『Yellow Submarine』The Beatles 歌詞和訳|『イエロー・サブマリン』ビートルズ

今回は、Beatles(ビートルズ)の

  • Yellow Submarine(イエロー・サブマリン)

の歌詞を和訳したいと思います。

タイトルの意味は

  • 黄色の潜水艦

で、ポール・マッカートニーが子供向けの曲として書いた作品です。

リンゴ・スターがリードボーカルを務めた曲、として知ってる人も多いでしょう。

曲の制作についてポール・マッカートニーは

ジェーン・アッシャーの家の屋根裏部屋のベッドで横たわって、うとうとしていたらこの子供向けの曲が思いついた。

そこでリンゴが歌ったらいいんじゃないかと考えたから、ボーカルはあまり音程の動きがないものにした。

と述べています。

また、リスナーによって薬物や戦争の曲ではという深読みもありますが

僕らは子供向けの歌を書こうとしただけで、歌詞にそれ以上の意味なんてない

とも語っています

目次

Beatles(ビートルズ)とは?

Beatles(ビートルズ)とは、イギリス・リヴァプール出身のロックバンド。ジョン・レノンがバンド「クオリーメン」を1957年に結成したのが始まり。

1960年に「ザ・ビートルズ」と改名、1962年にレコードデビュー。1970年に解散した。

デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として

  • ジョン・レノン(リズムギター)
  • ポール・マッカートニー(ベース)
  • ジョージ・ハリソン(リードギター)
  • リンゴ・スター(ドラムス)

という4人で活動を行った。

オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。

リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、こちらに一覧がある。

全213曲中144曲(全体の約68%)は「レノン=マッカートニー」共同クレジット曲。

共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。

Yellow Submarine(イエロー・サブマリン)という曲

Yellow Submarine(イエロー・サブマリン)は、1966年8月にビートルズが発表した13枚目のシングル曲である。

アルバム「リボルバー」に収録されている。

エリナー・リグビー」との両A面シングルである。

レノン=マッカートニー名義だが、主にポール・マッカートニーが書いた曲。

リード・ボーカルはビートルズのシングル曲として唯一、リンゴ・スターが担当している。

ビートルズが主人公のアニメ映画『イエロー・サブマリン』(1968)のテーマ曲として使用された。

Yellow Submarine(イエロー・サブマリン)の歌詞

In the town where I was born
Lived a man who sailed to sea
And he told us of his life
In the land of submarines
So we sailed up to the sun
‘Til we found a sea of green
And we lived beneath the waves
In our yellow submarine

We all live in a yellow submarine
Yellow submarine, yellow submarine
We all live in a yellow submarine
Yellow submarine, yellow submarine

And our friends are all aboard
Many more of them live next door
And the band begins to play

We all live in a yellow submarine
Yellow submarine, yellow submarine
We all live in a yellow submarine
Yellow submarine, yellow submarine

(Full speed ahead Mr. Parker, full speed ahead
Full speed ahead it is, Sergeant
Action station, action station
Aye, aye, sir, fire
Captain, captain)

As we live a life of ease
Everyone of us has all we need (has all we need)
Sky of blue (sky of blue) and sea of green (and sea of green)
In our yellow submarine (in our yellow, submarine, ha ha)

We all live in a yellow submarine
Yellow submarine, yellow submarine
We all live in a yellow submarine
Yellow submarine, yellow submarine
We all live in a yellow submarine
Yellow submarine, yellow submarine
We all live in a yellow submarine
Yellow submarine, yellow submarine

Yellow Submarine(イエロー・サブマリン)の歌詞和訳

ぼくが生まれた町には

航海士が住んでいたんだ

自分の人生について教えてくれた

潜水艦の国のお話さ

それでぼくたちも太陽に向かって船出したんだ

緑色の海を見つけるまでね

ぼくたちは波の下

潜水艦のなかで暮らしたんだ

ぼくたちは潜水艦のなかで暮らしてる

黄色の潜水艦 黄色の潜水艦さ

ぼくたちは潜水艦のなかで暮らしてる

黄色の潜水艦 黄色の潜水艦さ

友だちみんなが乗船済みさ

もっと多くの人が隣の部屋で暮らしてる

バンドが演奏し始めた

全速力で進め パーカー君

フルスピードだ

全速前進 了解です

持ち場につけ 戦闘開始

はい 了解です 点火

船長 船長

ぼくたち気楽な人生を送ってるから

ほしいものを全員がもってるよ

青色の空

緑色の海

黄色の潜水艦のなか

ぼくたちは潜水艦のなかで暮らしてる

黄色の潜水艦 黄色の潜水艦さ

ぼくたちは潜水艦のなかで暮らしてる

黄色の潜水艦 黄色の潜水艦さ

ぼくたちは潜水艦のなかで暮らしてる

黄色の潜水艦 黄色の潜水艦さ

ぼくたちは潜水艦のなかで暮らしてる

黄色の潜水艦 黄色の潜水艦さ

和訳のチェックポイント(単語・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず

In the town where I was born

ぼくが生まれた町には

Lived a man who sailed to sea

航海士が住んでいたんだ

And he told us of his life

ぼくたちに自分の人生について教えてくれた

In the land of submarines

潜水艦の国のお話さ

単語は

  • sail「航海する」
  • tell 人 of「~のことを話す」
  • land「国」
  • submarine「潜水艦」

である。

出だしの部分は倒置になっているため

  •  A man [ who sailed to sea ] lived in the town [ where I was born ]

と直すと解りやすいだろう。

So we sailed up to the sun

それでぼくたちも太陽に向かって船出した

‘Til we found a sea of green

緑色の海を見つけるまでね

And we lived beneath the waves

ぼくたちは波の下

In our yellow submarine

潜水艦のなかで暮らしたんだ

単語は

  • till「~まで」
  • beneath「~の真下に」
  • wave「波」

である。

サビは

We all live in a yellow submarine

僕たちは潜水艦のなかで暮らしてる

Yellow submarine, yellow submarine

黄色の潜水艦 黄色の潜水艦さ

We all live in a yellow submarine

僕たちは潜水艦のなかで暮らしてる

Yellow submarine, yellow submarine

黄色の潜水艦 黄色の潜水艦さ

アメリカの潜水艦はグレーが標準色であるが、子どもの想像力を刺激する「黄色」が選ばれている。

And our friends are all aboard

友だちみんなが乗船済みさ

Many more of them live next door

もっと多くの人が隣の部屋で暮らしてる

And the band begins to play

バンドが演奏し始めた

単語は

  • all abroad「全員乗船済み」
  • live next door「隣に住んでいる」
  • play「演奏する」

楽しそうな潜水艦のなかの様子が描かれている。

(Full speed ahead Mr. Parker, full speed ahead

全速力で進め パーカー君 フルスピードだ

Full speed ahead it is, Sergeant

全速力です 軍曹

Action station, action station

持ち場につけ 戦闘開始

Aye, aye, sir, fire

はい かしこまりました 発射

Captain, captain)

船長 船長

単語は

  • Full speed ahead「(艦長からの命令で)全速力で前進」
  • Sergeant「軍曹」
  • action station「戦闘配置」
  • Aye, aye, sir「かしこまりました」
  • fire「火をつける、発射」

である。

このフレーズを歌う際には、ジョン・レノンとポール・マッカートニーが共にレコーディング・ルームの外から叫び、船長の声を演出した。

また、ジョン・レノンのアイディアで水の入ったブリキ缶にストローで息を吹き込み、泡の音を演出した。

As we live a life of ease

僕たち気楽な人生を送ってるから

Everyone of us has all we need (has all we need)

ほしいもの全員がもってるのさ

Sky of blue (sky of blue) and sea of green (and sea of green)

青色の空 緑色の海

In our yellow submarine (in our yellow, submarine, ha ha)

黄色の潜水艦のなか

単語は

  • ease「気楽な」
  • all we need「必要なすべて」

なお「Sky of blue (sky of blue) and sea of green (and sea of green)」という歌詞を加えたのは、ドノヴァンだという。

和訳した感想

ということで今回はBeatles(ビートルズ)の

  • Yellow Submarine(イエロー・サブマリン)

の歌詞を和訳しました。

イエロー・サブマリンっていう響きがいいんですよね、想像力が刺激されます。

タイトルだけで、既に抜群の存在感があるというか。

抑揚に乏しく単調ながらも1度聞いたら忘れられない響きとメロディー、確かに口ずさむ子供も多そうな楽曲に仕上がっています。

誰もが思うことかもしれませんが、中期(「ラバーソウル」~「リボルバー」)あたりのビートルズの楽曲は癖が強くて実験的かつ面白いものが多いですね。

created by Rinker
ユニバーサル ミュージック (e)

今聞いても、全く古いと感じさせません。

この曲の両A面シングルの片面だった「エリナー・リグビー」もかなり魅力的ですしね~

ちなみにアルバム『リボルバー』の中で、ジョン・レノンが一番気に入ってるのはポール・マッカートニーの

なのだそうです。

おすすめ音楽ツール

>>Amazonプライム(プライムミュージック)

>>Amazon Music Unlimited

=スマホのアプリを利用すると、歌詞のチェックなども簡単に行えます。Apple Musicも利用していましたが、Amazonの方がプレイリストが充実していて、自分好みの新しい音楽に出会いやすいです。

興味がありましたら、こちらから無料体験(1か月学生は6か月)をどうぞ。

目次
閉じる