学生限定!Amazonプライム6か月無料お試し

『She Loves You』The Beatles 歌詞和訳|『シー・ラヴズ・ユー』ビートルズ

今回は、Beatles(ビートルズ)の

  • She Loves You(シー・ラヴズ・ユー)

の歌詞を和訳したいと思います。

タイトルの意味は

  • 彼女は君を愛してる

です。

今の時代には珍しくないと感じる歌詞かもしれません。

ですが当時(60年代前半)、多くのラブソングは恋する「僕」と「君」の二人だけの世界を歌っていました。

しかしこの曲は

  • 第3者が主役

となって友人にメッセージを伝えて、仲違いしたカップルの恋を応援する興味深い内容になっています。

また斬新な響きをもち、当時のビートルズの代名詞のようになった曲中の「イエーイエーイエー」といった掛け声に注目してみるのも楽しい曲。

Beatles(ビートルズ)とは?

Beatles(ビートルズ)とは、イギリス・リヴァプール出身のロックバンド。ジョン・レノンがバンド「クオリーメン」を1957年に結成したのが始まり。

1960年に「ザ・ビートルズ」と改名、1962年にレコードデビュー。1970年に解散した。

デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として

  • ジョン・レノン(リズムギター)
  • ポール・マッカートニー(ベース)
  • ジョージ・ハリソン(リードギター)
  • リンゴ・スター(ドラムス)

という4人で活動を行った。

オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。

リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、こちらに一覧がある。

全213曲中144曲(全体の約68%)は「レノン=マッカートニー」共同クレジット曲。

共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。

She Loves You(シー・ラヴズ・ユー)という曲

She Loves You(シー・ラヴズ・ユー)は、1963年8月に発表しされたビートルズの4枚目のシングル曲である。

ジョン・レノンとポール・マッカートニーの共作で、ヴォーカルも二人が務める。

コーラス部分は、下のパートをジョン・レノン、上のパートをポール・マッカートニーが担当している。

She Loves You(シー・ラヴズ・ユー)の歌詞

She loves you, yeah, yeah, yeah
She loves you, yeah, yeah, yeah
She loves you, yeah, yeah, yeah, yeah

You think you’ve lost your love
Well, I saw her yesterday-ay
It’s you she’s thinking of
And she told me what to say-ay

She says she loves you
And you know that can’t be bad
Yes, she loves you
And you know you should be glad

She said you hurt her so
She almost lost her mind
But now she says she knows
You’re not the hurtin’ kind

She says she loves you
And you know that can’t be bad
Yes, she loves you
And you know you should be glad, ooh

She loves you, yeah, yeah, yeah
She loves you, yeah, yeah, yeah
With a love like that
You know you should be glad

You know it’s up to you
I think it’s only fair
Pride can hurt you, too
Apologize to her

Because she loves you
And you know that can’t be bad
Yes, she loves you
And you know you should be glad, ooh

She loves you, yeah, yeah, yeah
She loves you, yeah, yeah, yeah
With a love like that
You know you should be glad
With a love like that
You know you should be glad
With a love like that
You know you should be glad
Yeah, yeah, yeah
Yeah, yeah, yeah, yeah

She Loves You(シー・ラヴズ・ユー)の歌詞和訳

あの娘は君が好きだって

あの娘は君が好きだって

あの娘は君が好きだって

失恋したって思ってんだろ

昨日 彼女に会ったんだ

あの子が考えてるのは 君のことさ

で 俺に伝えてくれって

彼女は君を愛してる

良かったじゃないか

彼女は君を愛してる

ほら、喜べよ

言ってたぜ 君に傷つけられて

気が狂いそうだったって

でも 今ならわかるって言ってるぜ

君は人を傷つけるような奴じゃないって

彼女は君を愛してる

良かったじゃないか

彼女は君を愛してる

ほら、喜べよ

彼女は君を愛してる

彼女は君を愛してる

あんな風に愛されて

喜ぶに決まってるよな

わかってんだろ あとは君次第

それが筋だと思うぜ

プライドで傷つくかもしんないけど

彼女に謝れよ

だって彼女は君を愛してる

良かったじゃないか

彼女は君を愛してる

ほら、喜べよ

彼女は君を愛してる

彼女は君を愛してる

あんな風に愛されて

喜ぶに決まってるよな

あんな風に愛されて

喜ぶに決まってるだろ

喜ぶに決まってるよな

和訳のチェックポイント(単語・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず

You think you’ve lost your love

失恋したって思ってんだろ

Well, I saw her yesterday-ay

昨日 彼女に会ったんだ

It’s you she’s thinking of

あの子が考えてるのは 君のことさ

And she told me what to say-ay

で 俺に伝えてくれって

単語は

  • lost「失った」
  • think of~「 ~のことを考える」
  • what to say「何を言うべきか」

また

  • It’s you she’s thinking of

は元々

  • =she’s thinking of you

であるが「It」で始まる強調構文で「you」を強調している。

和訳では強調している部分(ここでは「you(君)」)を後ろにもってくる訳とした。

She says she loves you

彼女は君を愛してる

And you know that can’t be bad

良かったじゃないか

Yes, she loves you

彼女は君を愛してる

And you know you should be glad

ほら、喜べよ

単語は

  • can’t be bad「悪いはずがない=とても良い」
  • glad「喜ぶ」

彼女がまだ君を愛していると伝えた後に、友人を励ますフレーズ。

She said you hurt her so

言ってたぜ 君に傷つけられて

She almost lost her mind

気が狂いそうだったって

But now she says she knows

でも 今ならわかるって言ってるぜ

You’re not the hurtin’ kind

君は人を傷つけるような奴じゃないって

単語は

  • hurt「~を傷つける」
  • almost「ほとんど」
  • lost one’s mind「気が狂う」
  • kind「類のもの(名詞)」

「now she says she knows」では現在形が使われていることから、今では状況は好転して、彼女は彼との復縁を前向きに考えていることがわかる。

You know it’s up to you

わかってんだろ あとは君次第

I think it’s only fair

それが筋だと思うぜ

Pride can hurt you, too

プライドで傷つくかもしんないけど

Apologize to her

彼女に謝れよ

単語は

  • up to「~次第」
  • I think it’s only fair「それが筋(正しい)と思う」
  • apologize「謝る」

彼女の言葉を伝えたうえで、君次第だと。

プライドがあるからこそ謝ると傷つくかもしれないけど、彼女は君を愛してる。

だったら頭を下げた方がいいと和解を勧める流れ。

和訳した感想

ということで今回はBeatles(ビートルズ)の

  • She Loves You(シー・ラヴズ・ユー)

の歌詞を和訳しました。

ちなみにジョン・レノンはこの曲について

I remember it was Paul’s idea: instead of singing ‘I love you’ again, we’d have a third party.That kind of little detail is apparently in his work now where he will write a story about someone and I’m more inclined to just write about myself.

これはポールのアイディアだったよ。「僕は君を愛してる」ってまた歌う代わりに、第三者を用いたのさ。こういった細かな点は明らかに今のポールの作品にもみられるね。彼は誰かについての物語を書くだろうし、僕はもっと僕自身のことを書きたがるんだ。

と述べています。

ポール・マッカートニー自身も

I suppose the most interesting thing about it was that it was a message song, it was someone bringing a message.

思うにこの曲の最も興味深い点は、誰かが伝言を運んでるメッセージ・ソングという点さ

述べていますね。

ふたりの仲を取り持とうとする「I」の好感度の高さは、この曲の魅力の1つですね~

結局、この男女が仲直りしたかどうかという結末が提示されていません。

聴き手の想像に委ねている点も魅力かな、と感じました。

error: Content is protected !!