学生限定!Amazonプライム6か月無料お試し

『Mine』Taylor Swift 歌詞和訳|『マイン』テイラー・スウィフト

「mine」歌詞和訳

今回は、Taylor Swift(テイラー・スウィフト)の

  • Mine(マイン)

の歌詞を和訳したいと思います。

マイン(mine)は直訳すると

  • 私のもの

という意味の単語です。

オリジナルの和訳タイトルは「素敵な恋人」になります。

テイラースウィフトの曲の中では、目立った代表曲ではないかもしれません。

が、個人的には非常に好きな曲なので和訳してみますね。

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)って?

テイラー・スウィフト(Taylor Swift)はアメリカン合衆国のシンガーソングライター。

1989年12月13日生まれ。

2006年(17歳)でアルバム『Taylor Swift』をリリース。

翌年の2007年、3枚目のシングル「Our Song」が大ヒットを記録、カントリーチャートで6週連続1位を記録した。

2008年には、セカンド・アルバム『Fearless』をリリース。

1週間で59万2000枚売り上げ、2009年の全米でトップセールスアルバムとなった。

実体験を基にしたリアルな曲は、多くの女性ファンを魅了し、今もなお世界中のファンに愛されているアーティストの1人。

Mine(マイン)という曲

テイラースウィフトの3枚目のアルバム”Speak Now”に収録されている楽曲の1つ。

2010年にアルバムのリードシングルとしてリリースされている。

Mine(マイン)の歌詞

Oh, oh, oh

You were in college, working part-time, waiting tables
Left a small town, never looked back
I was a flight risk, with a fear of fallin’
Wondering why we bother with love, if it never lasts

I say, “Can you believe it?”
As we’re lyin’ on the couch
The moment, I can see it
Yes, yes, I can see it now

Do you remember, we were sittin’, there by the water?
You put your arm around me for the first time
You made a rebel of a careless man’s careful daughter
You are the best thing, that’s ever been mine

Flash forward, and we’re takin’ on the world together
And there’s a drawer of my things at your place
You learn my secrets and you figure out why I’m guarded
You say we’ll never make my parents’ mistakes

And we got bills to pay
We got nothin’ figured out
When it was hard to take
Yes, yes
This is what I thought about

Do you remember, we were sittin’ there, by the water?
You put your arm around me, for the first time
You made a rebel of a careless man’s careful daughter
You are the best thing, that’s ever been mine

Do you remember all the city lights on the water?
You saw me start to believe, for the first time
You made a rebel of a careless man’s careful daughter
You are the best thing, that’s ever been mine

Oh, oh, oh, oh

And I remember that fight, two-thirty am
‘Cause everything was slipping right out of our hands
I ran out, crying, and you followed me out into the street

Braced myself for the goodbye,
‘Cause that’s all I’ve ever known
Then, you took me by surprise
You said, “I’ll never leave you alone”

You said, “I remember how we felt, sitting by the water
And every time I look at you, it’s like the first time
I fell in love with a careless man’s careful daughter
She is the best thing that’s ever been mine”

You made a rebel of a careless man’s careful daughter
You are the best thing, that’s ever been mine

Do you believe it?
We’re gonna make it now
And I can see it

(I can see it now)

Mine(マイン)の歌詞和訳

あなたは大学生でウエイターのバイトをしてたわ

田舎を出て 絶対に戻らないって

私は逃げ回ってた 恋に落ちることから

なぜ人は恋に悩まされるのかしら 永遠なんてないのにって

”あなたは信じられる?”

二人でソファに寝ころびながら 私は言う

その瞬間にわかったの

いいの 信じていいの 今ならわかるのよ

ねぇ、覚えてる? 一緒に水辺に座ったときのこと

はじめて腕を回してくれた

あなたは臆病な私を強くした あんな父親なんて怖くない

あなたは最高なの 人生で手に入れたモノの中で

未来を想像してみて ふたりで世界に挑むのよ

あなたの部屋には 私の引き出しがあるの

私の秘密と用心深さの理由を知って

言ってくれたわ 私の両親と同じ間違いは犯さない、と

だけど どうしてもお金が必要になって

私たち気づいたわ 何も知らなかったって

あまりに辛かったとき

そう、そうなの これが私の考えたことなのよ

ねぇ、覚えてる? 一緒に水辺に座ったときのこと

はじめて腕を回してくれた

あなたは臆病な私を強くした あんな父親だって怖くない

あなたは最高なの 私が人生で手に入れたモノの中で

水面に輝いてた街の灯りを覚えてる?

私が信じ始めたって あなたも初めてわかったのよね

あなたは臆病な娘を強くしたの あんな父親に育てられた私を

あなたは最高なの 人生で手に入れたモノの中で

それから覚えてる あのケンカ

午前2時半

すべてが ふたりの手から滑り落ちてしまって

私は泣きながら飛び出して あなたは通りまで追いかけてきた

別れの覚悟をしたわ

それが 私の知るすべてだったから

だから驚かされたの

あなたはこう言った ”君を、決して独りにはしない”って

”僕は覚えてる 水辺に座りながら ふたりが何を感じてたのか

君を見るたびに、初めて会った時のようなんだ

僕は恋をした ひどい父親に育てられた臆病な女の子に

彼女は僕が人生で手に入れたものの中で 最高なんだ”

抱きしめて ずっとずっと

抱きしめて そのままでいて

あなたは臆病な娘を強くしたの あんな父親に育てられた私を

あなたは最高なの 私が人生で手に入れたモノの中で

信じられる?

私たち実現できるわ

そうわかるの

今なら わかるのよ

和訳チェックポイント(単語の意味・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず

You were in college, working part-time, waiting tables

あなたは大学生で ウエイターのバイトをしてたわ

Left a small town, never looked back

田舎を出て 絶対に戻らないって

I was a flight risk, with a fear of fallin’

私は逃げ回ってたわ 恋に落ちることから

Wondering why we bother with love, if it never lasts

なぜ人は恋なんかに悩まされるのかしら 永遠なんてないのにって

単語は

  • a flight risk「飛行危険」

これには「国外逃亡の危険性」という意もあるので、文脈から

  • 実家から逃げだし、もう二度と帰らない

というヒロインの現状を指しつつ

  • 恋に落ちることからも逃げている

という臆病さを表現してると考えた。

他は

  • Wondering「~と不思議に思う」
  • bother with「~に思い悩む」
  • last「続く」

である。

I say, “Can you believe it?”

”あなたは、信じられる?”

As we’re lyin’ on the couch

二人でソファに寝ころびながら、私は言う

The moment, I can see it

いいの 信じていいの 今ならわかるのよ

Yes, yes, I can see it now

その瞬間に わかったの

ここでの「see」は「わかる」の意。

itが指しているのは、あいまいではあるが前文の「love」ではないかと想定して訳した。

つまり

  • 愛なんて続かないと信じてた(過去)

から、二人でソファに寝ころび「愛を信じてる?」と恋人に問いたとき、自分もそれを理解したという解釈。

Do you remember, we were sittin’, there by the water?

ねぇ、覚えてる?一緒に水辺に座ったときのこと

You put your arm around me for the first time

はじめて腕を回してくれた

You made a rebel of a careless man’s careful daughter

あなたは臆病な私を強くした あんな父親なんて怖くない

You are the best thing, that’s ever been mine

あなたは最高なの 私が人生で手に入れたモノの中で

単語としては

  • by「~の傍に」
  • for the first time「はじめて」
  • rebel「反逆者」

問題となるのが、この歌のサビの

  • You made a rebel of a careless man’s careful daughter

の訳である。

直訳すると

  • あなたは、不注意な男の注意深い娘を反逆者にした

となるだろう。

だがこれだと、あまりに内容が伝わらない。

今回はこちらの質問に寄せられていた回答を参考に、できるだけ曲の文脈をくみ取る訳として

You made a rebel of a careless man’s careful daughter

あなたは臆病な私を強くした あんな父親なんて怖くない

と意訳した。

「careful」な娘が「rebel(反逆者)」になるという変化=強くなる、という解釈。

「careless」に込められた父親への非難を「あんな」とし、それに逆らう意思として「怖くない」という意訳に結んだ。

父親を恐れるというより

  • 父親のようになるのでは…

という自分の育ちに付きまとう恐れと考えるのが適切だろう。

このサビの訳は答えを見つけにくいので、後半では

You made a rebel of a careless man’s careful daughter

あなたは臆病な娘を強くしたの あんな父親に育てられた私を

という訳にもしてみた。

You are the best thing, that’s ever been mine

あなたは最高なの 私が人生で手に入れたモノの中で

タイトルの「mine」は対象が人間なので

  • 私の恋人

と訳すのが適切だろう。

が、ここではあえて

  • 今まで手に入れたモノの中で

という訳に控えた。

過去の恋人と比較して最高だ、というレベルではない。

人生で手に入れたすべてのモノの中で圧倒的な存在なんだ、と強調したつもりである。

つまり「異性」の枠組み超えた、すべてにおいて1番なのだというニュアンス。

次に

Flash forward, and we’re takin’ on the world together

未来を想像してみて、ふたりで世界に挑むのよ

And there’s a drawer of my things at your place

あなたの部屋には、私の引き出しがあるの

You learn my secrets and you figure out why I’m guarded

私の秘密と、用心深さの理由を知って

You say we’ll never make my parents’ mistakes

あなたは言ってくれた 私の両親と同じ間違いは犯さない、と

気になる表現は

  • Flash forward

これは主に映画や文学などで「物語に未来の出来事を挿入すること」を意味する言葉。

  • take on the world「世界に挑む」

未来を想像して、二人なら何でもやれるような自信に満ちていたが

And we got bills to pay

だけど、どうしてもお金が必要になって

We got nothin’ figured out

私たち気づいたわ 何も知らなかったって

When it was hard to take

あまりに辛かったときも

Yes, yes
This is what I thought about

そう、そうなの、これが私の考えたことなのよ

ここで

  • bills to pay「支払うべき請求書」

に関しては

  • 諸々の支払いが滞ってる状態
  • =必要なお金がない(貧乏)

という解釈。

頼れる両親はおらず、愛はあるけれどもお金はない。

若くて無知で、不安定だった自分たちの様子を表現してると解釈。

  • hard to take「受け入れ難い」

苦しい状況でも、私はこう考えていたという流れでサビを繰り返す。

サビに続いて

And I remember that fight, two-thirty am

それから覚えてる あのケンカ 午前2時半

‘Cause everything was slipping right out of our hands

すべてがふたりの手から滑り落ちてしまって

I ran out, crying, and you followed me out into the street

私は泣きながら飛び出して あなたは通りまで追いかけてきた

Braced myself for the goodbye,

別れの覚悟をしたわ

‘Cause that’s all I’ve ever known

それが私の知るすべてだったから

Then, you took me by surprise

だから驚かされたの

You said, “I’ll never leave you alone”

あなたはこう言った ”君を決して独りにはしない”って

気になる表現は

  • brace oneself「心の準備をする」

辛い出来事を目前に、身を引き締める様子を指す。

彼女の両親は、ケンカして修復するということがなかった…

つまりこうなった以上

  • 別れる以外の選択肢は存在しない

と、彼女は思い込んでいたことがわかる。

そこで彼女が驚いたのが、彼の言葉。

  • “I’ll never leave you alone”

leaveOCは第五文型で「OをCのままにする」ということ。

君を独りのままにはしない、だから追いかける、別れることもないという彼の意志が語られる。

今までのサビをなぞるという構成で

You said, “I remember how we felt, sitting by the water

”僕は覚えてる 水辺に座りながら、ふたりが何を感じてたのか

And every time I look at you, it’s like the first time

君を見るたびに、初めて会った時のようなんだ

I fell in love with a careless man’s careful daughter

僕は恋をした ひどい父親に育てられた、臆病な女の子に

She is the best thing that’s ever been mine”

彼女は僕が人生で手に入れたものの中で 最高なんだ”

つまり彼も

  • 彼女と同じ思いでを共有していた
  • =出会った時から変わらない

ことが明らかになり

  • 愛はnever lastではないという証明

に導くという王道ラブストーリーが完結しているのだった。

和訳した感想

ということで今回は、テイラー・スウィフトの

  • Mine(マイン)

を和訳してみました。

ぶっちゃけ、和訳しながら泣いた。

  • I’ll never leave you alone♪

って部分ですね。

もう、これ、あの、ほんとにね…

テイラー・スウィフトすごない?

だってこれ、1曲のなかで少女漫画完成させてるやん…

全女子号泣必須…

涙腺崩壊…

ちなみに

  • サビの繰り返し

が最終的に男性の愛の言葉につながり、彼女が新しい自分に生まれ変わるという流れがいいですよね。

まあ、現実世界では追いかけてこないですね。

少女漫画的な夢がある!

余談ですがPVを見ながら聞くと、曲の情景が浮かびやすいです。

ただ歌詞だけでも十分とストーリーが読み取れる内容になっていて、わかりやすいものでした。

いやはや、ごちそうさま…

同じアルバムに収録されている「Back To December」も(失恋ソングですが)おすすめです。

『Back To December』Taylor Swift 歌詞和訳|『バック・トゥ・ディセンバー』テイラー・スウィフト
error: Content is protected !!