『Won’t Go Home Without You』Maroon5 歌詞和訳|マルーン5

今回の記事では、Maroon 5(マルーン5)

  • Won’t Go Home Without You(ウォント・ゴー・ホーム・ウィズアウト・ユー)

の歌詞を和訳したいと思います。

タイトルの意味は

  • 君なしで家に帰りたくない

です。

彼女を手放したことを、心から後悔してる男の失恋ソングになります。

目次

Maroon 5(マルーン5)って?

Maroon 5(マルーン5)は、1994年から4人組バンド「カーラズ・フラワーズ」(Kara’s Flowers)として活動を開始。

5人編成になった2001年から「マルーン5」(Maroon5)と改名した。

2002年(日本では2003年)1stアルバム『ソングス・アバウト・ジェーン』(Songs About Jane)がロング・セラーとなり『第47回グラミー賞』最優秀新人賞を受賞。

ちなみにバンド名の由来はトップ・シークレットで、メンバーは決して口外しないという。

現在は5人ではなく、7人体制で活動中。

Won’t Go Home Without You(ウォント・ゴー・ホーム・ウィズアウト・ユー)とは?

Won’t Go Home Without You(ウォント・ゴー・ホーム・ウィズアウト・ユー)は、2007年のアルバム「It Won’t Be Soon Before Long」に収録されている曲。

シングルリリースもされており、同年日本ではトヨタ「ヴィッツ」のCM曲として起用されていた。

Won’t Go Home Without You(ウォント・ゴー・ホーム・ウィズアウト・ユー)の歌詞

I asked her to stay
But she wouldn’t listen
And she left before I had the chance to say, oh
The words that would mend
The things that were broken
But now it’s far too late; she’s gone away

Every night you cry yourself to sleep
Thinking: “Why does this happen to me?
Why does every moment have to be so hard?”
Hard to believe that

It’s not over tonight
Just give me one more chance to make it right
I may not make it through the night
I won’t go home without you

The taste of her breath
I’ll never get over
The noises that you made kept me awake
Oh
The weight of the things that remained unspoken
Built up so much it crushed us everyday

Every night you cry yourself to sleep
Thinking: “Why does this happen to me?
Why does every moment have to be so hard?”
Hard to believe that

It’s not over tonight
Just give me one more chance to make it right
I may not make it through the night
I won’t go home without you

It’s not over tonight
Just give me one more chance to make it right
I may not make it through the night
I won’t go home without you

Of all the things I felt but never really shown
Perhaps the worst is that I ever let you go
I should not ever let you go, oh, oh, oh

It’s not over tonight
Just give me one more chance to make it right
I may not make it through the night
I won’t go home without you

Oh, oh, oh
It’s not over tonight
Just give me one more chance to make it right
I may not make it through the night
I won’t go home without you
And I won’t go home without you
And I won’t go home without you
And I won’t go home without you

Won’t Go Home Without You(ウォント・ゴー・ホーム・ウィズアウト・ユー)の歌詞和訳

ここに居てくれと頼んだのに 彼女は聞こうともせず

去っていった 僕が口にする前に

ああ

壊れてしまったものを繕うための言葉をね

でもあまりに遅すぎて 彼女は行ってしまった

毎晩 君は泣きながら眠りに落ちては

考えてる ”どうして私がこんな目に

どうしていつもこんなに辛いの”って

信じられないよ

今夜で終わりじゃない

もう一度だけやり直すチャンスをくれよ

この夜をやり過ごせそうにないんだ

君なしで家には帰りたくないよ

彼女の吐息 絶対に忘れられない

僕を眠らせないのは彼女が立てる物音だった

ああ

未だ語られてないことの重みが

たくさん積み重なって 僕たちを日々押しつぶすんだ

サビ繰り返し

感じてたんだ でも絶対に明かさなかった

多分 一番悪いのは 僕が君を行かせてしまうことで

君を手放すべきじゃないんだ ああ ああ

サビ繰り返し

和訳チェックポイント(単語の意味・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず

I asked her to stay

ここに居てくれと頼んだのに

But she wouldn’t listen

彼女は聞こうともせず

And she left before I had the chance to say, oh

去っていった 僕が口にする前に ああ

The words that would mend

The things that were broken

壊れてしまったものを繕うための言葉をね
But now it’s far too late; she’s gone away

でもあまりに遅すぎて 彼女は行ってしまった

単語は

  • ask 人 to V「人にVするよう頼む」
  • mend「繕う、修復する」
  • far「あまりに(強調)」

である。

Every night you cry yourself to sleep

毎晩 君は泣きながら眠りに落ちては

Thinking: “Why does this happen to me?

考えてる ”どうして私がこんな目に

Why does every moment have to be so hard?”

どうしていつもこんなに辛いの”って

Hard to believe that

信じられないよ

フラれたはずの自分ではなく、去っていた君が泣いている。

この背景から彼が彼女に対して何らかの不義理を働いたこと、それが理由で(=繕うこともできず)彼女が去っていったと予想できる。

It’s not over tonight

今夜で終わりじゃない

Just give me one more chance to make it right

もう一度だけやり直すチャンスをくれよ

I may not make it through the night

この夜をやり過ごせそうにないんだ

I won’t go home without you

君なしで家には帰りたくないよ

単語は

  • make it through「何とかやり過ごす」
  • without「~なしで」

である。

「won’t」は「~しない」という意だが、文脈的により強く語り手の意思を表現してると判断し「~したくない」と訳した。

今夜のこれっきりで僕たちが終わりだなんて、信じられない。

チャンスをくれよ、と彼女にすがってるようなサビ。

The taste of her breath

彼女の吐息

I’ll never get over

絶対に忘れられない

The noises that you made kept me awake

僕を眠らせないのは彼女が立てる物音だった

Oh

ああ

The weight of the things that remained unspoken

未だ語られてないことの重みが

Built up so much it crushed us everyday

たくさん積み重なって 僕たちを日々押しつぶすんだ

単語は

  • get over「乗り越える」
  • remain「~のままである」
  • crush「押しつぶす」

である。

伝えたかったことを伝える前に、彼女は去ってしまった。

もやもやとした未練と憤りが残ったままで、ふたりとも日々苦しんでいるという流れ。

Of all the things I felt but never really shown

感じてたんだ でも絶対に明かさなかった

Perhaps the worst is that I ever let you go

多分 一番悪いのは 僕が君を行かせてしまうことで

I should not ever let you go, oh, oh, oh

君を手放すべきじゃないんだ ああ ああ

「Of all the things I felt」は、ふたりの間に起きたすべての出来事(=別れに至る顛末)を自分はどこかで感じていたというニュアンスで解釈した。

「never really shown」は、それをあからさまにはしてなかったという意で解釈した。

そして、君を行かせてしまうことがその中でも最悪なことだとわかってた。

つまり、彼女を手放したことを本気で後悔してるという内容。

訳してみた感想

ということで今回は、マルーン5の

  • Won’t Go Home Without You(ウォント・ゴー・ホーム・ウィズアウト・ユー)

を訳してみました。

失恋ソングですが、なんとなく歌詞の文脈から男が彼女に対して、何か悪いことをしたのだなと読み取れますね。

多分、彼はちゃんと謝罪を聞いてもらえれば二人はやり直せると信じてる。

でも、女性からすると、こういうときの男の言葉ってただ耳をすり抜けていくものであって、何を言っても取り繕えないんじゃなかろうかと感じました。

こんな曲もおすすめ

「Won’t Go Home Without You」が気に入った方は、同じくMaroon5の

などがおすすめです。

恋する惨めな男性をユーモラスに歌っている曲になります。

Maroon5のファーストアルバムに収録されている

も別れた(遊ばれていた?)女性に未練タラタラな男性の曲になります。

おすすめ音楽ツール

>>Amazonプライム(プライムミュージック)

>>Amazon Music Unlimited

=スマホのアプリを利用すると、歌詞のチェックなども簡単に行えます。Apple Musicも利用していましたが、Amazonの方がプレイリストが充実していて、自分好みの新しい音楽に出会いやすいです。

興味がありましたら、こちらから無料体験(1か月学生は6か月)をどうぞ。

目次
閉じる