学生限定!Amazonプライム6か月無料お試し

『While My Guitar Gently Weeps』The Beatles 歌詞和訳|ビートルズ『ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス』

今回は、Beatles(ビートルズ)の

  • While My Guitar Gently Weeps

の歌詞を和訳したいと思います。

タイトルの意味は

  • 僕のギターが優しくすすり泣く間に

です。

「Gently Weep」という言葉は、たまたま手に取った本を捲っていたときに見つけた表現だそうです。

ビートルズと言えば

  • ジョン・レノン
  • ポール・マッカートニー

の二人が作詞作曲を担ってるイメージですが、この曲はメンバーの1人

  • ジョージ・ハリスン

が作った楽曲です。

そして、この曲はビートルズの曲の中でも人気が高く、紛れもない名曲だと思います。

歌詞の内容は当時、険悪だったビートルズの仲を歌ったという説もありますね。

Beatles(ビートルズ)とは?

Beatles(ビートルズ)とは、イギリス・リヴァプール出身のロックバンド。ジョン・レノンがバンド「クオリーメン」を1957年に結成したのが始まり。

1960年に「ザ・ビートルズ」と改名、1962年にレコードデビュー。1970年に解散した。

デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として

  • ジョン・レノン(リズムギター)
  • ポール・マッカートニー(ベース)
  • ジョージ・ハリソン(リードギター)
  • リンゴ・スター(ドラムス)

という4人で活動を行った。

オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。

リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、こちらに一覧がある。

全213曲中144曲(全体の約68%)は「レノン=マッカートニー」共同クレジット曲。

共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。

While My Guitar Gently Weeps(ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス)という曲

While My Guitar Gently Weeps(ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス)は、1968年に発表されたビートルズのアルバム『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』に収録されている。

作詞作曲はジョージ・ハリスンが務めている。

ギターソロを担当しているのは、ジョージ・ハリスンの親友エリック・クラプトンである。

その頃のビートルズの中は険悪で、クラプトンの登場により

それまで不機嫌だったジョンとポールが急によそいきの態度に変わったんだ

とジョージ・ハリスンは語っている

While My Guitar Gently Weeps(ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス)の歌詞

I look at you all see the love there that’s sleeping
While my guitar gently weeps
I look at the floor and I see it needs sweeping
Still my guitar gently weeps.

I don’t know why nobody told you
How to unfold your love
I don’t know how someone controlled you
They bought and sold you.

I look at the world and I notice it’s turning
While my guitar gently weeps
With every mistake we must surely be learning
Still my guitar gently weeps.

I don’t know how you were diverted
You were perverted too
I don’t know how you were inverted
No one alerted you.

I look at you all see the love there that’s sleeping
While my guitar gently weeps
Look at you all
Still my guitar gently weeps.

While My Guitar Gently Weeps(ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス)の歌詞和訳

君たち皆を見てると

眠ってる愛がそこにあるってわかるんだ

僕のギターが優しくすすり泣く間に

床を見ると 掃除が必要だって気づく

まだ僕のギターは静かに涙を流してるよ

わからない なぜ誰も君に伝えないんだ

愛を表現する方法を

わからない どうやって君を操ったのか

彼らは君を売買したんだ

世界を見ると 回転してるって気づく

僕のギターが優しくすすり泣く間に

どんな間違いからも 必ず学んでいくべきなんだ

まだ僕のギターは静かに涙を流してる

わからない どうやって道を逸らし

君を過った方へと進ませたのか

わからない どうして別人のようになったのか

誰も君に注意しなかったんだ

君たち皆を見てると

そこで眠っている愛に気づくんだ

僕のギターが優しくすすり泣く間に

床を見ると 掃除が必要だって気づく

まだ僕のギターは静かに涙を流してるよ

和訳のチェックポイント(単語・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず

I look at you all see the love there that’s sleeping

君たち皆を見てると

眠っている愛がそこにあるってわかるんだ

While my guitar gently weeps

僕のギターが優しくすすり泣く間に

I look at the floor and I see it needs sweeping

床を見ると 掃除が必要だって気づく

Still my guitar gently weeps.

まだ僕のギターは静かに涙を流してるよ

単語は

  • while「~間に」
  • gently「優しく、穏やかに、静かに」
  • weep「涙を流す、泣いて悲しむ」
  • sweep「掃除する、掃く」

である。

「愛」が「眠っている」ということは、本来あるはずの愛が今では隠れてしまっているということ。

「愛」が「眠った」状態で皆に余裕はなく、それを象徴するように部屋も汚れている。

I don’t know why nobody told you

わからない なぜ誰も君に伝えないんだ

How to unfold your love

愛を表現する方法を

I don’t know how someone controlled you

わからない どうやって君を操ったのか

They bought and sold you.

彼らは君を売買したんだ

単語は

  • unfold「表明する、打ち明ける」

である。

「ビートルズ」として大衆に求められるがゆえ、いつの間にか誰かの意で操られるままの存在となり、購買される商品のようになり果てた自分たちを皮肉ってるともいえる。

I look at the world and I notice it’s turning

世界を見ると 回転してるって気づく

While my guitar gently weeps

僕のギターが優しくすすり泣く間に

With every mistake we must surely be learning

どんな間違いからも 必ず学んでいくべきなんだ

Still my guitar gently weeps.

まだ僕のギターは静かに涙を流してる

単語は

  • notice「気がつく」
  • mistake「過ち」
  • surely「必ず、確実に」

である。

物事の真理を見極めれば、世界が回っているのにも気づける。

物事にきちんと向き合えば、真の姿に気づくことができるということ。

また、我々がどんな問題に悩んでいても、世界は刻一刻と変化しながら、淡々と回り続けてる様。

過ちは咎めるものではない。

そこから学ぶべきものなんだ、という主張。

I don’t know how you were diverted

わからない どうやって道を逸らし

You were perverted too

君を過った方へと進ませたのか

I don’t know how you were inverted

わからない どうして別人のようになったのか

No one alerted you.

誰も君に注意しなかったんだ

単語は

  • divert「転換する、そらす」
  • perverted「邪道に陥った、誤った」
  • inverted「反転した、あべこべの」
  • alert「注意する、警告する」

である。

「you were inverted」は「正反対の人間(性格)になってしまった」と解釈した。

和訳した感想

ということで今回はBeatles(ビートルズ)の

  • While My Guitar Gently Weeps

の歌詞を和訳しました。

ジョン・レノンとポール・マッカートニーという二人の天才がグループにいたことで、目立つことの少ないジョージ・ハリスンですが

  • 彼(ジョージ・ハリスン)が1番好き

というファンも少なくないと思います。

その理由は、この曲を聞けば誰もが自ずとわかってしまう、それくらい良い曲だと思います。

ジョージ・ハリスンは

When we actually started recording this, it was just me playing the acoustic guitar and singing it, and nobody was interested. Well, Ringo probably was, but John and Paul weren’t. When I went home that night, I was really disappointed because I thought, ‘Well, this is really quite a good song; it’s not as if it’s crap!’

実際この曲のレコーディングを始めた時、僕がアコースティック・ギターを演奏して歌ったけど、誰も興味を示さなかった。そう、ひょっとするとリンゴは興味を…でもジョンとポールは全く示さなかった。

その夜、うちに帰って僕は本当にガッカリしたんだ。だって思ったんだよ。「いや…これは本当に紛れなく素晴らしい曲だ。ガラクタみたいなもんじゃないぞ」ってね。

と語っています。

次の日、ジョージ・ハリスンは親友のエリック・クラプトンに偶然に会って、この曲のギターを担当してくれないかと頼んだのだそうです。

この時の彼の確信は、まさに正解だったですね。

ジョージ・ハリスンは2001年に他界しましたが

  • ポール・マッカートニー
  • エリック・クラプトン
  • リンゴ・スター

それからジョージ・ハリスンの(顔そっくりな)息子などを含む全員で、彼の追悼コンサートを開いています。

アーティスティックなMVも魅力的ですが、このとき演奏された「While My Guitar Gently Weeps」のライブ動画も公式にアップされています。

ぜひ、この曲が好きだという方は聞いてみてください。

error: Content is protected !!