『Somebody Told Me』Charlie Puth 歌詞和訳|『サムバディ・トールド・ミー』チャーリー・プース

今回はCharlie Puth(チャーリー・プース)の

  • Somebody Told Me

の歌詞を和訳してみたいと思います。

タイトルの意味は

  • 誰かが僕に言ったんだ

になります。

彼女が浮気してる、と噂を聞いてはいたが自分は信じていなかった。

でもその彼女には本当に別の男性がいて、そちらの男性の方が本命だったという失恋ソングです。

目次

Charlie Puth(チャーリー・プース)って?

チャールズ・オットー・プース・ジュニア(Charles Otto “Charlie” Puth, Jr.)は1991年生まれのアメリカ合衆国ニュージャージー州出身のシンガーソングライター。

2009年から、”Charlies Vlogs”というYouTubeチャンネルでアコースティックカバーの投稿を始める。

2011年にオンラインビデオコンテストで、Adele「Someone like You」のカバーで優勝。

レーベル契約を果たす。

その後2015年に『ワイルド・スピード SKY MISSION』に出演したポール・ウォーカーへを称賛した歌『See You Again』をリリース。

全米シングルチャートBillboard Hot100において1位を記録。

同年のグラミー賞にて最優秀楽曲賞、最優秀デュオ・グループ・パフォーマンス賞、最優秀ビジュアル・メディア・ソング賞3部門にノミネートされた。

Somebody Told Meという曲

Somebody Told Me は、チャーリー・プースの2ndアルバム『Voicenotes』に収録されている楽曲。

なお、アルバムに収録されている曲はすべてチャーリー・プースが作詞・作曲を担っている。

Somebody Told Me の歌詞

I was just with you on your birthday
And I met your whole family
But on the way home
You kept lookin’ at your phone
Couldn’t help here ask, “who was that, babe?”
And the way you said “nobody”
I knew the rumors, they are more than just rumors

Maybe I should have noticed
You were just half in love
Maybe I should have noticed
That I’m not the only one

Somebody told me that you
Got another lover you’ve been giving it to
Can’t believe I believed you
You were my girl

Somebody saw you with him
Now you’re tryna tell me that he’s only a friend
Can’t believe I believed it
You were my girl
Ooh, ooh
Ooh, ooh
Ooh, ooh

Lately you’ve been making excuses
And the stories ain’t addin’ up
But I just got blind, when you look into my eyes
Every time that I tried to confront you
There’s always somewhere you gotta run to
The warning signs, they were more than just warning signs

Maybe I should have noticed
You were just half in love
Maybe I should have noticed
That I’m not the only one

‘Cause somebody told me that you
Got another lover you’ve been giving it to
Can’t believe I believed you
You were my girl

Somebody saw you with him
Now you’re tryna tell me that he’s only a friend
Can’t believe I believed it
You were my girl
Ooh, ooh
Ooh, ooh
You were my girl

Maybe I should have noticed
You were just half in love
(You were half in love)
Maybe I should have noticed
That I’m not the only one (You were my girl)

Yeah
Maybe I should have noticed
That I’m not the only one

Somebody told me that you
Got another lover that you’ve been giving it to
Can’t believe I believed you (believed you)
You were my girl

Somebody saw you with him
Now you’re tryna told me that he’s only a friend
Can’t believe I believed it (-lieved it)
You were my girl
‘Cause you are my
Ay, You were my girl

Maybe I should have noticed
You were just half in love
(You were half in love)
Maybe I should have noticed
That I’m not the only one

You were my girl

Somebody Told Me 歌詞和訳

君の誕生日を一緒に過ごして

家族全員に挨拶した

でも家に帰る途中

君はずっと携帯を見てる

尋ねずにはいられないよ ”その人は誰?”って

君の言い方は ”誰でもないわよ”

噂は知ってたよ でもただの噂どころじゃなかったね

多分 気づくべきだったんだ

君の愛は本気じゃない

多分 気づくべきだったんだ

君にとっての唯一の人じゃないってことに

誰かが僕に言ったんだ

君にはずっと愛してる別の恋人がいるって

信じられないよ 君のことを信じてた自分が

君は僕の恋人だった

誰かが見たんだ 君が彼といるところを

今 君は彼はただの友達だって言おうとしてる

信じられないよ 君のことを信じてた自分が

君は僕の恋人だった

最近 君はずっと言い訳してるね

納得できない話なのに

君を見つめてるときの僕は盲目だったんだ

真剣に向き合おうとする度に

君はどこかに行かなくちゃならなくて

警告の合図

警告どころのモンじゃなかったのさ

サビ繰り返し

和訳のチェックポイント(単語・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず

I was just with you on your birthday

君の誕生日を一緒に過ごして

And I met your whole family

家族全員に挨拶した

But on the way home

でも家に帰る途中

You kept lookin’ at your phone

君はずっと携帯を見てる

Couldn’t help here ask, “who was that, babe?”

尋ねずにはいられないよ ”その人は誰?”って

And the way you said “nobody”

君の言い方は ”誰でもないわよ”

I knew the rumors, they are more than just rumors

噂は知ってたよ でもただの噂どころじゃなかったね

単語は

  • can’t help V「~せずにはいられない」
  • rumor「噂」
  • more than「~以上」

である。

Maybe I should have noticed

多分 気づくべきだったんだ

You were just half in love

君の愛は本気じゃない

Maybe I should have noticed

多分 気づくべきだったんだ

That I’m not the only one

君にとっての唯一の人じゃないってことに

単語は

  • should have 過去分詞「~すべきだった」
  • notice「気づく」
  • in love「恋してる」

「That I’m not the only one」の「that」は「notice」の目的(~に)を導く名詞節をつくっている。

「half in love」は「半分恋に落ちる(=中途半端、本気じゃない)」という意。

Somebody told me that you

誰かが僕に言ったんだ

Got another lover you’ve been giving it to

君にはずっと愛してる別の恋人がいるって

Can’t believe I believed you

信じられないよ 君のことを信じてた自分が

You were my girl

君は僕の恋人だった

単語は

  • give it to「与える」

の意で「it」は「本気の愛」のようなものを指す。

自分ではない他の誰かに「差し出す」状態で、関係を築いていたということ。

「you’ve been giving」は過去完了進行形名なので、ずっとその関係が続いていたことが解る。

Somebody saw you with him

誰かが見たんだ 君が彼といるところを

Now you’re tryna tell me that he’s only a friend

今 君は彼はただの友達だって言おうとしてる

Can’t believe I believed it

信じられないよ 君のことを信じてた自分が

You were my girl

君は僕の恋人だった

彼女がその事実を認めることはなく、友達だと主張する態度に失望してる様。

Lately you’ve been making excuses

最近 君はずっと言い訳してるね

And the stories ain’t addin’ up

納得できない話なのに

But I just got blind, when you look into my eyes

君を見つめてるときの僕は盲目だったんだ

Every time that I tried to confront you

真剣に向き合おうとする度に

There’s always somewhere you gotta run to

君はどこかに行かなくちゃならなくて

The warning signs, they were more than just warning signs

警告の合図

警告どころのモンじゃなかったのさ

単語は

  • lately「最近」
  • excuse「言い訳」
  • add up「納得する」
  • get 形容詞「~になる」
  • blind「盲目」
  • Every time that「~のたびごとに」
  • confront「対決する」
  • warning signs「警告標識」

である。

彼女の言い訳は納得できない話ばかりなのに、彼女に夢中だった自分は、それを疑うことができなかった。

何かがおかしい。

だからこそ「confront(対決する)」というのは、きちんと話し合いをしてぶつかり合うことが必要だと感じていたということ。

だが、何処かに行くところがある、という理由で彼女はそれを避ける。

その行動を訝しんでいたが、今思えばそれは別の男のところで「warning signs(警告の合図)」以上のものだったという流れ。

和訳した感想

ということで今回はCharlie Puth(チャーリー・プース)の

  • Somebody Told Me

を和訳しました。

同じような経験がある男性には、トラウマものの曲かもしれませんね。

おすすめ音楽ツール

>>Amazonプライム(プライムミュージック)

>>Amazon Music Unlimited

=スマホのアプリを利用すると、歌詞のチェックなども簡単に行えます。Apple Musicも利用していましたが、Amazonの方がプレイリストが充実していて、自分好みの新しい音楽に出会いやすいです。

興味がありましたら、こちらから無料体験(1か月学生は6か月)をどうぞ。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる