが彼のファンだった。

次に

So I wanna be a paperback writer

そのため大衆作家になることを望んでいる次第です。

Paperback writer

大衆作家、ですよ。

と繰り返しているように

  • Paperback writer(大衆文学の作家)

である。

仕事が必要という文章からもわかるように、三文小説でも何でも書くと自分を売り出している意。

2番では、自分が書いた物語の内容を説明してる。

It’s a dirty story of a dirty man

つまらない男の下品な物語です。

And his clinging wife doesn’t understand

彼に甘え切ってる妻には理解できませんし

His son is working for the Daily Mail

その息子はデイリー・メールで働いております。

It’s a steady job

安定した職に就いていますが

But he wants to be a paperback writer

彼は大衆作家になりたがっているのです。

Paperback writer

大衆作家、に。

という流れから、大衆作家になりたいこの男の物語に出てくるのも、また大衆作家になりたい男だということがわかる。

(もしかすると自分自身のことなのかもしれない)

単語は

  • dirty「下品な、汚い」
  • clinging「引っ付いて回る」
  • steady「安定した」

「the Daily Mail(デイリー・メール)」は、イギリスでもっとも古いタブロイド紙である。

高級紙ではなく

  • 大衆紙
  • ターゲットは中下流の読者層

という点から、大衆作家になりたがる男の息子もまた、大衆紙で金を稼いでるという皮肉。

3番は

It’s a thousand pages, give or take a few

1000頁近くにわたる長編ですが

I’ll be writing more in a week or two

1、2週間でもっと多くの文章を書くことができるでしょう。

I could make it longer if you like the style

お気に召した文体があれば 更なる加筆も可能です。

I can change it ‘round

方向性を変えることもできます。

単語は

  • give or take a few「だいたい」
  • style「文体」
  • change it round「方向を変える」

ここでは自分自身の執筆能力を出版社に積極的に売り出しているのがわかる。

最後に

If you really like it you can have the rights

心から気に入ってくださるというなら

出版権をも差し上げます。

It could make a million for you overnight

たった一晩でミリオンセラーになりえるでしょう。

If you must return it you can send it here

返送の際は こちらにお送りくださいませ。

But I need a break

しかし私にはブレイクが必要なのです。

単語は

  • rights「権利」
  • overnight「一晩で」
  • break「ブレイク、成功」

自分の作品を気に入ってくださるようなら出版権を、きっとミリオンセラーにと自身の小説を売り出している。

どこか自信過剰でプライド高い男の姿が目に浮かぶ。

が、気に入らなければご返送くださいと書いてるように、男も本気でそうとは信じていないのかもしれない。

和訳した感想

ということで今回はBeatles(ビートルズ)の

  • Paperback Writer(ペイパーバック・ライター)

の歌詞を和訳しました。

この曲の歌詞、すごく面白いなと個人的には感じます。

ポール・マッカートニーはジョン・レノンのように技巧を凝らして作詞する詩人タイプではないかもしれません。

が、視点が斬新で面白いですよね。

当時としては珍しかった第三者視点の語りを取り入れた「She Loves You」も、ポール・マッカートニーのアイディアでした。

『She Loves You』The Beatles 歌詞和訳|『シー・ラヴズ・ユー』ビートルズ
error: Content is protected !!