洋楽日和

聞いて、読んで、楽しんで

『True Colors』Cyndi Lauper 歌詞和訳|『トゥルー・カラーズ』シンディ・ローパー

今回の記事では、Cyndi Lauper(シンディ・ローパー

  • True Colors(トゥルー・カラーズ)

の歌詞を和訳したいと思います。

タイトルの意味は

  • 本当の色

ですが、ここでは人の個性・本来の姿といったものを現す比喩的な表現として使われています。

自分では、自分の魅力に気づけない。

でも私には、あなたの輝きが、あなたの色が見えるのよといった応援ソングです。

Cyndi Lauper(シンディ・ローパー)とは?

Cyndi Lauper(シンディ・ローパー)とは、アメリカ合衆国の歌手・女優。

1953年6月22日生まれ。

1984年にデビューし、セカンドシングル「タイム・アフター・タイム」で全米第1位。

第1回MTVミュージック・ビデオ・アワードで最優秀女性歌手賞、1984年度のローリング・ストーン誌最優秀新人賞を向く目、数々の賞を総なめにした。

大の親日家として知られ、1990年のNHK紅白歌合戦にも出演している。

True Colors(トゥルー・カラーズ)という曲

True Colors(トゥルー・カラーズ)は、1986年にリリースされた曲。

同名のアルバムに収録されている。

[itemlink post_id="1896"]

ビルボード・ホット100で2週間1位を記録。

グラミー賞の最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞の候補作品として選ばれた。

https://youtu.be/LPn0KFlbqX8

True Colors(トゥルー・カラーズ)の歌詞

You with the sad eyes Don't be discouraged Oh I realize Its hard to take courage In a world full of people You can lose sight of it all And the darkness inside you Can make you feel so small But I see your true colors Shining through I see your true colors And that's why I love you So don't be afraid to let them show Your true colors True colors are beautiful Like a rainbow Show me a smile then Don't be unhappy, can't remember When I last saw you laughing If this world makes you crazy And you've taken all you can bear You call me up Because you know I'll be there And I'll see your true colors Shining through I see your true colors And that's why I love you So don't be afraid to let them show Your true colors True colors are beautiful Like a rainbow (When I last saw you laughing) If this world makes you crazy And you've taken all you can bear You call me up Because you know I'll be there And I'll see your true colors Shining through I see your true colors And that's why I love you So don't be afraid to let them show Your true colors True colors True colors Shining through I see your true colors And that's why I love you So don't be afraid to let them show Your true colors True colors are beautiful Like a rainbow

True Colors(トゥルー・カラーズ)の歌詞和訳

悲しい目をした あなた がっかりしないで そう わかってる 勇気をもつのは困難ね 様々な人に満ち溢れる世界では 何もかもを見失い あなたの心の奥深くにある暗闇が 自分をすごくちっぽけなものに感じさせる * でも私にはわかる あなたの本当の色が 光零れているの 私にはみえる 本当の色が だから あなたを愛してるの 恐れないで 本当の姿をみせるのを あなたの真の姿 本当の色は美しくて 虹のようなのよ * 笑顔を見せて 不幸にはならないで 思い出せないわ あなたが最後に笑ったのはいつなのか この世界があなたを狂わせてるなら 最大限の我慢をしてるなら 私を呼び出すわね だってわかるでしょう そっちに行くわ * そう 私にはわかる あなたの本当の色が 光零れている だから あなたを愛してるの 恐れないで 本当の姿をみせるのを あなたの真の姿 本当の色は美しくて 虹のようなのよ

和訳のチェックポイント(単語の意味・文法など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

まず

You with the sad eyes 悲しい目をした あなた Don't be discouraged がっかりしないで Oh I realize そう わかってる Its hard to take courage 勇気をもつのは困難ね In a world full of people 様々な人に満ち溢れる世界では

単語は

  • with(=所有の意)
  • sad「悲しい」
  • discouraged「落胆した」
  • realize「悟る、気づく」
  • take courage「勇気を出す」

「Its hard to take courage」の「it」は形式主語の「it」で中身は「to take courage」である。

多くの人が溢れかえる世界では多くの困難・悩みが存在する。

You can lose sight of it all 何もかもを見失い And the darkness inside you あなたの心の奥深くにある暗闇が Can make you feel so small 自分をすごくちっぽけなものに感じさせる

単語は

  • lose sight of 「~を見失う」
  • darkness「暗闇」
  • make 人 V「人にVさせる」

である。

悲しみを目に宿し、多くの人にもまれて自分を見失い、自信すら失った状態。

ここからサビで

But I see your true colors でも私にはわかる あなたの本当の色が Shining through 光零れているの I see your true colors 私にはみえる 本当の色が And that's why I love you だから あなたを愛してるの

と続いている。

単語は

  • Shine through「(光が)漏れる」
  • that's why「そういうわけで」

自分では気づいていないかもしれない。

でも私にはあなたから輝きがキラキラと漏れ光ってるのが見える、その美しさに恋してるという流れ。

  • color「色」

だが、日本語の「十人十色」という四字熟語と同じように、その人の

  • 本来の姿
  • 唯一無二の個性

の美しさを歌ってると解釈した。

So be afraid to let them show 恐れないで 本当の姿をみせるのを Your true colors あなたの真の姿 True colors are beautiful 本当の色は美しくて Like a rainbow 虹のようなのよ

単語は

  • afraid「恐れる」
  • let「~に…させる」

「let them show」の「them」は「true colors」である。

本当の色(=あなたが本来もつ個性・姿)が「show(現れる)」のを「let(許す)」という意。

それは「rainbow(虹)」のように多彩で堂々とした美しいものだという例え。

Show me a smile then 笑顔を見せて Don't be unhappy, can't remember 不幸にはならないで 思い出せないわ When I last saw you laughing あなたが最後に笑ったのはいつなのか If this world makes you crazy この世界があなたを狂わせてるなら And you've taken all you can bear 最大限の我慢をしてるなら You call me up 私を呼び出すわね Because you know I'll be there だってわかるでしょう そっちに行くわ

単語は

  • laugh「笑う」
  • make O C「OをCの状態にする」
  • crazy「狂った」
  • bear「我慢する」
  • call up「呼び出す」
  • I'll be there「そちらに行く」

である。

「all you can bear」は「あなたが我慢できるすべて」つまりできる限りのすべて我慢してる状態(=我慢の限界)で辛かったら…という流れ。

私はいつだってあなたの味方だから、すぐに駆け付けるわよということ。

訳してみた感想

ということで今回は

  • True Colors(トゥルー・カラーズ)

を和訳しました。

繊細で優しく、そして包容力のある歌詞が魅力だなと感じました。

自分らしくいるって簡単なようで難しくて、周りに人がいるからこそ比較したり、同調したり、時には反発して悩んでしまう。

自分がもってるものってすごく当たり前で、だからこそ気づきにくい。

でも私から見てると光がこぼれるように、その美しさがわかるんだという歌詞ですね。