洋楽日和

聞いて、読んで、楽しんで

『The Days』Avicii 歌詞和訳|『ザ・デイズ』アヴィーチー

今回は、Avicii(アヴィーチー)の

  • The Days(ザ・デイズ)

という曲を和訳します。

アヴィーチーはこの曲に関して

"I wanted to take a step away from 'Wake Me Up' and the folky stuff to explore my influences growing up. There's no limitations."

成長していく僕の力を探るために、民族的なものというか「ウェイク・ミー・アップ」から次のステップに進みたかったんだ。限界はないよ。

語っています

大ヒットした「Wake Me Up」から、フォークソングをアレンジした曲調を得意としていたアヴィーチーですが、この曲ではポップスを基調にしています。

明るく朗らかな雰囲気の曲ですが、よく歌詞を読むとこれは(前向きで希望を感じるけれども)失恋ソングに近しいものだとも感じます。

後半では、できるだけ丁寧に歌詞解釈に努めたので参考にしてください。

Avicii(アヴィーチー)とは?

Avicii(アヴィーチー)は、スウェーデン出身の音楽プロデューサー・DJ。

Aviciiというアーティスト名は、サンスクリット語で「無間地獄」を意味するavīciに由来する。

母親は女優のアンキ・リデン。

18歳から曲を書きリミックスを手掛けるなど本格的に音楽活動を開始し、ブログにて楽曲を発表していく。

2013年6月にデビューアルバム「True」をリリース。

先行シングル「Wake Me Up」は、瞬く間に全英で1位を獲得した。

[itemlink post_id="3344"]

過度な飲酒で健康面での不安を抱えており、2016年にはDJ活動の引退を宣言する。

2018年4月20日、滞在していたオマーンのマスカットにて死去。

自殺だったことを示唆する遺族の声明によると

あまりにも完璧主義者であることから、世界中を旅するなかで心の中に平和を見つけることができずに、極度のストレスを抱えていました。(中略)物事の意味、人生、幸せについて考えることと闘っていました。しかしこれ以上続けることはできなかったのです。平和を見つけたかったのです。

享年28歳という若さだった。

The Days(ザ・デイズ)という曲について

The Days(ザ・デイズ)は、Avicii(アヴィーチー)の2014年のセカンド・アルバム「Stories」に収録されている楽曲。

The Nights」とカップリングになっている。

ボーカルを務めるのは、イギリスのポップシンガーロビー・ウィリアムズである。

[itemlink post_id="3362"]

MVは、スプレーで歌詞を白い壁にペイントするという演出になっている。

The Days(ザ・デイズ)の歌詞

Under the tree where the grass don't grow
We made a promise to never get old
You had a chance and you took it on me
And I made a promise that I couldn't keep

Heart ache, heart break
All over town
But something flipped like a switch when you came around
And I'm in pieces, pick me up, and put me together

These are the days we've been waiting for
On days like these who could ask for more
Keep 'em coming
'Cause we're not done yet
These are the days we won't regret
These are the days we won't forget

These are the days we've been waiting for
Rattle the cage and slam that door
And the world is calling us but not just yet
These are the days we won't regret
These are the days we won't forget

Out on the midnight
The wild ones howl
The lost of the last boys have thrown in the towel
We used to believe we were stars aligned
You made a wish and I fell out of time

Time flew, cut through
All over town
You made me bleed when I look up
And you're not around
But I'm in pieces, pick me up, and put me together

These are the days we've been waiting for
On days like these who could ask for more
Keep 'em coming
'Cause we're not done yet
These are the days we won't regret
These are the days we won't forget

These are the days we've been waiting for
Neither of us knows what's in store
You just roll your window down and place your bets
These are the days we won't regret
These are the days we'll never forget

And these are the days (these are the days)
And these are the days (these are the days)

The Days(ザ・デイズ)の歌詞和訳

草木が育っていない木の下で

大人にならないと 二人で約束した

チャンスを掴むと 君は僕に賭けてくれるから

守れない約束をしてしまったんだ

心が痛む 張り裂けそうな思いが

街を覆う

でも君が現れたら なんかのスイッチが入ったんだ

バラバラの僕をすくい上げて 元に戻してよ

待ち続けていたのは こんな日々さ

こんな日々に 誰がこれ以上を望むんだろう

このまま過ごそう まだ二人は終わってないんだから

後悔することのない日々

忘れられない そんな日々なんだ

待ち続けていたのは こんな日々さ

力いっぱい檻を揺らし あのドアを思いっきり閉めるんだ

世界が僕たちを呼んでる だけどまだその時じゃない

後悔することのない日々

忘れられない そんな日々なんだ

真夜中に外で 荒れた奴らが叫んでる

大人になりきれなかった少年も 最後には諦めたんだ

かつては信じてた 二人は並んだ星なんだって

君の願いで 僕は時間の流れを滑り落ちたんだ

時は流れ 突き進み

街を覆う

君は僕を傷つけた 見上げてもそこに君はいないから

だけどバラバラの僕をすくい上げて 元に戻してよ

待ち続けていたのは こんな日々さ

こんな日々に 誰がこれ以上を望むんだろう

このまま過ごそう まだ二人は終わってないんだから

後悔することのない日々

忘れられない そんな日々なんだ

待ち続けていたのは こんな日々さ

お互いにわからない この先で待ち構えていることなんて

君はただ窓を開けて 賭けてみてよ

後悔することのない日々

忘れられない そんな日々なんだ

和訳のチェックポイント(文法・単語など)

以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。

Under the tree where the grass don't grow

草木が育っていない木の下で

We made a promise to never get old

大人にならないと 二人で約束した

You had a chance and you took it on me

チャンスを掴むと 君は僕に賭けてくれるから

And I made a promise that I couldn't keep

守れない約束をしてしまったんだ

「Under the tree where the grass don't grow(草木が育っていない木の下で)」という情景は、育つべきものが育っていない(=大人にならないという約束)を表現しながらも(それは絶対に無理でいつかは必ず育つので)二人の約束が果たされなかったという結末を強調している、とも読める。

全文、過去形なので語り手は二人の日々を回顧している様。

Heart ache, heart break

心が痛む 張り裂けそうな思いが
All over town

街を覆う
But something flipped like a switch when you came around

でも君が現れたら なんかのスイッチが入ったんだ

And I'm in pieces, pick me up, and put me together

バラバラの僕をすくい上げて 元に戻してよ

単語は

  • flip a switch「スイッチを入れる」
  • come around「巡ってくる」
  • pick up「拾い上げる、つまみ上げる」
  • put together「まとめる、寄せ集める」

つらい状況でも、君がやって来たことでなにかのスイッチが入ったみたいに切り替わった(=好転した)

だが下線部は、現在形なので今は「I'm in pieces(バラバラになっている)」という暗転した状況にいて、君の力でもとに戻してほしいと願っていることがわかる。

These are the days we've been waiting for

待ち続けていたのは こんな日々さ
On days like these who could ask for more

こんな日々に 誰がこれ以上を望むんだろう

Keep 'em coming

このまま過ごそう

'Cause we're not done yet

まだ二人は終わってないんだから

These are the days we won't regret

後悔することのない日々

These are the days we won't forget

忘れられない そんな日々なんだ

単語は

  • on days like these「こうした日々には」
  • 'em(=them)
  • regret「後悔する」

ここでの時制は、現在形となっている。

つまり前文の

And I'm in pieces, pick me up, and put me together

バラバラの僕をすくい上げて 元に戻してよ

を考慮すると二人の関係は悪化していると思われるが「we're not done yet(僕たちはまだ終わっていない)ので、語り手はこのまま二人の関係を続けていきたいと考えている。

だって、二人で過ごしている日々(そしていま現在も含めて)は後悔はなく忘れられない、他に望むものがないほどすばらしい日々だからという流れ。

These are the days we've been waiting for

待ち続けていたのは こんな日々さ

Rattle the cage and slam that door

力いっぱい檻を揺らし あのドアを思いっきり閉めるんだ

And the world is calling us but not just yet

世界が僕たちを呼んでる だけどまだその時じゃない

These are the days we won't regret

後悔することのない日々

These are the days we won't forget

忘れられない そんな日々なんだ

単語は

  • rattle「ガタガタ(と音をたてる様)」
  • slam「ドアをピシャリと閉める」

囚われているものに抵抗して、ドアを強く叩きつけて閉めろ(=檻から飛び出た後にその扉をバタンと思い切り閉じてそこには戻るなという意)

「The world is calling us but not just yet(世界が僕たちを呼んでる だけどまだその時じゃない)」という表現から今現在の二人はうまくいっていないけれど、この先には明るい未来が待っているんだという説得している。

Out on the midnight

真夜中に外で

The wild ones howl

荒れた奴らが叫んでる

The last of the lost boys have thrown in the towel

大人になりきれなかった少年も 最後には諦めたんだ

We used to believe we were stars aligned

かつては信じてた 二人は並んだ星なんだって

You made a wish and I fell out of time

君の願いで 僕は時間の流れを滑り落ちたんだ

単語は

  • wild one「乱暴者」
  • howl「うなる、遠吠えする」
  • throw in the towel「(ボクシングで敗北を認めるしるしに)タオルを投げ入れる」
  • used to「かつて」
  • align「整列する」
  • fell out of time(こちらを参考

「the lost boys」というのは、ピーターパンに出てくる子どもたち(消えた少年たち=ロスト・ボーイズ)のことを指し「大人になりたくない子どもたち」という意である。

だけど最後には、彼らも諦めて「大人になっていく」ということ。

You made a wish and I fell out of time

君の願いで 僕は時間の流れを滑り落ちたんだ

「fall out of(溢れる、抜け出る)」という意味で、つまり通常の時間の流れからこぼれ落ちてしまう(=時が止まったように大人にならない状態)を指す。

これは曲冒頭の

We made a promise to never get old

大人にならないと 二人で約束した

を指している。

君の願いで僕の時間は止まっていた(=大人になるのを避けていた)

だが、それは果たされない約束となった。

「並んだ星」のようだった二人の関係は変わってしまったことを暗示しているように

Time flew, cut through

時は流れ 突き進み

All over town

街を覆う

You made me bleed when I look up

君は僕を傷つけた 見上げても

And you're not around

そこに君はいないから

But I'm in pieces, pick me up, and put me together

だけどバラバラの僕をすくい上げて 元に戻してよ

単語は

  • cut through「突き進む、突破する」
  • bleed「血を流す、心を痛める」

「You made me bleed when I look up」は「made」が過去形となっている。

「傷つけられた」という過去を振り返りながら「when~」からは現在形となり、語り手がすでに起こったことをより臨場感を込めて表現していることがわかる。

大人にならないと約束し、その通りの日々を過ごしてきた。

でも時は動き出し、君がそばからいなくなってしまった。

その悲しみを抱えながら、君にも僕と同じ場所に来てほしい(=大人になってほしい)と誘うように

These are the days we've been waiting for

待ち続けていたのは こんな日々さ

Neither of us knows what's in store

お互いにわからない この先で待ち構えていることなんて

You just roll your window down and place your bets

君はただ窓を開けて 賭けてみてよ

These are the days we won't regret

後悔することのない日々

These are the days we'll never forget

忘れられない そんな日々なんだ

「in store」は「待ち構えて、降りかかろうとして」の意。

「place your bets」は「賭けをする」の意で、これも一番の歌詞にあった

You had a chance and you took it on me

チャンスを掴むと 君は僕に賭けてくれるから

にあるように、これから先も僕に賭けてくれないか(=僕と一緒に来てくれないか)という意図解釈した。

「roll your window down」は「(ハンドルを回して)車の窓を下げる(=開ける)」様を表す。

これは二番の

Rattle the cage and slam that door

力いっぱい檻を揺らし あのドアを思いっきり閉めるんだ

に通じている点がある。

何かに囚われたように今いる世界から飛び出さず、おそらく彼女は「大人になること」を抵抗している。

でもその檻から飛び出して、あるいは窓を開けて。

出てきて僕と同じ場所に行こう、これから先も二人で最高の日々を過ごしていこうよ、というのが歌詞全体の流れだと解釈した。

和訳した感想

ということで今回は、Avicii(アヴィーチー)の

  • The Days(ザ・デイズ)

を和訳しました。

Wake Me Up」では「大人になりたくない」ともがいている若者の姿が浮かんできました。

が、この曲では「止まっていた時が動き出して、大人になっていく」語り手を描いているのが印象的ですよね。

子供時代も含めて、これから大人になった先も君といれば「these days」こんな最高の日々を過ごしていけるよ。

そんな語り手の願いが込められているのではないかと感じました。

ただこの誘いに彼女が乗るかどうかはわかりません。

現状、二人の気持ちは離れてしまっているようなのでどこか失恋ソングのような切なさも感じます。

カップリングになっている「The Nights」も(やがて大人になる息子の背を押すような)前向きな曲なんですよね。

ここでは父親が息子に成長を促し「恐れず人生という旅に出ろ」と誘うような歌詞になっています。

どちらも単に明るいだけでなく、どこか寂しさや郷愁を感じさせる歌詞がとても良いなと感じました。

[itemlink post_id="3362"]