『Something』The Beatles 歌詞和訳|『サムシング』ビートルズ

今回は、Beatles(ビートルズ)の

  • Something(サムシング)

の歌詞和訳を行います。

この曲はジョージ・ハリスンの傑作とも呼ばれ、ビートルズの曲の中でも評価の高い代表曲となりました。

『サムシング』に対して、ジョン・レノンは

『アビイ・ロード』で一番の曲

と高く評価しており、ポール・マッカートニーもまた

これまでジョージが書いた中で最もいい

と語っていることで知られています。

目次

Beatles(ビートルズ)とは?

Beatles(ビートルズ)とは、イギリス・リヴァプール出身のロックバンド。ジョン・レノンがバンド「クオリーメン」を1957年に結成したのが始まり。

1960年に「ザ・ビートルズ」と改名、1962年にレコードデビュー。1970年に解散した。

デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として

  • ジョン・レノン(リズムギター)
  • ポール・マッカートニー(ベース)
  • ジョージ・ハリソン(リードギター)
  • リンゴ・スター(ドラムス)

という4人で活動を行った。

オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。

リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、こちらに一覧がある。

全213曲中144曲(全体の約68%)は「レノン=マッカートニー」共同クレジット曲。

共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。

Something(サムシング)という曲

Something(サムシング)は、ビートルズが1969年に発表したアルバム『アビイ・ロード』の収録曲である。

作詞作曲は、ジョージ・ハリスンが担当している。

リードボーカルも彼が務める。

ジョージ作品の中で、唯一シングルのA面収録曲となったビートルズ時代の曲である。

ビートルズの曲の中で『イエスタデイ』の次に多くカバーされた曲だともいわれている。

Something(サムシング)の歌詞

Something in the way she moves
Attracts me like no other lover
Something in the way she woos me
I don’t want to leave her now
You know I believe and how

Somewhere in her smile she knows
That I don’t need no other lover
Something in her style that shows me
I don’t want to leave her now
You know I believe and how

You’re asking me will my love grow
I don’t know, I don’t know
You stick around and it may show
I don’t know, I don’t know

Something in the way she knows
And all I have to do is think of her
Something in the things she shows me
I don’t want to leave her now
You know I believe and how

Something(サムシング)の歌詞和訳

彼女の仕草にある何かが

僕を魅了する 他の女性にはないんだ

甘える様子にも何かがあって

離れたくない

そうさ 本気で信じてるんだ

微笑みながら どこかで気づいてるのさ

僕が他の恋人を 必要としてないって

彼女の振る舞いのうちにある何かが

離れたくない

そうさ 本気で信じてるんだ

僕の愛が育つのかと尋ねられても

わからない わからないよ

傍に居れば きっと明らかになる

わからない わからないよ

彼女が知り得る何かを

彼女のことだけを 考えていればいいんだ

見せるモノには何かがあって

離れたくない

そうさ 本気で信じてるんだ

和訳のチェックポイント(単語・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず

Something in the way she moves

彼女の仕草にある何かが

Attracts me like no other lover

僕を魅了する 他の女性にはないんだ

Something in the way she woos me

甘える様子にも何かがあって

単語は

  • attract「惹きつける」
  • like「~のように」
  • woo「いい寄る、せがむ」

である。

出だしに関しては

  • Something [ in the way she moves ] (S)
  • attracts (V)
  • me (O)

と考えると解りやすいと思われる。

なお以下、すべて「in the way~」は前にある「something」を修飾している。

  • the way (how) she moves
  • =彼女の動き方(仕草)

と考えると解りやすいだろう。

「way」は「道」や「方向」ではなく

  • 様子、仕方

といった意で、彼女の仕草のうち(in)にある「何か(something)」を感じ取り、表現している。

また「Something In The Way She Moves」というフレーズ自体は

  • ジェイムス・テイラー

の同名曲からの引用である。

I don’t want to leave her now

離れたくない

You know I believe and how

そうさ 本気で信じてるんだ

単語は

  • and how「本当に、とても」

である。

Somewhere in her smile she knows

微笑みながら どこかで気づいてるのさ

That I don’t need no other lover

僕が他の恋人を 必要としてないって

Something in her style that shows me

彼女の振る舞いのうちにある何かが

「That I don’t need no other lover」は、前文の「knows」の内容を表すthat節である。

微笑みながら、彼女は気づいてる。

自分が彼女に首ったけで、他の女なんて目に入らないほどに惚れ切ってるということに。

You’re asking me will my love grow

僕の愛が育つのかと尋ねられても

I don’t know, I don’t know

わからない わからないよ

You stick around and it may show

傍に居れば きっと明らかになる

I don’t know, I don’t know

わからない わからないよ

単語は

  • stick around「傍に居る」

である。

これは一過性のものではなく今後も育っていく本当の愛なのか、という彼女の不安。

「it may show」の「it」は「will my love grow」という彼女の問いかけの答えが、一緒にいれば(将来を共に過ごしていけば)自ずと明らかになるということ。

Something in the way she knows

彼女が知り得る何かを

And all I have to do is think of her

彼女のことだけを 考えていればいいんだ

Something in the things she shows me

彼女の見せるモノには何かがあるから

I don’t want to leave her now

離れたくない

You know I believe and how

そうさ 本気で信じてるんだ

文法は

  • all I have to do is (to) V
  • =私がすべき唯一のことはVである
  • =Vだけすればいい

となり「all I have to do is think of her」は「彼女のことだけを考えていればいい」という訳になる。

サビで繰り返し

I don’t know, I don’t know

わからない わからないよ

と歌われているのに対して、彼女に対する表現は

Somewhere in her smile she knows

微笑みながら どこかで気づいてるのさ

であったり

Something in the way she knows

彼女が知り得る何かを

といった具合に「知らない自分」「知ってる彼女」といった対照を成している。

この恋の主導権が自分ではなく、圧倒的に彼女の側にあることを仄めかしながら、その掌で転がされてる状態に陶酔しているような恋の歌詞といえるだろう。

和訳した感想

ということで今回はBeatles(ビートルズ)の

  • Something(サムシング)

の歌詞を和訳しました。

この曲は、ビートルズの曲の中でも傑作だと思いますがジョージ・ハリスンの曲だと知らない人も多いようです。

有名なエピソードには、マイケル・ジャクソンがこの曲について

え? あなたが書いたんですか? レノン=マッカートニーだと思ってました…

とジョージ本人にうっかり言ってしまったというものがあります。

ジョージ・ハリスンの曲と言えば

も時代を超える名曲ですよね。

ポール・マッカートニーとジョン・レノンという二人の天才に隠れてしまいがちですが、彼もまた素晴らしい作詞作曲能力を有していたというのは、ぜひ多くの人に知ってほしいものです。

ちなみにこの曲は、ジョージ・ハリスンの元妻

  • パティ・ボイド

にインスパイアされて誕生したラブソングです。

この女性がね、まあモテるモテるモテまくりの絶世の美女なんですよ~

二人は、この曲が発表される3年前(1966年)に結婚しました。

が、1974年に離婚。

彼女はその後、ジョージ・ハリスンの親友でもあったエリック・クラプトンと再婚しました。

エリック・クラプトンといえば

という名曲を知ってる人も多いと思います。

実はこの曲もクラプトンが、片思い中のジョージの妻パティ・ボイドに捧げたラブソングです。

また、クラプトンの名曲バラード

も、結婚してすぐのパティ・ボイドに捧げた曲です。

二人の才ある音楽家に愛されて歌われたパティ・ボイド。

彼女がいなければ「サムシング」を含め、これらの名曲は誕生しなかったでしょう。

ちなみにパティは、クラプトンと結婚したもののすぐに破局。

親友の妻を相手に略奪婚だったわけですが、結局はクラプトンの浮気癖が原因で結婚生活は泥沼に。

そんなクラプトンですが、ジョージ・ハリスンの追悼コンサートでポールと一緒に「サムシング」歌っています。

今なら”完全無料”で音楽聞き放題

今なら、Amazon Music Umlimitedを

3か月無料

でお試しすることができます。

全6500万曲もの楽曲を、スマホ・PC・タブレットどこからでも自由に聴くことが可能です。

通常

  • 980円(1か月)
  • 780円(プライム会員の場合)

3か月で約3000円のサービスを、2021年1月11日(23時59分)までの登録で無料利用できます。

ぜひこのチャンスをお見逃し無いように!

!2021年1月11日まで!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる