absurdの語源・覚え方|接頭辞「ab」の意味は「離れる(away)」

今回紹介するのは

  • absurd(アブード)

という単語の語源や上手な覚え方についてです。

あまり考えたことがないかもしれませんが、実は結構面白い語源をもつ単語の1つなんですよ。

ぜひ英語学習の息抜きとして、参考にしてください。

目次

absurdの意味は?

absurdという単語の意味は

  • 「不条理な」「ばかげた」

です。

f:id:eno1081:20190530002825p:plain

イメージとしては「常識ではありえないぜ?」という理不尽さを表すような単語になります。

absurdの語源は?

absurdの語源は

  • ab -(離れてaway)
  • surd (耳・音が聞こえない)

です。

つまり

  • 耳が聞こえないかのように話が通じない
  • ⇒「馬鹿な」「常識外れな

という派生になります。

これは、ラテン語の「surdus(耳・音が聞こえない)」という単語が語源となっています。

ちなみに受験では出てきませんが

  • 「surd」は英単語で「無理数

の意味をもちます。

無理数」というのは

実数のうち、分数の形では表せないもの。

√2や π (円周率)など

のことです。

つまり分数で綺麗に表すことができない数字…

耳を貸さない」ような分からず屋の数字、というイメージなんですね。

似たような意味をもつ単語は?

「absurd」の他にも、英語には

  • stupid(愚かな)
  • ridiculous(ばかばかしい)

といった似た意味をもつ単語があります。

この3つの単語は、一体なにが違うのでしょうか?

簡単にまとめると

  • “Stupid” =さらっと相手を罵るニュアンス
  • “Ridiculous” =滑稽だ!と笑いを誘うイメージ

そして今回扱った「absurd」は

  • “Ridiculous”よりも冷ややかでキツイ
  • 「不条理」な「ばかばかしさ」を訴えるイメージ

になります。

ちなみに”Ridiculous”は受験単語の1つです。

ハリー・ポッターの魔法の呪文

リディクラス ばかばかしい

で覚えてしまいましょう。

単語を覚えるときは、差別化しつつ似た意味をもつ単語を一気に覚えてしまうと楽。

他にも

  • foolish:分別が足りない「バカな」
  • dumb:のろまな「バカ」
  • silly:子供っぽくて「くだらない」

といった単語もあります。

この機会にぜひ、覚えておくことをおすすめします。

目次
閉じる